犬の下痢と血便の原因と治療法やホームケアについて

パグ,血便

犬の下痢血便とは?

下痢とは

下痢は、消化器のトラブルによって起こるものです。特に腸の疾患で最も代表的な症状が下痢です。下痢とは、糞便中に水分が多く含まれるものをいいますが、形のある柔らかい便を軟便とよんで区別します。下痢といっても、実際に腸の中ではどのようなことが起こっているのか、詳しく知らない人も多いかと思います。

また、下痢にも種類があります。それは、小腸性の下痢と大腸性の下痢に分けられます。よく観察することによって、見分けることができますので愛犬が下痢を起こした場合には注意して見てみましょう。

小腸性の下痢

小腸性の下痢は、小腸の病気が原因で起こるものです。この下痢便の特徴は、1回あたりの下痢の量が多く、回数は1日2~3回ほどで少ないです。その原因によっては、白い脂肪便と呼ばれるような下痢便がみられることもあります。

大腸性の下痢

大腸性の下痢は、大腸の病気が原因で起こるものです。この下痢便の特徴は、1回あたりの下痢の量は少なく、1日数回と回数が多いです。「しぶり」とよばれる何度も排便姿勢をとる行動が見られます。また、粘液が混ざっていることもあります。そして、何度も下痢を繰り返したり、激しい水様性の下痢をしたりすることから、脱水を引き起こしやすくなるため注意が必要です。脱水が進行してしまうと、腎臓などの他の臓器に悪影響を及ぼし、命に関わってしまうこともあります。

血便とは

腸炎や消化器の腫瘍では、便に血が混じることがあり、これを血便といいます。

血便といっても、出血部位によって色が変わるので、糞便の色を観察することでだいたいの出血部位を知ることができます。

胃や小腸などの上部消化管から出血している場合、赤色ではなく黒色の便になります。この血便の状態のことをメレナと呼びます。このメレナは、血液中の赤色であるヘモグロビンが糞便に出てくるまでに酸化し、色が変わってしまいます。ただし、食餌内容によっても便が黒くなる場合があるので血便と区別する必要があります。

一方、大腸から出血している場合、血液がすぐに糞便中に出てくるため、赤色の血便になります。

下痢血便とは

下痢血便は、上記の下痢と血便が合わさって出てくるもので、血便のない下痢や形のある糞便中に交じっている血便よりもひどい状態の場合が多いです。

犬の下痢血便の原因とは?

犬の下痢血便となる原因は、消化器系に何らかのトラブルが起こっているうえに、炎症や傷がつき出血することによって糞便中に血便として血交じりの下痢便が出てくるのです。

ただの下痢をおこすだけでなく、血交じりの下痢を引き起こす原因は、何らかの消化器系の病気になっていることが考えられます。下痢血便を引き起こす可能性のある病気はとても多いですが、今回は代表的な病気をいくつか挙げて説明していきます。

炎症性腸疾患

炎症性腸疾患とは、消化管に炎症を起こす疾患です。簡単に言えば、慢性の胃腸炎などをいい、胃や腸などに何らかの原因によって炎症が起こり、嘔吐や下痢などの症状が現れます。

この炎症性腸疾患が悪化してしまうと、炎症の状態がひどくなり粘膜からの出血を引き起こし、下痢血便となるケースもよくあります。

炎症性腸疾患になってしまう原因は、突発性や遺伝性、アレルギー、ストレスなど様々です。

寄生虫症

寄生虫症とは、主に内部寄生虫が腸内に寄生して様々な症状を引き起こす疾患です。

下痢血便の原因となる内部寄生虫は、主に小腸や大腸の中や粘膜に入り込み、腸内で消化して食べ物や、腸の粘膜を傷つけて傷つけた部分から血液を吸ったりしたものを栄養源にして生活しています。そして、腸内で増殖を繰り返したり、多くの寄生虫に感染したりすることによって下痢血便を引き起こす原因となります。

腸内に寄生する内部寄生虫の種類は、犬回虫、犬鉤虫、糞線虫、コクシジウム、瓜実条虫、ジアルジア、犬鞭虫などたくさんの種類がいて、そのライフサイクルや特徴も様々です。

犬パルボウィルス感染症

犬パルボウィルス感染症とはパルボウィルスが原因で、主に消化器に重い症状が現れる疾患です。このパルボウィルスはとても感染力が強く、抵抗力の弱い子犬に感染しやく、命の危険性があるとてもこわいウィルスです。

症状は、嘔吐や水様性の激しい下痢と腸管内の出血を起こすことから、下痢血便が目立ちます。重度の脱水を引き起こす可能性もあるので注意が必要です。

消化器の腫瘍

胃や腸などに腫瘍ができることで消化器の機能が低下し、下痢を引き起こします。また、粘膜に傷がつきやすくなったり、腫瘍自体からの出血があったりすることによって下痢血便を引き起こす原因となります。胃や腸だけでなく、口腔内や食道などにできる腫瘍が原因で下痢血便を引き起こすこともあります。

腸閉塞

腸閉塞とは、異物や腸管内の腫瘍、腹腔内の臓器の腫瘍による腸の圧迫、寄生虫、腸重積などが原因で腸が閉塞してしまい、腸内の通貨障害が起こる疾患です。

腸閉塞になってしまうことで、腸の機能が低下し下痢を引き起こす上にそれぞれの原因が腸内の出血をおこし、下痢血便を引き起こす原因となります。

膵炎

膵炎とは、膵臓の炎症で急性膵炎と慢性膵炎とに分けられます。特に急性膵炎は急に症状がでて激しい下痢や嘔吐などを起こし、下痢血便を起こすことも多いです。重篤な場合では、数日で死亡してしまうこともあります。

犬が下痢血便となったときの治療法

愛犬が、下痢血便となった場合の治療法は、基本的には原因を突き止めてその病気に対応した治療法となります。

消化器に炎症が起こっていれば、抗炎症剤や止血剤を使用したり、下痢がかなりひどく脱水を引き起こしている場合は、輸液をしたりすることもあります。下痢止めを使う場合もありますが、場合によっては下痢止めを使うことで症状が悪化する場合もありますので、慎重に治療をする必要があります。また、状態によっては入院をさせる必要があります。

寄生虫が原因であれば、寄生虫を殺す作用のある薬を投与します。

犬が下痢血便となったときのホームケア

愛犬が下痢血便となったときに家で出来るホームケアは、お尻周りを清潔に保ってあげるということが一番大切になります。

下痢が続くとお尻周りがどうしても汚れてしまいます。その状態で放っておくとお尻周りの毛は不潔になり、皮膚もただれてしまいます。さらに血便を起こしている場合に清潔にしておくことで、その便の状態も観察しやすくなります。抵抗がないのであれば、お尻周りの毛を短くしたりバリカンで剃ってあげたりすると、清潔な状態を保ちやすくなります。

寄生虫や、ウィルスなどの感染の危険性がある場合は、下痢血便の処理をした後にしっかり消毒することも大切です。特に、同居犬がいる場合にはできるだけ生活が別にできる環境を作ってあげることで感染することを防ぐことができます。

まとめ

愛犬が下痢をした場合は、様子を見でいても自然に治る場合もありますが、下痢でさらに血便を起こしている場合は、消化器系に何らかのトラブルが起こっている状態といえます。愛犬が下痢血便をしている場合は、大変な病気になっている可能性もありますので、家で様子を見るよりもすぐに動物病院で診てもらうことをおすすめします。