マルチーズの子犬のおやつはいつから?

マルチーズの子犬を飼い始めたのであれば、愛犬が喜ぶおやつを与えてあげてコミュニケーションを取りたいと考えますよね。 それでも、おやつはいつから与えて良いものなのか、どんなものを与えれば良いのでしょうか。 今回はマルチーズの子犬に与えるおやつについてまとめてみました。

おやつを与えるメリットとは?

犬は通常、必要な栄養は食事で摂取するようにしています。その為、栄養の面で考えるとおやつは必要がないものです。 しかし、おやつを与えることで、飼い主と愛犬の絆も強まりますし、何より人と犬が共存していく中で必要なしつけをする時にご褒美として使うことができます。 しつけのご褒美としておやつを与える際に注意しておきたいのが、ご褒美のおやつがないと言うことを聞かなくなくなる可能性があることです。そうならない為には、おやつよりも褒めることが重要だということを忘れないように接しましょう。

いつからおやつを与えても良い?

子犬の消化器官がまだ未熟な生後3~4カ月頃になるまでは、食事もぬるま湯でふやかしたものを1日3回に分けて与える必要があります。その為、この時期にはおやつを与える必要はありません。
その後、ある程度消化器官が発達してドライフードをそのままで食べられるようになる生後6カ月頃までに食事の回数を朝昼晩の3回から朝晩の2回にしていきます。 この食事回数を徐々に減らしていく時期に、お昼の食事の代わり、間食としておやつを与え始めてみると良いでしょう。

どんなおやつを与えるべき?

食事回数を減らす時期からおやつを始める場合には、普段与えているドッグフードの何粒かをおやつとして与えていくと良いです。
まだ子犬のころは、食事からどのようなことが体調に現れるか想像がつきません。食物アレルギーの有無や、食事で影響されやすい涙やけやアトピーなどの症状が出ないかなどです。与えているドッグフードは適切なものかを見極めるには数カ月かかりますので、この時から様々なおやつを与えてしまうと、ドッグフードが適切なものかを見極めることが難しくもなってきます。 そういった理由からも、おやつデビューはドッグフードから始めることをお薦めします。
それでもやはり、おやつっぽいものをあげたいという飼い主さんには、果物や茹でた野菜などをお薦めします。 焼いたり茹でたサツマイモやキャベツ、ブロッコリーなどの野菜から、バナナなどの果物は、食物繊維が豊富に含まれていて整腸作用があるためお薦めです。 与える際には、子犬の便の様子などを観察しながら少量から始めてみましょう。
子犬の便にも異常がなく、ある程度落ち着いた時期を見計らって、一般的に売られているおやつを与えてみましょう。おやつの選ぶ際には、添加物を避けて、記載されている参考年齢を確認して容量を守って与えるようにしましょう。

与え過ぎに注意しましょう!!

愛犬の喜ぶ姿が愛らしくて、ついおやつを与えすぎてしまうと、運動量の子犬の時期でも肥満になります。また、一般的に販売されているおやつ類は、ドッグフードよりも嗜好性が高く作られているため、ドッグフードを食べなくなりおやつばかりを欲しがることもあります。
愛犬の健康を考えるのであれば、おやつよりも普段の食事に重点を置いて必要な栄養を摂取させて、健康で丈夫な身体を作っていきましょう。

まとめ

おやつを与えることは、飼い主とマルチーズの絆を深める手段でもあります。
与え過ぎや与える内容に気を付けながら上手におやつを用いり、愛犬の成長を見守っていきましょう。