うちのチワワ車酔いするみたい。どうすればいいの?


そもそも犬も車酔いするの?

さて、犬って車酔いするんでしょうか?結論は「します」。
人間の場合ですと、「気分が悪い」と口に出して言うことができますが、ワンちゃんの場合は飼い主さんに言葉で訴えることができませんよね。
ですので、どういう症状が車酔いを起こしているのかを知っておくと、愛犬のチワワが酔っているかどうかわかります。
主な症状として、よだれが止まらない、嘔吐、ぐったりしている、落ち着きが無い等が挙げられます。
とくによだれが止まらないのが顕著ですのでこのような場合はすぐに車を停車させ、散歩させるなど気分転換をさせてあげましょう。
酷い場合は動物病院に行って下さいね。

何故車酔いするのか?

犬の乗り物酔いも、人間と仕組みは同じ。
乗り物の加速や回転により、耳の奥にある内耳という部分が、平衡感覚やバランスを整える前庭や三半規管に刺激を加えられ続けることで酔いを起こすのです。
人間の場合は、自分で車酔いを起こすのかどうかはある程度わかっているでしょうけど、ワンちゃんの場合はなかなかわかりません。
車に乗せてみて初めて発覚することも多いでしょう。
車酔いについては、全く平気な子も多いので、個体差としか言いようが無いのですが、せっかくのおでかけで苦しんでいるチワワを見るのは飼い主として辛いですよね。
でも、色々な場所に一緒にいきたい。
ではどうすればいいのでしょうか?

車酔いする子に便利なグッズ

ようするに、平衡感覚をできるだけ保ってあげればいいわけです。
ですので、犬用のドライブボックスなどの導入も効果的ですね。
車内での揺れをできるだけ緩和させる、布団や毛布を敷きつめてリラックスできる場所を作るなど工夫をすればいいと思います。
人間の赤ちゃん用のベビークーハンなんかも良いですよ。
一番良い方法は、車の中では寝てもらうことです。
普段と環境が違うため、なかなか寝付きが悪いとは思いますが、頻繁に車に乗せることで慣れて来ますし、ワンちゃんもどうすれば楽なのかおのずと学んでいくことでしょう。

獣医さんに相談してみましょう

人間と同様に、犬用の酔い止め薬も処方してもらえますので、一度獣医さんに相談してみるのも良いでしょう。
薬に頼るのは飼い主さんとして少し不安かもしれませんが、長時間車で移動しなければならない場合や、どうしても公共交通機関を利用して遠方に連れて行かなければならない場合は具合が悪くなるよりマシですので、お薬を使ってみてはいかがでしょうか? 頻繁に使用するものでもないですし、きつい薬でも無いので、特に問題は無いと思いますが、どうしても嫌な場合は漢方やハーブで解決できないかも視野に入れて相談してみましょう。

車酔いを克服して飼い主さんと楽しいおでかけしてみましょう

車酔いを克服するのは、ずばり「慣れ」です。
最初は酔っていた子も、だんだんと快適に過ごせる方法を自分なりにみつけてくれる子が多いです。
せっかくの愛犬ライフですから、チワワと一緒にあちこちおでかけしたいですよね!