ビションフリーゼの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

Contents


ビションフリーゼの基本情報

ビションフリーゼは、フランスを原産地とする小型犬です。

「ビション=マルチーズ」、「フリーゼ=巻き毛」で「巻き毛のマルチーズ」という意味の名前を持ち、純白の巻き毛が特徴的な犬種です。
ビションフリーゼの特徴的なカットスタイル「パウダー・パフ」は、化粧品パウダーをたたく時に使われる毛足の長いパフから名づけられました。

純血種の小型犬の中でも健康的な体質を持ち、性格の良さからも家庭犬として人気の高い犬種です。

ビションフリーゼの歴史

ビションフリーゼの歴史
~ルーツ~

ビションフリーゼの起源は、フランス地中海沿岸で「バルビー」と呼ばれていた大型のウォータードッグと白い小型犬を掛け合わせて作出されたことから始まりました。
その掛け合わせによって「バービション」という系統が確立され、後に「ビション」と省略されることになります。

ビションの系統には、「ビション・マルチーズ」「テネリフェ」「ボロニーズ」「ハバニーズ」の4種類がありました。
このうち、船乗りがカナリア諸島のテネリフェ島に持ち込んだ「テネリフェ」が、後のビションフリーゼとなります。

14世紀頃、「テネリフェ」はイタリアに持ち込まれることによって、上流階級の人々の愛玩犬として注目を集めるようになりました。
そして16世紀にはフランスに渡り、フランソワ1世やアンリ3世の愛玩犬として愛され、ベルギー及びフラン
スの両国で愛される犬種となりました。
18世紀には、スペインの宮廷画家であった巨匠・ゴヤの作品にも描かれるほど上流階級で愛されていました。

ビションフリーゼの歴史
~絶滅の危機そして人気停滞を「パウダー・パフ」で打破~

ヨーロッパ各地で人気を獲得した「テネリフェ」でしたが、その後は人気が停滞することとなり、上流階級の愛玩犬から一般家庭向き、またはサーカスや大道芸人たちによって愛されていました。

第一次世界大戦後には、様々な犬と交配をされることになり純粋な血統の犬は絶滅寸前となっていました。
それでも、この犬種を救おうとする活動はすぐに行われることがなかったと言われています。

その後1933年になって、数人のフランス人繁殖家たちによってようやく「ビション・プワル・フリーゼ」という犬種名が与えられ積極的な救済活動が行われていくことになりました。
翌年1934年に、フランスのケンネルクラブで「ビション・フリーゼ」として公認されています。

しかし、不幸にも第二次世界大戦によって再び存族の危機に見舞われることになります。

1950年にアメリカに持ち込まれたことをきっかけに、「パウダー・パフ」スタイルが開発されました。
この斬新なカットスタイルが功を奏し、再び注目を集め、陽気で人懐こい性格からも人気犬種の仲間入りをしていきました。

1971年にはアメリカのケネルクラブでも公認されることになりました。

ビションフリーゼの特徴

  • 体重3~6kgの小型犬
  • 運動能力が高い
  • 巻き毛
  • ホワイト一色
  • ビジョンフリーゼ

特徴① ~大きさや身体的特徴~

ビションフリーゼは成犬サイズで体高24~29cm・体重3~6kg前後の小型犬です。
ビションフリーゼは体高より体長がやや長めの筋肉質な体を持ち、運動能力が高く軽快な歩様を見せてくれます。

豊富な毛量で隠れていますが耳は垂れ耳をしており、お顔はいきいきとした豊かな表情を持ちます。
一見すると「ミニチュアプードル」に似た風貌をしていて、「マルチーズ」にも似たお顔をしています。

特徴②  ~被毛の種類や毛色~

ビションフリーゼはダブルコートの犬種で、豊富な毛量を持ちますが抜け毛が少ないと言われています。
毛質はふわっと弾力感のある肌触りをしていて、巻き毛が特徴的な犬種です。

