フラットコーテッドレトリバーの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

Contents


フラットコーテッドレトリバーの基本情報

フラットコーテッドレトリバー

フラットコーテッドレトリバーは、イギリス・イングランドを原産地とする大型犬です。

体の表面に対してフラットに生えた被毛から「フラットコーテッド」と名付けられ、長くサラサラの被毛が特徴的なレトリバー種です。

同じレトリーバー種である「ラブラドール」や「ゴールデン」などと同様、泳ぎが得意な水猟犬として活躍していました。

現在では、「フラッティ」の愛称で親しまれており、家庭犬としても世界的に人気のある犬種です。
また、優れた嗅覚を持っていることから、捜索犬や麻薬探知犬としても活躍しています。

フラットコーテッドレトリバーの歴史

フラットコーテッドレトリバーの歴史
~ルーツ~

フラットコーテッドレトリバーは、犬種としての歴史は古くはありませんが、展覧会に出陳されたのは早く1860年のことでした。

フラットコーテッドレトリバーの祖先犬となったのは、19世紀半ばにカナダからイギリスに輸入された「セント・ジョンズ・ウォーター・ドッグ(小型のニューファンドランド)」と、イギリスの「セター犬種」が掛け合わされて誕生した犬だと言われています。

当時は、「ウェービー・コーテッド・レトリバー」と呼ばれていて、波状の被毛をしていました。
1860年の展覧会に出陳された犬もこの犬種でした。

当初は番犬として考えられていましたが、当時イギリスで人気のあったカーリーコーテッド・レトリーバーよりもさらに大人しく、ソフトマウス(咥えた獲物に歯形がつかないようにするための技術)をより高度に習得できることから、水猟犬として高い人気を得るようになりました。

その後1900年頃にかけて、重すぎる体重やバランス、また撥水性に優れた被毛へ改良するため、古い時代のラブラドールレトリバーやセッター、ラフコリーなど様々な犬種との交配がされました。

そうして、現在の直毛の被毛を持った「フラットコーテッドレトリバー」が誕生したと言われています。

フラットコーテッドレトリバーの歴史
~人気は続かず絶滅危機にまで~

フラットコーテッドレトリバーは、水猟犬としての働きぶりだけでなく、優雅な姿や性格の良さからも人気を集めていきました。

1915年にはアメリカンケンネルクラブにも犬種として登録されることになりましたが、ちょうどこの頃から「ラブラドールレトリバー」や「ゴールデンレトリバー」の登場によって人気を奪われていくことになりました。
第二次世界大戦後には、頭数が激減しほぼ絶滅とまで言われていました。

そこで、愛好家たちによってわずかに残った個体から、頭数を回復するための地道な繁殖が繰り返され、頭数が回復し現在に至ります

フラットコーテッドレトリバーの特徴

フラットコーテッドレトリバー
  • 体重25~36kgの大型犬
  • レトリバー種の中でも細身のボディ
  • 被毛はストレートまたはウェーブ
  • 定番カラーはブラックとレバー。近年ではイエローも。

特徴① ~大きさや身体的特徴~

フラットコーテッドレトリバーは、体高59~62cm体重25~36kgの大型犬ですが、海外では中型犬と分類されることが多いようです。

体高よりも体長がやや長めで、他のレトリバー犬種と比べてもボディは細身で、胸幅や腰幅も小さめ、尻尾は短めです。
それでも程よい筋肉質な体つきを持っていて、力強くも軽快な歩様をしています。

垂れ耳で、他のレトリバーよりも鼻筋が長い顔をしていますが、レトリバーらしく穏やかで明るい表情をしています。

特徴② ~被毛の種類や毛色~

フラットコーテッドレトリバーは、体に沿って滑らかで光沢のある長毛に覆われたダブルコートの犬種です。
ストレート(直毛)が理想とされていますが、ウェーブがかっていることもあります。

