マルチーズへの手作りおやつのすすめ!!

手作りおやつのメリット

一般的に販売されている犬のおやつの多くには、保存料や着色料などの添加物が含まれており安全なものとは言い切れないものが販売されています。
また、おやつはフードと比べても嗜好性を高めるために作られているため、砂糖などの糖分が含まれておりカロリーが極端に高いものが多いのです。
そういった意味からも、手作りおやつを与えることによって安心で安全なおやつをマルチーズに食べさせてあげることができます。

また、おやつを購入して与えるよりもコストがかからず、手作りすることによってマルチーズが喜んでくれた時の満足感も変わってくるのではないでしょうか。

おやつの手作り前の予習

おやつを手作りする前に知っておいてほしいことが、犬が食べてはいけない食べ物です。
「これぐらいの量なら・・」と思って与えてしまうと、食材によって中毒を引き起こしたり、最悪の場合命に係わる食材もあるのです。

犬が食べてはいけない食材

  • たまねぎ・ネギ・ニラ・にんにくなどのネギ類
  • チョコレート・ココア
  • ぶどう・レーズン
  • アルコール・お茶・紅茶・コーヒー・牛乳
  • 牛豚鶏肉の生肉(寄生虫や病原性細菌等が含んでいる可能性があるため)

などがあります。

その他の野菜や果物においても、「種・茎・皮・芯」は与えないようにしましょう。
食べても良い食材だとしても、「種・茎・皮・芯」を喉に詰まらせたり、中毒物質が含まれている場合があるためです。

犬に与えてはいけない食べ物の正しい知識をつけて、愛情たっぷりの手作りおやつを作ってあげましょう。

人用の食べ物は絶対に与えてはダメ

どんなにマルチーズが愛らしい瞳でおねだりをしてきたとしても、人用に調理されたものは与えないでください。
普段の食事からケーキなどのデザートまで、犬にとっては塩分や糖分が高すぎて、健康を損なう原因となります。

子犬の頃にミルクを飲むためか、成犬になってからも人用の牛乳を与える人が少なくないのですが、乳糖分解酵素のない犬は下痢を起こします。
牛乳を使う場合は水で薄めるか犬用の牛乳を使うようにしましょう。

手作りおやつのレシピの始め方

始めて手作りおやつを作るときは、簡単なものから始めてみましょう。

レンジでできる簡単なおやつレシピを1つ紹介します。

レンジで簡単!!野菜チップス

キッチンペーパーをしいた耐熱皿に、スライスした野菜を並べます。
あとは、電子レンジで水分を飛ばすだけでOK。
加熱時間は食材や厚み、電子レンジによって調整が必要ですが、目安は10分ほどです。
様子を見ながら加熱しましょう。

おすすめ食材は、甘みのあるかぼちゃや、抗酸化作用がある柿、ヘルシーなじゃがいもなどです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

犬のおやつは、人用ほど材料も多く必要ないので簡単に作れるものが多いこともポイントです。

愛犬マルチーズに、愛情たっぷりの安心安全な手作りおやつを試してみてください。