マルチーズのおやつ。おすすめの選び方

マルチーズが大好きなおやつ。 犬のおやつには、様々なタイプのものがたくさんあるので、どんなものを与えるか迷うことも多いのではないでしょうか。 今回は、マルチーズにおすすめのおやつの選び方をご紹介します。

おやつのあれこれ!!

たくさんの種類がある犬のおやつには、大きく分けてスナックタイプや乾物タイプ、デンタルタイプなどがあります。
愛犬のためにどのタイプのおやつを選びますか? それぞれのメリット・デメリットを見て行きましょう。

スナックタイプ

ビスケットタイプやボーロ、チーズなどたくさんの種類があります。
  • メリット:豊富にある種類の中から愛犬が好きなものが見つかる。
  • デメリット:口の中に食べかすが残りやすく歯石の原因になりやすい。

乾物タイプ

ジャーキーやにぼしなどがあります。
  • メリット:噛み応えがあるのでストレス解消になる。歯石除去や歯石防止をすることができる。
  • デメリット:与え方によっては、喉に詰まらせたり消化不良などのトラブルになる可能性がある

デンタルケアタイプ

デンタルガムやスティックタイプなどがあります。
  • メリット:歯石の付着防ぐことができる
  • デメリット:与え方によっては、喉に詰まったり消化不良などのトラブルになる可能性がある
それぞれのメリットデメリットを踏まえて、目的や状況に合わせて使い分けましょう。

健康に配慮したおやつの選び方

愛犬のために選んであげたいおやつは、ドッグフード同様、健康に配慮された自然食品がおすすめです。 更に高たんぱく質な牛肉、馬肉、チキン、魚などのものを選んであげることで、健康にも良く、マルチーズに多い涙やけにならないためにも良いでしょう。
そして、原材料の表示内容を確認しましょう。防腐剤などが使われていないか、着色料の使用がないか、無添加であるかを確認しましょう。
犬のおやつは、ドッグフードよりも嗜好性を高めて作られているためカロリーが高いものが多いので、くれぐれも与え過ぎには注意しましょう。

リーズナブルで健康に良いおやつとは?

犬用のおやつは安価なものから高価なものまでピンキリでありますが、最も手軽に与えることができるのが、野菜や果物です。
人間用に購入されたものを少量使えば良いので費用もかからず、栄養も考慮することができます。 例えば、食物繊維が豊富なさつまいもやキャベツは整腸作用があり、ビタミンが豊富なカボチャは毛並みを良くしてくれます。
愛犬の健康状態を見て必要な栄養素が含まれている野菜や果物を与えてあげると良いでしょう。 決して玉ねぎなどの犬が食べてはいけない食べ物を与えないように十分に注意しましょう。

まとめ

愛犬が口にするものは、安全で健康に良いものを選んであげたいですね。 飼い主が愛犬のために考えて選んだおやつで愛犬が喜んでくれると、飼い主自身の喜びも大きくなるのではないでしょうか。
それでも、与えすぎると肥満になり逆に健康に悪影響を与えるので、与え過ぎには注意してくださいね。