また、胸部や前肢の後ろ、大腿部や尻尾などにはふさふさとした飾り毛が生えています。

一般的な毛色は、単色でブラックとレバーが認められています
最近では、イエローの毛色も出てきているようです。

また、レバーやイエローの個体は、ブラックよりも遺伝性疾患を持っている可能性が高いと言われています

フラットコーテッドレトリバーの価格相場

子犬の販売価格

フラットコーテッドレトリバーの子犬の販売価格は、だいたい20万円位です。

フラットコーテッドレトリバーは遺伝性の疾患が多い犬種だと言われているため、子犬の選ぶ際には価格を含め疾患の有無をしっかりと確認しておくようにしましょう。

フラットコーテッドレトリバーはブリーダーから。里親制度も。

フラットコーテッドレトリバーは、まれにペットショップで見かけることもありますが、その数は決して多くありません。

そのため子犬を探される際には、ブリーダーからをおすすめします。

前述のようにフラットコーテッドレトリバーは遺伝性疾患が多いと言われる犬種のため、親犬の疾患の有無や予防法などが確認できるブリーダーからの購入するメリットとなるでしょう。

他にもフラットコーテッドレトリバーを迎える手段として、里親制度があります。

毎年300頭以上が飼育登録されているフラットコーテッドレトリバーですが、中には飼い主と離れ、行き場を失ってしまったフラットコーテッドレトリバーも存在します。
興味がある人はインターネットで簡単に検索することができるため、ぜひ一度覗いてみてください。

相場価格の違いについて

フラットコーテッドレトリバーの子犬の中には、15万円程度から30万円を超える個体まであります。

フラットコーテッドレトリバーに限ったことではありませんが、一般的に犬の価格は、「血統」「容姿」「毛色」「性別」「月齢」などの要因で変動します。

その中でもフラットコーテッドレトリバーの価格に影響を与える項目をご紹介します。

◆血統

親犬がドッグショーで活躍している場合やチャンピオン犬などの場合には、その価格が高くなります。
また、ショー向けとされる犬種標準(スタンダード)に近い個体も同様、その価格は高く設定されることになります。

◆容姿・毛色

顔がかわいい、サイズが良いなどの容姿によっても価格は大きく影響します。
フラットコーテッドレトリバーの毛色は、ブラック・レバー・イエローがありますが、レバーは国内でも希少かつ人気のため、その分やや高額となります。

◆検査済か否か

遺伝性疾患の多いフラットコーテッドレトリバーですが、子犬の時に「股関節検査」「進行性網膜萎縮症検査」などを済ませている子犬の場合はその分値段が高くなります。

フラットコーテッドレトリバーの性格・気質

フラットコーテッドレトリバー
  • 永遠のピーターパン
  • 穏やかでフレンドリー
  • やんちゃで天真爛漫な性格
  • 物覚えも良くしつけやすい

性格・気質 ~人間大好き!!遊びも大好き!!「永遠のピーターパン」~

フラットコーテッドレトリバーは、陽気で明るい性格をしていて、天真爛漫という言葉がぴったりの犬種です。

飼い主家族には深い愛情を示し、それ以外の人や犬・動物とも仲良くなれるフレンドリーな性格をしています。
警戒心や攻撃性は少なく、初対面の相手にも尻尾をブンブン振って愛想を振りまくようなタイプのため、番犬としては向いていません。

また、水陸両用の猟犬として活躍していたこともあり、泳ぐことも走ることも大好きなパワフルな犬種です。

イタズラ好きでやんちゃな性格をしていることから、いつまでも子どもの心を持った「永遠のピーターパン」と言われています。
特に2~3歳頃まではとにかくやんちゃな性格が見られるようです。

性格・気質 ~レトリバー種の中でも穏やかな性格~

ラブラドールレトリバーなどの他のレトリバー種にも共通した穏やかな性格を持ち合わせていますが、フラットコーテッドレトリバーはその中でも特に穏やかな性格をしていると言われています。

飼い主に非常に従順で賢く、物覚えも良いのでしつけはしやすいと言われています。

優しく献身的な性格からも、高齢者や小さな子どもさんがいらっしゃるご家庭でも問題なく飼うことができるでしょう。

性格・気質 ~オスとメスによる性格の違い~

◆オスの性格

オスのフラットコーテッドレトリバーは、メスよりもフレンドリーで甘えん坊な性格をしているようです。
興奮しやすく尻尾をブンブン振りながら熱烈なアピールをすることも多いようです。

