フレンチブルドッグの耳掃除はどうしたらいいの?


フレンチブルドッグが耳掃除をしないとどうなるの?

フレンチブルドッグの耳は垂れ耳ではないので、あまり汚れが溜まらない印象があります。
確かに垂れ耳の犬よりは耳の病気にかかることは少ないようですが、フレンチブルドッグも定期的に耳の汚れのチェックをして、汚れていたら耳掃除をしてあげないといけません。
フレンチブルドッグは脂漏体質で特に湿度が高い季節になると耳の中も蒸れてしまいます。

耳掃除をしないことで汚れや湿気が溜まってしまうと中耳炎や外耳炎になりやすくなるだけでなく、臭いも気になるようになってしまいます。
耳掃除をし過ぎると逆効果になってしまうことがありますが、定期的に耳の状態を確認することは大切です。

フレンチブルドッグの上手な耳掃除の仕方

耳掃除に慣れていないフレンチブルドッグにいきなり耳掃除をしようとしても、ほとんどの場合は嫌がって逃げてしまいます。
耳掃除をしている時に暴れてしまうと危険です。
子犬の頃から遊びの中で、体のいろいろなところを触っても嫌がらないようにしていきましょう。
フレンチブルドッグは耳が大きく垂れていないので、中の状態を見やすいです。
耳の中を見て、汚れがひどくなければ、イヤーローションで湿らせた柔らかい布かコットンで汚れを拭き取るだけでも十分です。
汚れを拭き取るときはゴシゴシと擦らずに、優しく撫でるようにして拭き取ってあげましょう。

奥まで汚れがある場合は、イヤーローションを耳の中に垂らしても耳を軽くもみます。
するとフレンチブルドッグは頭をブルブルと振りますので、汚れとローションが一緒に外に飛び出ていきます。
後はコットンで優しく拭き取って耳掃除は完了です。

マメに耳をチェックすることがポイント

イヤーローションで耳の奥まで洗浄することは、意外と難しい作業です。
奥まで汚れてしまう前にマメに耳の中をチェックするようにしていると、軽く拭いてあげるだけで耳掃除ができますので、フレンチブルドッグにも飼い主にもストレスがありません。
綿棒で奥の汚れを取ろうとするのは危険ですので避けましょう。

耳に汚れが溜まっていないかをチェックするだけでなく、耳が臭わないか、痒がってしきりに掻いていないか、頭をしきりに振っていないか、耳に触るのを嫌がらないかで、耳の中の状態を知ることができます。
きれいな汚れのない耳をキープするために、マメにチェックするようにしてあげましょう。
頻度は毎日行う必要はありませんが、2週間に1度はチェックするようにしたいですね。

まとめ

フレンチブルドッグは耳掃除をしないと耳の中が湿って細菌が繁殖しやすくなります。
外耳炎にかかったり、悪臭が発生したりすることがありますのでマメに耳の状態をチェックするようにしましょう。
汚れが軽いうちに耳掃除をすると簡単にすることができます。
どうしてもダメならペットサロンでやってもらうこともできますが、体調チェックの一つとして、ぜひ習慣づけたいですね。