ズバリ!チワワを飼うために必要な費用について教えます!

チワワが欲しいという方はたくさんおられると思いますが、いったいこの犬種を飼うのにどれくらいの費用がかかるのでしょうか?犬の価格だけでなく、飼育に関する諸費用、病院にかかる場合の費用など詳しく解明していきましょう。

チワワってどれくらいの値段するの?

チワワの仔犬の代金ですが、これはピンキリです。成犬に近い仔や、ヘルニアやモレラ、顎が出ているなど生活に支障の無い範囲での欠陥がある仔は安価で手に入ります。ホームセンターなどでは2万円ほどで販売されている仔もいますし、ペットショップであれば10万円前後が一般的です。 ブリーダーから迎えたい場合は、価格を提示していないことが多いので、ご自身の予算をブリーダーさんにお話しして、その範囲の仔を譲ってもらうことも可能です。ただし、血統が良い、ドッグショー向きの仔である場合は50万円以上することもざらですし、中には数千万円もする高額な仔犬もいますので、目的や予算に応じて迎えるのが良いでしょう。

チワワの餌代ってどれくらい?

例えば生涯ドッグフードで過ごそうとする場合でも、できるだけ良質なものを選ぶようにします。粗悪なドッグフードは価格も安価ですが、病気になる可能性が高いため結果的に医療費がかかってしまうことになります。ですので、1kgあたり2000円前後のものが理想です。 チワワは1日60gほどの餌食量で足りると思いますので、単純に60g×30日=1800g/月 となりますから、これを年間に換算すると、21.6kgほどの消費量となり、年間のフード代金は43000円ほどになります。だいたい15年生きるとして、65万円ほどが生涯のご飯代としての目安になるでしょうか。もちろんこれは1頭あたりの価格ですので、頭数が増えればその分加算されます。

チワワの医療費ってどれくらい?

医療費ばかりは、何がおこるかわかりません。しかし、予防接種代金やフィラリア投薬など最低限の医療費は必要になります。予防接種代金は1頭あたり年間1万円ほど、フィラリアも年間1万円ほどかかります。全く病気をしなくても、生涯15万円ほどは見ておくといいでしょう。 また、何かあったときのためにペット保険に入っておくのもひとつの方法です。年間の掛け金はかなり高額になりますが、急な出費を防ぐこともできますので、ご自身のお財布事情と相談して最善の方法を選ぶようにしてくださいね。

その他の費用ってどんなものがあるの?

その他の費用としては、おやつ代や洋服代、お出かけ費用などあげればきりがありませんが、生きて行く上で必ず必要ではないが、犬との生活を楽しむのに便利なグッズ、あれば良いグッズの代金です。チワワの洋服も、高いものだと1着2~3万円しますし、安価なものであれば1000円前後でも販売されています。 おやつも、あまり粗悪なものをあげるのは避けて下さい。特に中国産のものは与えるのはお勧めできません。できれば国産のものを選んで防腐剤や化学薬品を使用してない安全なものを与えましょう。

結局どれくらいかかるのか?

チワワの代金が15万円として、ざっと1頭あたり100万円以上は生涯飼育していくのにかかります。しかし、犬との生活はお金にかえられないかけがえのないものです。飼う選択も飼わない選択も、ご自分で決めたことが正しいと思いますので、十分に考えて迎えるようにしてくださいね。