その一方で、飽きっぽい面も持っているようです。

◆メスの性格

メスのフラットコーテッドレトリバーは、オスよりもより穏やかな性格をしていますが、依存心が強く不安症になりやすい傾向があると言われています。

また、しつけの面ではメスの方がしつけやすいと言われていますよ。

フラットコーテッドレトリバーの飼い方・しつけ

飼い方① ~飼育環境~

大型犬ではありますが、家族と一緒に過ごすことを好む犬種なので室内飼育に向いている犬種です。
夏の暑さが苦手なので、エアコンや冷感マットなどを使って暑さ対策をしてあげましょう。

また、室内の床によっては滑ってケガをしたり、関節に負担がかかって「股関節形成不全」などを引き起こしやすくなってしまいます。
滑りやすいフローリングなどには絨毯や滑り止めマットを使って、安全に過ごせる環境を整えてあげましょう

水猟犬としての名残から、物を拾ってくることを率先してやりたがることもあります。
新聞などを取ってくる仕事を与えてあげると喜んでこなしてくれるでしょう。

それでも、拾ったものを誤って飲み込んでしまう「誤飲」の危険性もあるため、誤飲の危険性があるものは届かない場所に片付けておくなどして対策しておきましょう。

飼い方② ~散歩や運動~

フラットコーテッドレトリバーを飼う上で、運動面は非常に重要です。
スタミナとパワーを持った犬種ですので、十分な運動をさせてあげないと運動不足から噛み癖や吠え癖などの問題行動を引き起こしてしまうことにもなるでしょう。

散歩は毎日2回、各1~2時間程度連れて行ってあげましょう。

精神的な刺激と運動を好み、物を拾ってくるレトリービング(回収)を得意とする犬種なので、ボールやフリスビーを投げて拾わせるゲームを取り入れてあげたり、ドッグランで他の犬と遊ばせてあげるなど刺激に富んだ運動ができるよう工夫してあげましょう。
アジリティなどのドッグスポーツもおすすめです。

また、大型犬のため力のない人が散歩に連れて行くと、散歩中に引っ張られて転倒してしまう危険性があります。
道路への飛び出しなどの危険性も考えられるため、リーダーウォークの習得はもちろんのこと、力のある大人の人がリードを握るようにしておきましょう。

しつけ① ~遊びの中でしつけていく~

フラットコーテッドレトリバーは、賢く学習能力の高い犬種なので、しつけやすいと言われる犬種です。

また、飼い主さんの気持ちを察することもでき飼い主さんの喜ぶ姿が大好きな性格でもあります。
その性格を活かして、フラットコーテッドレトリバーが大好きな遊びの中でしつけていくと良いでしょう。

できるだけ体の大きさからコントロールが難しくない子犬のころからしつけを始め、メリハリを持って接し、信頼関係と主従関係を築いていきましょう。

しつけ② ~リーダーウォーク~

フラットコーテッドレトリバーは大型犬なうえに、陽気で好奇心旺盛な性格から、散歩中の楽しい気持ちが、時に興奮へと変わってしまうことがあります。

本人やリードを持つ飼い主家族だけでなく、周りの人にまで危険や恐怖感を与えてしまうこともあるため、落ち着いて散歩ができるようリーダーウォークを習得させておきましょう。

リーダーウォークの基本は、リードを短く持ち、飼い主が行く方向を決めて先導することです。

リードを引っ張ることによって飼い主とフラットコーテッドレトリバーの体にかかる負担も軽減することができる他、信頼関係の構築にも繋がっていきますので、ぜひ習得しておきましょう。

しつけ③ ~噛み癖~

フラットコーテッドレトリバーは、物を咥えて回収する仕事をしていたため、基本的に噛む事が好きな犬種です。
さらに、強い顎の力を持っているため、例え子犬の甘噛みであっても大きくなった時のことを考え、注意しておいた方が良いでしょう。

遊びの中で甘噛みされたら、遊びを中断し、何分か無視するようにしてください。
「噛む=遊んでもらえなくなる」と覚えさせていきましょう。

ちなみに、物を拾ってくるためのソフトマウスを習得させるには、遊びの中で身に付けることができます。
ボール遊びに使うボールを、無数のトゲ状が付いたボールにするだけで、強く咥えると口内に痛みが生じることを覚え、次第にそっと咥えるようになります。

フラットコーテッドレトリバーのお手入れ

お手入れ① ~抜け毛について~

フラットコーテッドレトリバーは、ダブルコートのため抜け毛が多いとされる犬種ですが、ラブラドールレトリバーやゴールデンレトリバーほどは多くないようです。
ただし、季節の入れ替わる春と秋ごろの換毛期には抜け毛が大量に発生するので覚悟しておきましょう。

