犬の目が充血?考えられる病気と治療の方法について


パセットハウンド,充血

犬の目の充血とは?

充血とは、血液の循環障害を起こしていることをいいます。目の中の血管が拡張して、その部分に何らかの原因によって、通常よりも多くの血液が集まっている状態で、赤く見えるのです。

目が赤い場合は、基本的に結膜に起こる充血がほとんどですが、眼球内の出血でも赤くなることにも注意しなければいけません。

充血の原因とは?

目に起こる充血の原因は様々です。どのようなことが充血を引き起こすのかを挙げていきます。

目の病気

目の病気といっても、種類は様々です。目の周りに生えている毛が入ったり、まつ毛の異常だったりが原因で眼球を刺激して充血する場合もあります。また、細菌や真菌、ウィルスなどによる感染症や、アレルギーが原因となる結膜炎や眼瞼炎などの目の炎症も考えられます。そして、眼球内の炎症や、角膜潰瘍などの角膜炎、緑内障などの病気も考えられます。これらの目の病気に関しては、後ほど詳しく説明します。

目への刺激

目の周りに生えている毛が入ったり、まつ毛の異常だったりが原因で眼球を刺激して充血する場合もあります。

また、目にゴミなどの異物が入ったり、犬同士のけんかやじゃれあいで目に刺激があったりした場合に充血を起こす場合もあります。自然に治る場合もありますが、様子を見ていても治らない場合は、動物病院で目の洗浄処置や傷の確認をしてもらうことをおすすめします。

興奮

健康な犬でも、目の充血を起こす場合があります。それは、興奮した場合によく見られます。興奮状態になったときに目の充血はよく見られます。例えば、散歩後や運動後、好きな人や犬とのスキンシップ後、恐怖を感じている場合など、愛犬が興奮する場面はそれぞれですが、興奮しやすい性格の犬はよくこの興奮状態のときに目の充血がみられるでしょう。

しかし、気持ちが落ち着けば自然に治る場合がほとんどですので、様子を見ていても大丈夫です。

犬の目の充血で考えられる病気と治療法

目の病気やトラブルには、ほとんどの症状として充血が現れます。目の充血で考えられる代表的な目の病気を挙げていきます。また、その病気の治療法も一緒にお伝えしていきます。

乾性角結膜炎

乾性角結膜炎とは、一般的に「ドライアイ」と呼ばれる病気です。この乾性角結膜炎は、涙の量が減ることでおこる、犬ではよく見られる目の病気です。目の充血がとても分かりやすい病気の一つです。

原因のほとんどは、原因不明で起こる特発性ですが、先天性や涙腺の炎症、自己免疫性、薬剤性で起こることもあります。

特徴は、若齢から中齢期に発症することが多く、なりやすい犬種は、アメリカンコッカースパニエル、シーズー、キャバリアキングチャールズスパニエル、パグ、ウエストハイランドホワイトテリアなどが挙げられます。

治療法

目が乾かないように、点眼薬や眼軟膏での長期的な治療がメインとなります。涙腺を刺激する作用のある目薬や、に人口涙液、抗生物質、抗炎症剤などが使用されます。

ブドウ膜炎

ブドウ膜とは、眼球の血管の膜のことで、虹彩・毛様体・脈絡膜から構成されています。このブドウ膜は多くの血管がありますので、炎症をおこしやすいため、目の充血もよく見られます。悪化すると、失明する恐れのある病気です。

原因のほとんどは、特発性ですが、外傷や角膜炎などのからくる続発性、免疫性などもあります。

治療法

原因がはっきりしている場合はその原因に応じた治療を行います。原因がはっきりしていない場合は、症状に応じて抗炎症剤や抗生物質などの点眼をするのが一般的です。

角膜潰瘍

角膜とは、眼球の表面の膜のことをいいます。角膜炎は、外傷、細菌やウィルス感染などによって引き起こされますが、角膜潰瘍はこの角膜炎が進行して潰瘍化してしまった状態のことをいいます。角膜炎だけでも充血はおこりますが、角膜潰瘍をおこすとかなりの充血がみられます。

治療法

充血のほかにも痛みがある場合が多いです。そのため、点眼薬や眼軟膏、痛み止めの薬などを使用することもあります。

眼瞼内反症・眼瞼外反症

眼瞼とは、まぶたのことをいいます。眼瞼内反症とは、まぶたが眼球に向かって内側に反転し、角膜に対してまぶたやまつ毛などが刺激を与えている状態です。これが原因となって、角膜炎や角膜潰瘍を発生させることがあります。持続的に刺激されているために、充血の原因ともなります。好発犬種は、チャウチャウやアイリッシュセッター、セントバーナードなどが挙げられます。

眼瞼外反症とは、内反症とは逆にまぶたやまつ毛などが外側に反転することで結膜の一部が露出してしまっている状態です。主に下まぶたに生じます。これが原因となって、結膜炎や流涙症を発生させることがあり、充血や目ヤニの原因ともなります。好発犬種は、セントバーナード、ブルドッグ、アメリカンコッカースパニエルなどの顔面の皮膚が伸びやすい犬種に多くみられます。

治療法

外反症、内反症によっておこる角膜炎や結膜炎などの治療もメインに点眼薬を使い行います。重症であれば、外反症、内反症どちらも手術を行い正常なまぶたの位置に戻すという治療法もあります。

緑内障

緑内障とは、眼球の中の液体が何らかの原因で排出できなくなり、眼圧が異常に高くなってしまう病気です。眼圧が高くなることで、慢性的な充血がみられます。

緑内障の原因は、先天性、ブドウ膜炎の悪化、腫瘍などがあります。好発犬種は、ミニチュアダックスフント、シーズー、柴犬、アメリカンコッカースパニエルなどが挙げられます。

治療法

眼圧を低下させるような点眼薬や内服薬を使用しますが、重度の場合は手術によって眼球摘出を行うこともあります。

犬の目の充血だけでない目の病気のサイン

犬の目の病気は様々ですが、その症状には充血だけではなく必ずほかの症状が一緒に出てきます。目の病気になっている場合は、どのような症状やサインが現れるのでしょうか。

  • 目をやたら気にする
  • タオルや床などに目をこすりつける
  • 足を使ってよくかいている
  • 目がショボショボしている
  • 涙が多い
  • 目ヤニが多い
  • 光に対して敏感になった(眩しがる)
  • ものによくぶつかる
  • 飼い主と目が合わない

充血以外に、このようなサインや行動が見られたらすぐに動物病院で診てもらいましょう。

犬の目の充血予防法は?

目の病気になってしまう場合は、先天性や特発性のものも多く、予防法がない場合もあります。その場合は、早期発見することがとても大切です。そのためには、毎日の愛犬とのコミュニケーションでアイコンタクトや、目の状態の観察、目の周りのケアなどがとても大切です。

また、興奮しやすい性格の愛犬であれば、日々できるだけ穏やかな環境で生活させることで充血の予防に繋がります。他の犬とけんかしやすい愛犬には、はできるだけ他の犬との距離をあけることや、怖がりで神経質な愛犬にはできるだけ怖がらせない、環境を変えないという飼い主さんの努力も必要です。

まとめ

犬の目の充血は、健康な犬にも見られます。様子を見ていても充血が治らない場合や、充血以外の他の症状やサインがみられるようであれば、病気の可能性がありますので、動物病院で診てもらうことをおすすめします。そして、目の病気は最悪の場合失明することもあります。そうならないためにも日々の愛犬のケアをしっかりすることで、早期発見に繋がります。