毛色は基本的に、「ホワイト」のみとなります。

ただし、子犬の頃には手足や耳周りにフォーンや薄いアプリコットカラーが入っていることもあり、成長に伴いホワイト一色に変わっていくことが多いようです。
しかし中には、そのまま成長して一色にならないこともあります。
ドッグショーなどでは、ホワイト一色しか認められていません。

ビションフリーゼの価格相場

ビションフリーゼの子犬の価格

ビションフリーゼの子犬の販売価格は、だいたい20万円です。

個体によっては、10万円~40万円程することもあり価格差が大きく出ることもあります。

あまりにも低い価格が設定されている場合には、安いからとすぐ飛びつかずに何故低価になっているのか理由をしっかりと確認しておきましょう。

ビションフリーゼを迎えるにはペットショップやブリーダーから。里親制度も。

ビションフリーゼは、近年その人気を上げつつある犬種ですので、ペットショップでも見かける機会が増えました。

ペットショップで子犬を購入するメリットとしては、身近にあることから手軽に利用することができる点があります。
また、ビションフリーゼはトリミング犬種のため、購入後のアフターサービスとしてトリミング料金の割引などが受けられる店舗も見受けられます。

子犬の状態だけでなく他のことも詳しく自分の目で確かめたいという人には、ブリーダーからの購入がおすすめです。
健全な子犬を迎えるためには、親犬がどんな犬なのか、どんな環境で育ってきたのかを確認することが大切です
また、ブリーダーではペットショップのように仲介されないため、価格が抑えられているメリットもありますよ。

ビションフリーゼを迎える手段としては、他にも「里親制度」があります。
人気犬種でもあるため、残念ながらその分何らかの事情を抱え、里親募集に出されているビションフリーゼもいます。
インターネットで簡単に検索することができるので、興味のある方はぜひ一度覗いてみてください。

価格相場の違いについて

この犬種に限らず、一般的に子犬の価格は、「血統」「容姿」「毛色」「月齢」などによって価格が決められます。
その中でも、ビションフリーゼの価格を決める大きな要因となるのは、

◆血統

ビションフリーゼに限らず、親犬がドッグショーなどで活躍している場合などには、その子犬の価格に影響し価格は高く設定されます。
例えショータイプとは言えない容姿であっても、親犬の素性が影響することもあるようです。

◆容姿

見た目が可愛いことや、ホワイト一色の毛色など容姿によっても価格は異なります。
また、犬種標準(スタンダード)に近い子犬は、ショータイプとしてされ価格が高くなることもあります。

◆性別

ビションフリーゼは、メスよりもオスの方に価格が高くなる傾向があります。

ビションフリーゼの性格・気質

ビジョンフリーゼ
  • 明るくフレンドリー
  • 他の犬とも仲良くできる
  • ストレスをため込みやすい
  • 賢くしつけやすい

性格・気質① ~陽気で人間大好き!!~

ビションフリーゼは、陽気で明るい性格をした犬種です。
とても人懐こくフレンドリーな性格をしているため、飼い主以外の人や他の犬や動物とも仲良くすることができます。

忍耐強く周囲に気を遣うことができるので、子どもさんの遊び相手にもなってくれ、他の犬とケンカをするようなことも滅多にありません。
しかし、その分ストレスを抱え込みやすく神経質な部分があると言われているため気を付けてあげないといけません

また、人が大好きで愛想を振りまくような性格をしている一方で、一人遊びも好きなマイペースな一面もあるようです。

性格・気質② ~突然走り出す「ビションブリッツ(急襲)」~

明るく活発なビションフリーゼは、突然スイッチが入ったかのように走り回って大暴れするようなことがあります。
共通してよく見られる行動であることから、ビションフリーゼの飼い主さんたちによって「ビションブリッツ」や「ビションスイッチ」などと名付けられています。