お手入れは、直毛で体に沿ったストレートの被毛をしているため比較的簡単なお手入れで済みます。

ブラッシングは通常なら週1~2回、換毛期にはできるだけ毎日ブラッシングしてあげましょう。
仕上げに獣毛ブラシを使うことで、フラットコーテッドレトリバーの艶やかな被毛を美しく保つことができるでしょう。

また、冬場にはフルコートになって胸部や尻尾、四肢などの飾り毛がよりフサフサするので、毎日ブラシをかけてあげると美しさを保てるでしょう。

お手入れ② ~トリミング~

フラットコーテッドレトリバーは本来トリミング犬種ではありませんが、見た目の美しさを維持するため、また夏の暑さ対策としてトリミングを行うことがあります。
また、お尻周りや足回りなど汚れがちな部分は、こまめにカットしてあげた方が良いでしょう。

トリミングサロンにお願いしても良いですが、大型犬のため1回あたりの費用も嵩んでしまうため、ご自宅でセルフカットしてあげても良いでしょう。

なんのケアを行わずにいると、見た目の美しさを損なうこと以外にも、衛生的にも悪く皮膚疾患を起こしてしまう原因にもなるので、定期的なブラッシングに加え、シャンプーやムダ毛を処理してあげるようにしましょう。

フラットコーテッドレトリバーの注意する病気

フラットコーテッドレトリバーの寿命

フラットコーテッドレトリバーの平均的な寿命は8~10歳と言われています。
「ラブラドール」や「ゴールデン」が10~12歳と言われているのと比べると、やや短命の傾向があります。

また歴史上、限られた頭数で交配が繰り返されてきた犬種でもあるため、遺伝性疾患が多い犬種だとも言われています。

フラットコーテッドレトリバーに長生きしてもらうためには、普段の食事や運動など健康に気を付けてあげることや、かかりやすい病気を知って予防と早期発見・早期治療に努めていくことが大切です。

フラットコーテッドレトリバーに気を付けたい病気としては、
関節疾患や皮膚疾患、眼疾患、腫瘍性疾患、分離不安症・異物誤飲など多くありますが、その中からいくつか紹介します。

注意する病気① 『股関節形成不全』

股関節形成不全は、股関節の発育または成長に異常が見られる疾患のことです。

遺伝的要因が多い病気で、長年レトリバー種に多発する疾患とされてきましたが、近年では慎重な繁殖によって発症は減少傾向にあります。

発症する場合には、成長期の急激な体重の増加と活発に動くことで骨と筋肉のバランスが崩れ、生後6カ月頃から徐々に異常が見られるようになり、不自然な歩き方をする症状が見られます。

軽症であれば安静に過ごすことで関節が正常に成長するのを待ちますが、重症の場合には外科手術が必要となります。

親犬に股関節の異常が見られないかを確認することも大切ですが、子犬の頃から食事と運動のバランスをしっかり管理して、異常にすぐ気付けるよう日々観察していきましょう。

注意する病気② 『糖尿病』

糖尿病は、人間同様インスリンというホルモンの不足や効き方が弱くなることなどによって、血液中の糖分が慢性的に多くなりすぎる病気のことです。
犬の多くはインスリンの不足が原因で発症すると言われています。

多飲多尿や食欲増大、体重の減少などの症状が見られ、重症化すると嘔吐や食欲低下、元気がなくなるなどの症状となり、さらに進行することで昏睡状態になり最悪の場合死に至ることもあります。

治療法は、生涯にわたってインスリン注射を続けていく必要があります。
適度な食事と運動を心がけて肥満にならないよう注意して糖尿病を予防していきましょう。

注意する病気③ 『骨肉腫』

骨肉腫とは、骨にできる腫瘍のことでほとんどが悪性です。上腕や前腕、太ももやすねといった脚にできることが多く見られます。
詳しい原因は分かっていませんが、骨への負担や刺激によってリスクが高まると考えられています。

腫れる、痛みを訴える、不自然な歩き方をするなどといった症状が見られ、骨折することもあり、放置すると転移します。

治療では、骨肉腫になった脚の切断、抗がん剤の投薬治療を行いますが、残念ながら骨肉腫と診断された時点で転移していることが多く完治は難しい病気です。
症状が見られたらすぐに動物病院で診察を受けましょう。

