獣医師が解説するトイプードルにかかりやすい病気 Vol.1


注射

門脈体循環シャント

種々の犬種に認められますが、大型犬よりも小型犬で多くみられ、トイプードルも好発犬種の一つです。
先天性のものがほとんどで、多くは1〜2歳で発症します。
肉類を食べると症状が起こることを自ら知っているようで、菜食中心の食餌を好むことが多く、食が細いこともあります。

病気の定義

専門的にいうと、門脈と全身循環を架橋し、門脈血が肝臓を回避するような静脈奇形。
つまり、門脈と全身の静脈の間をつなぐ本来あるべきでないバイパスとしての静脈が存在してしまう状態です。
一般的には、肝内では大型犬、肝外では小型犬に多く発生するとされています。

症状

正常な犬では、腸管から吸収されたアンモニアや細菌の毒素は門脈を通って肝臓に入り無毒化されますが、門脈体循環シャントが存在してしまうことで、肝臓で無毒化されるべき有毒物質が直接全身にまわって、様々な症状を引き起こします。

  • 食欲がなく、発育が悪い
  • 活動性が乏しい
  • 眠っていることが多い
  • 食後2時間くらいで涎を流したり、壁づたいを歩いたり異常な行動がみられる
  • 下痢、嘔吐
  • 頻尿、血尿
  • 発作

診断

・一般血液検査:小赤血球症、軽度の非再生性貧血。

・生化学検査:BUN、クレアチニン、グルコース、アルブミン、コレステロールの低値。

・尿検査:尿酸アンモニア結晶尿、血尿、濃尿、蛋白尿。

・血清総胆汁酸(TSBA):感受性の高い検査で、食後2時間の値が著しく高くでます。

・レントゲン検査:小肝症。

・CT検査:門脈造影を行うことで確定診断となります。

治療

手術が可能な検査結果であれば、第一選択は完治をねらって、異常血管を結紮する手術が適応されます。
結紮は、門脈圧の程度によって、完全結紮か部分結紮か選択されます。
手術が難しい場合は、内科的に、食餌の管理や血中アンモニア濃度をなるべく下げるよう内服が用いられます。

残念ながら、手術が不適応である場合は、どの程度のシャント血管かにもよりますが、予後が望ましくないとされています。
また、放置しておくと、肝臓障害によって死亡してしまいます。

ポイント

念願のトイプードルの子犬を家族に迎え入れたものの、あまりごはんを食べてくれないし、元気もないみたい、という場合は、門脈体循環シャントの可能性もあります。
この病気は早期に発見されれば、完治できる病気なので、早めに動物病院でチェックしてもらって下さいね。