止めさせなければならないということはありませんが、状況などに応じて「オスワリ」や「マテ」などでクールダウンできるようしつけておくと良いでしょう。

ビションフリーゼは賢く従順なので、しつけやすい犬種とも言われており、しつけに苦労することは少ないでしょう。

性格・気質③ ~オスとメスによる性格の違い~

◆オスの性格

ビションフリーゼのオスの性格は、メスよりも甘えん坊で家族に寄り添うことが大好きな性格をしているようです。

◆メスの性格

メスの性格は、オスよりも独立心が高い傾向があります。
それでも決して支配的であるようなことはなく優しく従順な犬種です。

ビションフリーゼの飼い方・しつけ

飼い方① 飼育環境

ビションフリーゼは室内での飼育に適している犬種です。

地中海で生まれたビションフリーゼにとって、高温多湿の日本の夏の暑さは苦手です。
特に、ダブルコートのため湿気が溜まりやすくなり、皮膚病の原因となることもあるので注意が必要です。
エアコンなどを活用して過ごしやすい環境を整えてあげましょう。

また、活発な犬種なので室内で元気に遊ぶことも多く、室内のフローリングで滑ってケガをしたり膝頭骨脱臼にかかりやすくなる恐れがあります。
フローリングには絨毯や滑り止めマットなどを敷くなどして、安全に遊ぶことのできる環境を整えてあげましょう。

飼い方② 散歩や運動

ビションフリーゼは、小型犬の割には体力があり運動量が多めに必要です。

散歩は、1日2回、各15分程度を目安に連れて行ってあげると良いでしょう。
それに加え、室内での遊びやドッグランなどに行って自由に遊ばせてあげるのも良いでしょう。

暑さが苦手なため、夏場の散歩では、気温の高い日中の時間帯を避けて散歩に連れて行ってあげたり、室内での遊びの時間をやして散歩の時間を減らすなどして工夫してあげると良いでしょう。

しつけ① 甘やかし過ぎないこと

ビションフリーゼは、賢く従順な性格をしているためしつけに苦労することは少ない犬種です。

ただし、愛らしい見た目と甘え上手な性格を合わせ持ったビションフリーゼなので、飼い主さんの方が甘やかしてしまいがちになるようです。
そうなると、性格の良いと言われるビションフリーゼでもわがままな犬になってしまうでしょう。

愛情をかけることと甘やかすことの違いを理解し、良いことをしたら褒める、そして時には厳しく接するようなメリハリを持ってしつけていきましょう。
厳しくとは言っても、決して罵言や暴力を浴びせるようなことはしないでくださいね。
神経質な性格を持ったビションフリーゼに相当なストレスとなってしまいます。

叱る時には決して感情的にはならず、正しいタイミングで「ダメ」「こら」などの端的な言葉を使って、できるだけ低い声で叱るようにしましょう。

それでもやはり、厳しすぎるしつけは向かない犬種なので、褒めて伸ばしていくことを大切にして、成功例を増やす工夫をしながらしつけていきましょう。

しつけ② 社会性を身に付ける

基本的には誰とでも仲良くなれるフレンドリーな性格を持ったビションフリーゼですが、自信をつけさせるためにも社会性を身に付けさせてあげましょう。

子犬のうちから外に連れ出して、知らない人や犬・動物、生活音などに積極的に外の世界に慣れさせていくようにしましょう。

しつけ③ トイレ

ビションフリーゼがトイレのしつけを覚える早さには個体差があります。
直ぐに覚える子もいれば、失敗が続いて苦労している飼い主さんも多いようです。

できるだけ早く覚えてもらうためには、子犬を迎えたその日から始め、失敗の経験をさせないように工夫することが大切です。

トイレのしつけポイント① サインを見逃さないこと

犬がトイレをする前にはサインを出します。
また、犬が排泄しやすいタイミングもあるため、犬のトイレのサインとタイミングを見逃さずトイレに連れて行ってあげましょう。

  • トイレのサイン:床をクンクン嗅ぎまわる仕草や、くるくるその場で回る仕草
  • 排泄しやすいタイミング:起きた後・食後や水を飲んだ後・遊んだ後

トイレのしつけポイント② 排泄するまでトイレからは出さない

トイレに連れて行った後、出たがる素振りを見せたり、排泄しないように見えても排泄するまでは絶対に出さないようにしましょう。
トイレで上手にできたら褒めてあげ、出してあげましょう。