フラットコーテッドレトリバーのミックス犬

大型犬のフラットコーテッドレトリバーのミックス犬は、ラブラドールやゴールデンのように表立ってはいないようです。
それでも、人気の高いフラットコーテッドレトリバーなので世界では様々なミックス犬が存在するようです。

『フラットコーテッドレトリバー×ボーダーコリー』

賢く運動能力の高い犬種同士「ボーダーコリー」とのミックス犬です。
その身体能力の高さは動画からも納得頂けると思います。

フラットコーテッドレトリバーを飼うのに向いている飼い主は?

フラットコーテッドレトリバーは、攻撃性や警戒心の少なさからも飼いやすい大型犬で、大型犬初心者にもおすすめできる犬種です。
ただし、運動量の確保が大切な犬種ですので、飼い主さんやその家族にはフラットコーテッドレトリバーの散歩や遊びに付き合うための体力が必要となるでしょう。
キャンプやハイキングなどが趣味のアウトドア派にもおすすめ犬種です。

マンションでも飼育できる?

室内飼いの大型犬のため、マンションでも飼育できないことはありませんが、運動面や吠え声から考えるとあまりおすすめはできないでしょう。
マンション飼いする場合には、運動不足にならないようしっかり散歩の時間を確保し、無駄吠えしないようしっかりしつけておきましょう。

1人暮らしでも飼育できる?

フラットコーテッドレトリバーは、人と一緒に過ごすことも好む犬種のため、日中留守がちな1人暮らしの人よりは、家族の誰かが家にいるような在宅時間が多い家庭向きです。
また運動量の確保の面からも、1人暮らしでの飼育は現実的に難しいかと思われます。

高齢者や小さい子どもがいる家庭でも飼える?

優しく人の気持ちを察することのできるフラットコーテッドレトリバーですので、高齢者との共同生活も問題ありません。
また、子どもと遊ぶことは元々大好きな性格をしているので、小さな子どもさんがいらっしゃるご家庭でも飼うことができるでしょう。

フラットコーテッドレトリバーと楽しむ!!おすすめのアウトドア

とてもやんちゃで陽気なフラットレトリバーですが、高い運動能力も兼ね揃えているため、アウトドアのお供におすすめの犬種です。
フラットコーテッドレトリバーと楽しめるアウトドアをいくつかご紹介します。

ドッグスポーツ「アジリティ」

アジリティとは、コース上に置かれたハードルやトンネル、シーソーなどの障害物をクリアしていくドッグスポーツ競技です。わかりやすく言うと犬の障害物競争です。

飼い主の指示の元で行う競技ですので、フラットコーテッドレトリバーとの信頼関係も築くことができて、一緒に楽しむこともできます。

また、フラットコーテッドレトリバーの身体能力の高さを存分に堪能することができるでしょう。
ただし、高いジャンプなどで股関節形成不全などを引き起こしかねませんので、十分に注意した上で行っていきましょう。

川遊び・海遊び

猟犬としては水陸両用で活躍できるほど、泳ぎも走りも得意なパワフルな犬種です。
そのパワフルな姿を見たい時には、川遊びや海遊びがおすすめです。

川にボールを投げて取らせてくる遊びをしてあげましょう。

フラットコーテッドレトリバー まとめ

フラットコーテッドレトリバーはこんな犬
  • 大型犬
  • 陽気でやんちゃな性格
  • 体に沿ったフラットな長毛。定番カラーはブラックとレバー
  • しつけやすい犬種。リーダーウォークの習得は必須。
  • 平均寿命:8~10歳と短命傾向
  • 注意したい病気:関節疾患や皮膚疾患、眼疾患、腫瘍性疾患、分離不安症・異物誤飲など
  • 子犬の販売価格:20万円程度
  • 飼い方のポイントは運動量の確保にあり!!

フラットコーテッドレトリバーについて さいごに

優しくしつけやすいフラットコーテッドレトリバーは、これから大型犬を飼おうと思っている方におすすめしたい犬種です。
とにかくやんちゃな性格でもあるので、我が子のような愛らしい存在となってくれるでしょう。
それでも大型犬であることに変わりはないので、しつけもしっかりと行ってあげてくださいね。