【動物看護士が解説!】トイプードルが中毒を起こす可能性のあるものとは?

犬には、中毒を引き起こしてしまうものがあります。食べ物の場合や、薬、植物などです。 人間は、危険なものと理解して、口に入れる様なことはしませんが、犬にとっては何が危険で何が危険でないかということが分かりません。飼っているトイプードルが、危険なものを口に入れた場合、何が、どのような症状で、どのような危険性があるのかを説明します。

中毒を起こす物と、症状、応急処置法

食べ物

中毒を起こす食べ物の中には、チョコレートや玉ねぎなどのネギ類、ぶどう、キシリトールなどがあります。
全て、人間にとっては毒ではない食べ物ですが、犬にとっては中毒を起こす原因となる食べ物です。
症状は、食べたものによって違います。玉ねぎなどのネギ類では、溶血性貧血や黄疸、血尿、下痢嘔吐、呼吸促進などです。チョコレートでは、嘔吐下痢や発熱、興奮、ふらつきや意識障害です。
ぶどうは、急性腎不全を引き起こし、多飲多尿や嘔吐下痢などを引き起こしてしまいます。
キシリトールは、急激な低血糖を引き起こし、意識を失ったり、痙攣、昏睡状態になったりする場合があります。
他にも、ナッツ類やアボカド、梅や桃の種なども犬にとっては危険な食べ物です。主に下痢嘔吐や呼吸困難や意識障害を引き起こす場合があります。
なんでも食べてしまうトイプードルは、このような中毒となる食べ物を食べてしまわないように注意しましょう。
応急処置としては、オキシドールや塩を飲ませて吐かせてから、すぐに動物病院へ連れていきましょう。

薬剤

除草剤や殺虫剤、殺鼠剤を舐めてしまったり食べてしまったりすると中毒を引き起こす可能性があります。このような、生き物を殺す薬剤には、メタアルデヒドやタリウムやワルファリンなどの薬剤が使用されていて、これらが原因となって中毒症状が現れます。
症状は、痙攣発作や嘔吐を繰り返します。最悪の場合は1~2時間程で死亡するケースもあります。
また、殺鼠剤で死亡したネズミを食べたりすると、二次的に中毒を起こしてしまう場合がありますので、注意が必要です。トイプードルは、主に室内で飼われている場合がほとんどです。家にゴキブリやネズミの駆除薬を置いている家庭は、特に注意が必要です。 舐めたのが分かっている場合は、すぐに口を洗い流し、動物病院へ連れていきましょう。

生き物

生き物が原因で中毒を引き起こす可能性もあります。毒ヘビや毒虫、毒を持ったカエルなどがいます。
都会に住んでいるトイプードルでは、滅多にこのような中毒は起こしませんが、自然が多い場所での生き物による中毒はあります。
山や森の中や、その近くを散歩している場合に、毒を持った生き物と遭遇してしまうと、好奇心旺盛なトイプードルは、おもちゃのように口に加えてしまうこともあります。加えているものをすぐ離し、口の中を洗い、動物病院へ連れていきましょう。
毒ヘビや毒虫などに刺されたり、噛まれたりした場合は、毒が心臓に回らないように、心臓の近くを紐などでくくりすぐに動物病院連れて行きましょう。
毒を持っているかどうか分からなくても、このような応急処置はしておくべきです。もしも、毒を持っている生き物だとしたら2時間程で死亡してしまう場合もあります。

植物

生き物と同じく、自然に多い地域での危険性があります。山の中にある毒キノコや、毒草が原因で中毒を引き起こしてしまいます。
毒草と言っても、人が普段見ているアサガオや紫陽花、アヤメ、ユリ科の植物などでも犬にとっては食べてしまうと危険な植物です。
普段から、草むらに突っ込んでいくタイプのトイプードルは、より注意が必要です。とくに、毒を持っている植物は、直接口に入れることはなくても、匂いを嗅いだ鼻に付いたものや、踏みつけた足を舐めることによって口に入る可能性があります。
植物によって中毒症状は異なりますが、主に下痢嘔吐や呼吸困難や意識障害、痙攣などです。植物によっては、少量でも死に至ることもあります。
植物を食べてしまったら、その植物が何か、どのくらい食べたかを確認して、すぐに動物病院へ連れていきましょう。

まとめ

犬の中毒には、食べ物だけではなく、様々なものが原因で中毒を起こしてしまいます。中毒は、最悪の場合は、短時間で死に至るとても怖いものです。人気犬種のトイプードルは、それぞれ、様々な環境で飼育されています。飼い主としてある程度の知識があれば防ぐことはできます。もし中毒を起こした場合は、スピードが大切になりますので、落ち着いて応急処置をし、すぐに動物病院へ連れていきましょう。