失敗の経験をさせないようにすること、「トイレでおしっこする=良いことがある」と覚えさせていくことが大切です。

トイレのしつけポイント③ 失敗しても叱らないこと

例え粗相をしてしまっても、決して叱らないようにしましょう。
隠れた場所で排泄しようとしたり、我慢してしまう原因になってしまいます。

失敗しているのを見つけても、叱ったり嘆いたりせず落ち着いて速やかに後片付けするようにしましょう。

ビションフリーゼのお手入れ

お手入れ① ~抜け毛と被毛ケアについて~

ビションフリーゼを飼うには、被毛のお手入れが必須です。

ダブルコート犬種の中でも、比較的抜け毛が少ないと言われる犬種ではありますが、巻き毛で長毛の被毛をしたビションフリーゼの被毛ケアは欠かせず、トリミングも必要な犬種です。

被毛は、ブラッシングを怠るとフワフワモコモコの被毛がペチャンコになってしまいます。
毛玉ができやすく絡まりやすくもあるので、少なくても週3~4回、できれば毎日のブラッシングをしてあげましょう。

また、真っ白の被毛は食事で汚れたり、涙やけが目立つため、こまめに濡らしたコットンなどで拭いてあげましょう。

トリミングは、独特の毛質と生え方をしているため素人ではカットすることは到底できません。
月1回程度を目安にトリミングサロンに連れて行ってあげましょう

ちなみに、ビションフリーゼの特徴的なカットスタイル「パウダーパフ」にするためには、1度のカットだけではできません。何回かカットをして土台を作っていくことで完成します。
希望する場合にはトリマーさんに相談してみましょう。

お手入れ② ~耳掃除~

ビションフリーゼは、垂れ耳なうえに耳の中まで毛が生えているので、汚れが溜まりやすく外耳炎などを引き起こしやすい犬種です。
できるだけ毎日耳の中をチェックしてあげて、週1回を目安に耳掃除をしてあげましょう。

耳掃除のやり方

① 耳の中にイヤークリーナーを垂らす。
② 耳の根元のコリコリとした部分を親指と人差し指で軽く揉んで「クチュクチュ」音を立てながら2~3分マッサージする。
③ 手を離す。
犬が体をブルブルさせることで、汚れと一緒に耳の中のクリーナーが出てきます。
自分でブルブルしない場合には耳に息を吹きかけるとブルブルしてくれるでしょう。
④ 残りの汚れと耳の中に残っているイヤークリーナーをコットンで拭き取ってあげる。

ビションフリーゼの注意する病気

ビションフリーゼは、純血種の小型犬の中では遺伝病が少なく健康的であることで知られています。
それでも、皮膚病や外耳炎などのかかりやすい病気も持っているので、日ごろから気を付けておきましょう。

注射,予防接種

注意する病気① 『尿路結石』

尿路結石とは、尿結石が尿路に詰まる病気のことです。
オスに多く見られ、ストラバイト結石、シュウ酸カルシウム結石による尿路結石にかかりやすいとされています。

排尿しようと踏ん張っていたり、何度も排尿姿勢をとるのに尿が出ていない、血尿といった症状が見られ、尿が出ない状態が続くと、食欲不振、元気消失などの症状が見られます。

治療法は、結石を溶かす内科的治療が行われることもあれば、外科手術によって膀胱内に押し戻された結石を除去することもあります。
定期的な健康診断の際に尿検査を追加するようにして早期発見に努めてあげましょう。

注意する病気② 『急性湿潤性湿疹』

様々な皮膚疾患の中でも、毛量が豊富なビションフリーゼは皮膚が蒸れやすく急性湿潤性湿疹を発症させやすいと言われています。

脱毛を伴った皮膚炎が局所的に発症し、発疹やかゆみなどの症状から掻きむしることで皮膚の状態が急激に悪化してしまいます。

治療法は、抗生物質や消炎剤などの内科的治療や、消毒薬や薬用シャンプーなどの外用薬が使われます。
一度発症すると再発もしやすいため、春から夏にかけては被毛を清潔に保ち、濡れたら綺麗に乾かすなどして予防していくことが大切です。

