フレンチブルドッグの臭いが気になる?対策はどうすればいい?

犬を飼っていると体臭に悩まされることはありませんか?犬は定期的にシャンプーをしていても、すぐに体臭が強くなってくることがあります。またフレンチブルドッグには独特の臭いがあると言われています。これらの臭いの原因とは何なのでしょうか?対策法はあるのでしょうか?フレンチブルドッグの気になる臭いについて考えてみましょう。

犬の体臭が強い理由

犬は猫に比べると体臭が強いです。シャンプーをしても、しばらくするとすぐに体臭が出てきてしまい部屋中が犬の臭いになってしまうと悩んでいる飼い主さんも多いのではないでしょうか?犬は人間のように自分で体を洗ったり歯を磨いたりするわけではありません。体から分泌される皮脂や口臭、便臭などが体臭の原因になります。長毛の犬は便が肛門周りの毛に絡み付いてしまう場合があるので要注意です。

口周りの毛が多い犬の場合は、食べ物などが口周りについたままになり、それが臭いの原因になることがあります。よだれをよく出す犬も臭いが発生してしまいます。口臭が強い場合は歯周病などの病気の場合があります。耳掃除をあまりしない犬は耳からも臭いが発生してしまうので注意しましょう。意外と忘れがちなのは足の裏です。散歩の後などには足の裏を拭きますが、トイレの後には拭かないということも多いのではないでしょうか?足の裏には尿がたくさんついている場合があるので、そのままにしておくと悪臭が発生してしまいますので注意しましょう。

フレンチブルドッグの独特な臭いの正体は?

フレンチブルドッグには他の犬とは違う独特な臭いがすると言われています。フレンチブルドッグは短毛種なので、臭いの心配はなさそうですが、実は体臭が強いと言われていますね。「ブルドッグ臭」とも言われる強い体臭の原因には理由がいくつかあります。まず短毛であるために、汚れが直接皮膚に付着してしまい雑菌が繁殖しやすくなります。そして顔にシワが多いことも原因になります。顔のシワの隙間に汚れや雑菌が溜まってしまうのです。

よだれがとても多い犬なので、口の周りや胸元にまで臭いがついてしまいます。また皮脂が発生しやすいというのも理由の一つです。分泌された皮脂が空気に触れると酸化して悪臭になってしまいます。この上に、他の犬種と同様に便臭、口臭、お手入れ不足の耳からの悪臭と、フレンチブルドッグは注意しないと悪臭が発生しやすい犬だと言えますね。

フレンチブルドッグの臭い対策は?

フレンチブルドッグの臭い対策は、とにかく全身の清潔を心がけることにつきます。毎日シャンプーをすることはできませんが、体が臭ってきたと思ったら、体を拭いてあげるようにしましょう。犬用のウェットティッシュを使うと便利です。顔のシワの隙間の汚れも、しっかりと取り除いてあげましょう。毛ではなく皮膚を拭くようにするのが、汚れを取り除くコツです。

食事の後は、口元をきれいに拭いてあげましょう。よだれが付着していることがあるので胸元も拭いてあげます。トイレの後はお尻周りと足の裏をきれいに拭きます。耳掃除もしないでいると悪臭が発生してきますので、こまめに耳の汚れを確認するようにしましょう。フレンチブルドッグの歯は歯垢が付着しやすいので、歯磨きをしないでいると口臭が強くなってしまいます。歯磨きもこまめにしてあげましょう。また脂肪分や塩分が少ないドッグフードにすると体臭が改善することもあります。

まとめ

犬は時間が経ってくると体臭が気になるようになってきます。その中でもフレンチブルドッグは独特な臭いがすると言われています。皮脂が発生しやすいことに加えて、顔にシワが多く、その隙間に汚れが付着するという理由があるからなのですが、きちんと対策することによって臭いはかなり抑えることができます。快適に人間と一緒に暮らしていくためにも、フレンチブルドッグの臭い対策はしっかりとしておきたいですね。