チワワの耳が立たない!垂れ耳のチワワに健康上問題はある?

チワワは小さな体の割に大きな目と大きな耳がチャームポイントです。またその耳は大きいだけでなくピンと立っているのがスタンダードだとされています。それでもごくたまに垂れ耳のチワワを見かけることがあります。そんな垂れ耳のチワワは何か耳の健康上、問題があるのでしょうか?立ち耳に矯正するべきなのでしょうか?気になるポイントを考えてみましょう。

チワワは子犬の時期はほとんどが垂れ耳

チワワを子犬の頃から飼っている人は気がつくことですが、子犬の頃のチワワはほとんどが垂れ耳です。

子犬の頃から立ち耳のチワワもいますが、ほとんどが体が小さくコロコロとしていて、耳も垂れ耳で子犬らしく可愛い姿をしていますよね。

チワワが成長するにつれて耳も立ち耳になってきます。

急に立ち耳になるのではなく、立ったり寝たりを繰り返して、立ち耳が定着することが多く、定着の仕方と時期には個体差が大きいです。

チワワが立ち耳になる時期は?

チワワが立ち耳になる時期には個体差が大きいのですが、体が成犬に近づいてくる生後6ヶ月あたりに立ち耳になることが多いようです。

チワワがこの時期を過ぎて立ち耳にならない場合は、ずっと垂れ耳のままである可能性が高いです。

また片方の耳だけが垂れたままであるということもあります。

チワワの垂れ耳だと健康上問題があるの?

もしチワワの耳が大きくなっても立ち耳になることなく垂れた耳のままであったら健康上、問題があるのかないのかが気になりますね。

耳が垂れているだけでは特に健康上に特に問題はありません。

しかし立ち耳のチワワと比べると耳が蒸れやすいので外耳炎を起こさないように気をつける必要があります。

チワワ

チワワの垂れ耳の矯正法は?

垂れ耳であるだけで健康上の支障などはないので、特に立ち耳に矯正する必要はありません。

しかしチワワをドッグショーに出したい場合は、垂れ耳であるとスタンダードからはずれてしまうために矯正しなくてはなりません。

垂れ耳の矯正を行なう場合は生後2~3ヶ月でチワワの耳の内側にサージカルテープなどを貼って固定させる方法が多く使われます。またマッサージをすることで立つようになることもあるようです。

しかし生後2~3ヶ月では、まだ耳が垂れ耳のままになってしまうか立ち耳になるかがわからない時期でもあります。

テープを貼られることでストレスになってしまうチワワも多いので、無理はさせないようにしたいものです。

垂れ耳を矯正させる確実な方法は、あまりありません。

どうしても立ち耳にしたいという場合は、一度動物病院で相談してみるのもいいでしょう。

チワワの耳が立たない!垂れ耳のチワワに健康上問題はある? まとめ

チワワの子犬時代は、ほとんどの犬が垂れ耳です。

生後6ヶ月頃から立ち耳になる犬がほとんどですが、中には垂れ耳のままのチワワもいます。

しかし健康上は何も問題はありません。矯正しようとしてストレスを与えてしまうよりは、そのままで過ごすのもいいのではないでしょうか。

垂れ耳だと蒸れやすくなるので、耳のお手入れだけは気をつけて行うようにしたいですね。垂れ耳のチワワも可愛いものです。