マルチーズに食べさせてはいけないものとは?

飼い主の食事中におねだりをしてくるマルチーズは多いでしょう。 可愛い瞳で見つめられつい分けてあげたりしていないですか? 私たち人間が食べている食材の中には、犬が食べると中毒症状を引き起こすものあります。最悪の場合死に至ることもあります。 愛犬マルチーズのためにも、犬に食べさせてはいけないものの知識をつけておきましょう。

犬に食べさせてはいけないもの

代表的なものを紹介します。

チョコレート・ココア

犬は、チョコレートやココアに含まれるテオブロミンという物質を分解することができず、嘔吐や下痢の原因となり、最悪死に至ることもあります。

たまねぎ・長ネギ・ニラ・ニンニクなどのネギ類

ネギ類に含まれるアリルプロピルジスルファイドという物質が赤血球を破壊し溶血性貧血を引き起こします。こういったネギ類が使われた味噌汁などの料理にもアリルプロピルジスルファイドの成分が溶け出ているので与えることは厳禁です。

ぶどう・レーズン

理由は解明されていませんが、嘔吐や急性腎不全を引き起こし、最悪死に至ることがあります。ぶどう全般とレーズンパンも同様です。

卵白

生の卵白に含まれるアビシンが皮膚炎の原因と言われています。摂りすぎに注意が必要です。また、加熱すれば問題ありません。

鳥の骨

手羽先などの骨などは、加熱されてもろくなっています。飲み込んでしまうと、喉や食道などを傷つけることがあります。

ハム・ソーセージ・ちくわなど

人間用に作られた練り物は塩分が高すぎるため、腎臓や泌尿器系の病気を誘発しやすくなります。

エビ・カニ・貝類・イカ・タコ・タケノコ・シイタケ・ピーナッツ類

消化が悪いので与えないほうが良いです。

生の梅を食べると分解された成分が青酸という毒を出します。種は、飲み込んでしまう喉に詰まらせることがあります。

牛乳

人間用の牛乳は脂肪分が高くカロリーが高いことや、乳糖を分解する酵素を持たない犬は、下痢を起こしやすくなります。鼓腸の原因にもなるので犬用ミルクを与えるようにしましょう。

「種・茎・皮・芯」は避けよう!!

食べても良いと言われている食べ物でも、「種・茎・皮・芯」は与えないようにしましょう。 喉につまらせたり、中毒物質が含まれている場合があります。
例えば、ブロッコリーは栄養豊富で食べさせてあげたい食材ではありますが、茎の部分は食物繊維が多すぎるため下痢の原因となります。他にも、桃の皮や種にはシアン化合物という有毒物質が含まれています。
このように、実の部分は良くても「種・茎・皮・芯」は危険な食材があるので、気を付けておきましょう。

人の食べ物は与えてはダメ!!

基本的に、人のために調理や加工された食べ物は、塩分や糖分、カロリーが高めなので、犬にとっては良いものではありません。犬が香りに釣られて食べたがることが多いパンやちくわなどもそうです。
どんなに愛くるしいお顔でおねだりされたとしても、愛犬の健康のため、我慢しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
最近では、愛犬の健康のために手作りご飯を作ってあげる人が増えつつあります。手作りご飯は、犬の体調に合わせてレシピを考えてあげることができ、犬に必要な肉類や、栄養豊富な野菜や果物を与えることで犬の健康をサポートすることができます。
しかし、こういった食べさせていけない物を知っておかないと逆に健康を損なうこともあるので、しっかりと知識を付けて、愛犬の健康に気を付けてあげましょう。