フレンチブルドッグの長時間の留守番は大丈夫?


フレンチブルドッグの性格

フレンチブルドッグの主な性格は、おおらかで甘えん坊、好奇心旺盛だけどその反面臆病といった見た目の印象とは違った性格をしています。
甘えん坊で臆病だなんて、まさに留守番には向いていない性格です。
ですがフレンチブルドッグでもしっかりとお留守番をすることができます。
そのためにはいくつかのポイントがあるので、ご紹介します。

陥りやすい分離不安とは

フレンチブルドッグのように飼い主への依存性が高く、寂しがりやな犬種が陥りやすい症状です。
飼い主がいないという過度な不安から、様々な問題行動を起こします。
例えば無駄吠えや食糞、破壊行動などです。
分離不安は長時間の外出になればなるほど多くの問題行動を起こします。
分離不安の原因は子犬の頃の過度な愛情の与えすぎか極端な放置によるもので起こります。
愛情を与えすぎた場合は飼い主と離れるということ自体が極度なストレスになり、分離不安を引き起こします。
極端な放置は1人でいることへの恐怖心、不安から症状が引き起こされます。
そのため何事も適度を心掛け、極端な行動は起こさないようにしてあげましょう。

ケージでの留守番

家主がいない間に何をするかわからない、そんな不安からケージで留守番をさせる方も多くいます。
しかし成犬になってからいきなりケージに入れるのはお勧めしません。
狭い空間にストレスを感じところ構わず排泄をしたり、ケージの中で暴れたりと、帰ってきてからの片づけに苦労することになるかもしれません。
ケージで留守番をさせるならば、子犬のうちからケージに慣れさせておきましょう。
もしどうしてもケージでは狭すぎてしまって大変、という場合には適度な広さのサークルを用意してあげましょう。
排泄物に関して問題があるのならば犬の寝床から一番離れた場所にトイレを設置してあげてください。
犬は寝床から離れた場所で排泄をする習性があるので、放して置くことによって改善が望めます。

放し飼いでの留守番

ケージに入れず部屋で自由にさせている場合、一番気を付けなければならないのは誤飲や誤食です。
飼い主がいなくなった家では犬たちは普段登らないようなところや行ったら怒られてしまう場所など、今のうちにと言わんばかりに自由に行動していることがあります。
一概にモス是手の犬がそうとは限りませんが、部屋で自由にさせたいのであれば犬用に1つ部屋を用意することをお勧めします。
犬たちにとっても誤飲や誤食、また怪我のリスクを減らすことができます。
部屋の明かりを消してカーテンを閉め、部屋を暗くすることにより留守番中は寝かせることもできます。
犬用の部屋があれば掃除をしやすいように工夫もできるので、帰ってきてからの手間も少なく済ませることができます。

長時間の留守番に対応させるには

やはり徐々に留守番の時間を長くすることが大切です。
いきなりの長時間の留守番は犬にとって大きなストレスにもなります。
時間を長くしつつ、その都度帰宅後の犬の様子や部屋の状態などを確認しながら飼い犬にあった留守番の方法を見極めていきましょう。
外出時の注意点としては、絶対にケージを覗いたり、行ってきます、などの声掛けをしないことです。
犬にいなくなるということを自覚させてしまい、それが大きなストレスとなり分離不安の引き金になってしまします。
もし分離不安の症状が大きく出たり、改善が見込めない場合はかかりつけの獣医に相談しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。
フレンチブルドッグのように寂しがりやな性格が多い犬種は留守番を苦手としています。
しかし絶対に留守番をさせないということは不可能に近いですから、留守番をさせるにしてもその前の準備や対策が大切です。
また帰ってきたときには惜しまず全力で遊んであげましょう。