注意する病気③ 『膝蓋骨脱臼』

小型犬に多く発症する病気で、膝のお皿が外れる脱臼のことです。

症状が軽い場合には、必要によって痛み止めを投薬しながら自然に治るのを待ちますが、症状が重い場合には手術が必要となります。

足にかかる負担を減らすことで予防することができる病気のため、フローリングへの滑り止めや段差の軽減し高いジャンプをさせないようにするなどして予防していきましょう。

ビションフリーゼのミックス犬

近年ペットショップでも多く見かけるようになったミックス犬。
その中には、ビションフリーゼを片親に持つ様々な種類のミックス犬も子犬も見られます。

ミックス犬①「ビションフリーゼ×ペキニーズ」

人気が上昇中傾向にある犬種同士のミックス犬で「ペキビション」とも呼ばれています。
どちらの犬種に似るかによっても顔や毛色が異なりますが、ペキニーズのシルク状の被毛を受け継ぎ「マルチーズ」に似た個体も多いようです。

ミックス犬②「ビションフリーゼ×ミニチュア・シュナウザー」

おじいさんのような容姿が愛らしい「ミニチュアシュナウザー」とのミックス犬です。
見た目は、シュナウザー寄りになることが多いようです。
頑固な性格をしたシュナウザーとのミックス犬ですので、しつけやすさは半減されてしまうかもしれませんが、賢くて遊びが大好きなミックス犬です。

ビションフリーゼを飼うのに向いている飼い主は?

ビションフリーゼは、性格面やしつけやすさからも飼いやすい犬種です。
そのため、初心者にもおすすめできる犬種です。

ただし、ビションフリーゼは被毛のお手入れが欠かせないため、こまめにケアしてあげる必要があります。
トリミング費用も必要となってくるため、経済面でもしっかり考慮してから迎え入れるようにしましょう。

夜,犬

マンションでも飼える?

ビションフリーゼは、警戒心が少なく無駄吠えすることも少ないと言われる犬種です。
そのため、マンション飼いでもおすすめできます。

一人暮らしでも飼える?

ビションフリーゼは、独立心も持ち合わせていますが留守番に向いている犬種ではありません。
そのため、日中留守がちなご家庭や一人暮らしの人よりも、家で過ごす時間が多い人におすすめです。
他の小型犬に比べると穏やか犬種であるため、シニアの方でも扱いやすい犬種だと言えるでしょう。

ビションフリーゼの寿命

ビションフリーゼの平均寿命は、12~15歳とされています。

小型犬の寿命は12~14歳と言われているのに対し、15歳と言われるビションフリーゼは、比較的長生きの犬種だと言えるでしょう。
ただし、この年齢はあくまでも平均的な年齢であって、最高年齢21歳という記録もあったり、中には平均年齢を下回ることもあったりと個体よって異なります。

ビションフリーゼに長生きしてもらうためには、適切な生活環境や、食事や運動など日々の生活の中で健康を配慮して積み重ねていくことが長生きに繋がっていくでしょう。

ビションフリーゼ まとめ

ビションフリーゼはこんな犬
  • 小型犬
  • 誰とでも仲良くなれる明るくフレンドリーな性格
  • 巻き毛のホワイト系
  • しつけやすい犬種。トイレを習得する速さには個体差があり
  • 注意したい病気:皮膚病・外耳炎・尿路結石・膝蓋骨脱臼など
  • 子犬の販売価格:20万円前後
  • スタイル・健康面からも被毛ケアが大切
  • 平均寿命:12~15歳

ビションフリーゼについて さいごに

フワフワでモコモコの被毛に覆われたビションフリーゼ。
見た目の愛らしさだけでなく、愛想も良く世界中で愛玩犬として愛されています。

ビションフリーゼとの生活をより良いものにするためには、その可愛さに屈することなくしつけていくことも大切ですよ。