チワワのサマーカットはやり方を間違えると危険?!

チワワの中でもロングコートチワワは暑い時期には、少しでもさっぱりさせてあげようとサマーカットにする飼い主さんも多いです。毛を短くカットすると、いかにも涼しそうに見えるだけでなく、抜け毛も減って飼い主さんとしても助かります。でもサマーカットには意外と危険な面もあるのです。注意点をいろいろと知った上で、サマーカットにするかどうかを決めたいですね。

チワワのサマーカットとは?

夏の暑い時期になると、被毛が長い犬はいかにも暑そうに見えます。

少しでもさっぱりさせてあげようと、ペットサロンでバリカンを使って皮膚が見えそうなほど毛を短くしてしまうことを「サマーカット」と呼んでいます。

チワワの場合はロングコートチワワをサマーカットすることによって、まるでスムースコートチワワのようになります。

熱中症対策と抜け毛対策で、犬のためにと考えてサマーカットにする飼い主さんがほとんどですが、このサマーカット、必ずしもチワワのためになっていない場合も少なくありません。

バリカンでカットすると毛質が変わる?

ロングコートチワワのように被毛が二重になっているダブルコートの犬は、バリカンで短く毛を刈ってしまうことによって、毛質が変わってしまうことがあります。

サマーカットにする前はフワフワだった柔らかいチワワの毛質が、サマーカット後はゴワゴワした固い毛になってしまうことも多いようです。

また毛質が変わること以外にも深刻なのが、毛が生えてこない可能性もあるということです。

バリカンではなくハサミでカットする場合は、毛質が変わったり生えてこなくなったりという影響はほとんどありません。

サマーカットはかえって熱中症になりやすい?

サマーカットでチワワの皮膚が見えるくらいにカットしてしまうと、いかにも涼しそうで熱中症対策になっているように見えますが、実はかえって熱中症を引き起こしやすくなってしまいます。

毛が短くなりすぎることにより、チワワが直射日光を浴びてしまい、高熱も皮膚に直接受けてしまいます。

それまで被毛で紫外線や熱から保護されていたのに、突然それがなくなるとダメージが大きくなってしまいますので、皮膚が見えるほどのバリカンカットは避けたいです。

チワワ

チワワのサマーカットは皮膚病や虫にも注意!

チワワに限らず犬の毛は、直射日光だけでなく、様々な外的刺激から弱い皮膚を守ってくれる役目があります。

毛が多いために虫に刺されることも少なかったのに、毛を短くしすぎて虫に刺されることが多くなると、皮膚病や虫に刺されることによる様々な病気を引き起こしてしまいます。

また皮膚が傷ついてしまうことも多くなりますので、注意が必要です。

バリカンを使うことで皮膚が特に弱いチワワは「バリカン負け」を起こすことも多いので、お腹など一部のみバリカンを使う場合でも、気をつけてあげましょう。

チワワのサマーカットはやり方を間違えると危険?! まとめ

チワワのためを考えてのサマーカットが、実はデメリットが多いというのは少し驚きの事実ですね。

飼い主から見ると、さっぱりして涼しそう、手入れがラクというメリットはありますが、チワワ側にとってはあまりメリットはありません。

どうしても短くしたい場合はバリカンではなくハサミでカットすると、毛質が変わるということはありません。

チワワの暑さ対策はサマーカット以外の方法で考えたいですね。