フレンチブルドッグの歯磨きはどうする?嫌がる場合は?

犬は歯が丈夫という印象があります。でもその印象とは全く違って、犬は人間よりも唾液が少なく歯垢が付きやすく歯石ができやすいのです。歯磨きを怠っていると歯周病を起こしたり、口臭の原因になったりします。ひどくなると内臓疾患まで引き起こすこともあります。フレンチブルドッグも歯磨きを習慣づけて、歯周病から守ってあげましょう。

歯磨きが大切な理由とは?

人間だけでなく犬にも歯磨きが大切です。犬は人間よりも唾液が少ないので歯垢が付きやすいのです。歯垢は虫歯の原因になりますので、歯磨きで取り除く必要があります。もし歯磨きをしないで放置していると、歯石が溜まって取れにくい状態になってしまうほか、虫歯、歯周病を引き起こします。歯周病が酷くなってくると歯が抜けてしまいます。また口臭の原因にもなります。犬は歯が丈夫で歯磨きには縁がないと考えている人もいますが、犬にも歯磨きは必要なのです。

フレンチブルドッグは食欲旺盛で、食べることが大好きなので、歯周病になって大好きなものが食べられなくなってしまうとかわいそうですね。歯磨きは子犬の頃から習慣付けるようにしてあげると、嫌がらずに歯磨きをさせてくれるようになります。歯の状態が悪いと内臓疾患まで引き起こす可能性があります。フレンチブルドッグは自分で歯の状態がわかりませんし、自分で歯が磨けません。飼い主がきれいな歯を守ってあげなくてはいけません。

歯磨きを上手にする方法は?

歯磨きは子犬の頃から少しずつ慣れさせていくようにしましょう。成長していくにつれて大変になってきますので、家に迎えた直後、まだ乳歯から生え変わっていない頃から、遊びの一つとして、口や歯を触られることに慣れさせていくようにしましょう。フレンチブルドッグの歯磨きには、歯磨き粉は必要ありません。歯ブラシは指ブラシでも犬用の歯ブラシでも、使いやすいほうを使いましょう。慣れてくれば人間の子供用の歯ブラシを使用してもいいですね。

歯磨きの方法は人間の場合とほとんど同じです。一本ずつマッサージするように、やさしく磨いていきます。いきなり奥歯まで磨くのは、かなり難しいですので無理をせずに前歯から慣れさせていきましょう。興奮して噛まれないように、決して無理はしないようにしてください。

どうしても嫌がる場合は?

しかし、どうしても口元を触られるのが苦手な犬もいますよね。本気で噛まれるとケガをしてしまいますので、飼い主としてもあまりにも嫌がることはできませんね。そういう場合は歯磨きができるおやつ(ガム)を大いに利用してみましょう。最近は犬用のデンタルガムも非常に種類が豊富です。犬用のデンタルガムは歯に良くない成分や歯磨き効果がないものなどは使用するメリットがありませんので、歯磨き効果があって口コミの評判が良いものをリサーチするようにしましょう。

デンタルガムはあまり固すぎるものは、歯が折れてしまうこともあり歯のケアとしては不向きです。ゆっくりと噛むことができるものを選ぶのがコツです。デンタルガムを与えるときは、飲み込んでしまわないようにそばで見守ってあげるようにしましょう。またおもちゃにも歯磨き効果があるものが多数あります。歯磨き効果があるロープなど、飼い主さんと楽しく遊んでいるうちに歯磨きができてしまうのであれば、嫌がるフレンチブルドッグはいませんね。デンタルガムや歯磨き効果のあるおもちゃはあくまでも歯磨き代わりのものなので、与えっぱなしにすることは避けたいですね。

まとめ

フレンチブルドッグにも歯磨きは必要です。歯周病や虫歯、口臭を防ぐためにも、子犬の頃からしっかりと歯磨きに慣れさせたいです。しかし口元を触られることが苦手な犬は多いので、どうしても慣れさせることができなかった場合は、デンタルガムや歯磨き効果があるおもちゃを上手く利用しましょう。ガムやおもちゃは与えっぱなしにするのではなく、様子を見守ってあげるようにしましょう。