老犬のマルチーズにおすすめのオヤツの選び方

老犬に必要な栄養とは?

老犬に必要な栄養素は、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル、水です。
タンパク質と脂質と炭水化物の三大栄養素が体を作り、消化吸収力が衰えてきている老犬にビタミンとミネラルで三大栄養素の吸収を補います。
また、老犬になると脱水の自己判断力が鈍くなるため、水分補給にも注意してあげましょう。

また、老犬になると基礎代謝が低下し、必要なエネルギー量が約20%低下すると言われています。
筋肉量も減少し、体脂肪が増加するため、肥満になりやすい点も考慮する必要があります。

これらの栄養は普段の食事で摂ることが理想ですが、せっかく与えるのであればおやつでも、これらの栄養を考慮して少しでも健康に元気で過ごせるようにしてあげたいですね。

自然食品を選ぼう

一般に販売されているおやつには、保存料や着色料などの添加物が含まれているものが多く存在します。
原材料の表示内容をしっかり確認して、できる限り自然食品を選ばれることをおすすめします。

また、おやつは嗜好性を高めるためドッグフードよりもカロリーが高いものが多く、老犬の基礎代謝力では肥満のリスクが更に高まります。
シニア用のおやつを選んだり、与える量に注意して肥満にならないようにしてあげましょう。

老犬にオススメの野菜や果物

お手軽に野菜や果物をおやつと与えることもお薦めします。

添加物の心配もなく安全で、冷蔵庫に入っているものをあげることができるので、安全でリーズナブルなおやつです。
そして、栄養面からも愛犬の体調を考慮しながら選んであげることができるので、健康のサポートにもなるでしょう。

  • 白菜:低カロリーで食物繊維少なめのため、老犬のお腹に優しい食材です。
    歯が弱くなっている場合は茹でてあげましょう。
  • レタス:食物繊維も少なめで、水分補給に優れています。
    サニーレタスなどでは、βカロテンが豊富に含まれていて抗酸化作用があります。
    生のままでもOK。
  • 大根:血液をサラサラにしてくれます。
    更に大根の葉には、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれているため、三大栄養素の吸収サポートをしてくれるのに一役買ってくれるでしょう。
    茹でて与えるとよいでしょう。
  • きゅうり:ほぼ栄養はありませんが、水分が豊富なので老犬の水分補給にぴったりの食材です。
    生でもOK。
  • りんご:消化器官をサポートしてくれます。
    皮や芯は取り除き、小さく切るか、すりおろして与えてあげましょう。
  • トマト:リコピンが豊富なので抗酸化作用があります。
    熱を加えることでリコピンの吸収力が上がるので火を通してから与えてあげると良いです。

まとめ

ふとした時に飼っているマルチーズが年を取った事を実感します。
そんな時に願うことは、長生きしてほしいということですよね。

普段の食事からおやつまで、マルチーズが口にするもの全てに気を付けてあげることで健康のサポートをしてあげてみてはいかがでしょうか。