レオンベルガーの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

Contents


レオンベルガーの基本情報

レオンベルガーはドイツを原産とする超大型犬です。

ライオンに似ている犬を作ろうと作出された犬種で、農家での使役犬として活躍したり、貴族や王族に愛されてきた歴史を持っています。

体のサイズは大きいもののとても穏やかな性格をしていることから、ヨーロッパを始めとする世界中で人気があり、国内でも熱心な愛好家がいらっしゃいます。

レオンベルガーの歴史

レオンベルガーの歴史
~ルーツ~

レオンベルガーは、ドイツ南西部のレオンベルク市を原産とする犬種です。

1930年代末頃、同市議員であったハインリッヒ・エスィヒが市のシンボルであるライオンに似せた犬を作ろうと思い立ったことから作出されることになりました。

そこで、ブラック&ホワイトの「ニューファンドランド」の雌と、修道院から来た長毛のバリーと名付けられた「セントバーナード」が交配されたのが始まりとなります。
その後「ランドシーア」や「グレートピレニーズ」、別の「セント・バーナード」などの大型犬を中心に更なる交配を重ね、1846年になって明るい褐色でフサフサの毛並みを持つライオンに似た犬「レオンベルガー」が誕生することになりました。

元となった犬種の使役能力の高さと穏やかな性格を引き継いでいたため、1800年代の終わりごろには農家などでの使役犬として活躍していました。

ドイツでは1895年に最初の犬種標準が作られています。

【参考画像】セントバーナード

セントバーナード,大型犬

【参考画像】ニューファンドランド

ニューファンドランド

レオンベルガーの歴史
~各国の貴族や王族に愛された犬~

その後、レオンベルガーは外国へも渡ることになります。

しかし愛犬国であるイギリスでは、レオンベルガーは「ニューファンドランドとセントバーナードの雑種」としての扱いしかされず酷評を受けていました。

それでも次第に、巨体で強面な外貌に穏やかな性質を持っている特徴が諸国の貴族や王族に好まれることになり、諸国でレオンベルガーへの注目が徐々に上がっていくことになりました。
フランスのナポレオン二世・三世、オーストリアの皇后エリザベス、プリンストンオズベール、ウェールズの王子、皇帝ナポレオンII、ビスマルク、イタリア王ウインベルトなど多くの王室で飼育されていたと伝えられています。

20世紀の世界大戦では食糧難が起こり、あらゆる犬種たちがその数を減らしていくことになりました。
レオンベルガーも例外ではなく、世界大戦後の1946年頃にはわずか8頭しか確認できていなかったと言われています。
このわずか8頭のレオンベルガーによって個体数を増やす努力が積み重ねられました。

そうして1988年になってようやくイギリスでも犬種として登録されることになり、アメリカではさらに遅く2010年に登録されています。

レオンベルガーの特徴

  • 自信と落ち着きのある超大型犬
  • ニューファンド譲りの水かきを持つ
  • 比較的よだれが少ない
  • 毛色は、「ライオンイエロー」「レッド」「ラディッシュブラウン」「サンディー」にブラックマスク

特徴① ~大きさや身体的特徴~

レオンベルガーは、体高65~80cm体重40~65kgの超大型犬です。
骨太で筋肉質ながっしりした体格を持ち、自信と落ち着きが見られます。
幅広な頭に奥目がちな小さな目、幅広の垂れ耳を持ちます。

多くの大型犬はよだれが垂れやすい唇をしていますが、レオンベルガーは唇が締まっていることから比較的よだれが少ないと言われています。

また、手足には水かきがあることもこの犬種の特徴の1つです。

特徴② ~被毛の種類や毛色~

レオンベルガーは、ライオンのようなフサフサのたてがみとブラックマスクを大きな特徴とします。

被毛は、防水性に富むダブルコートの中長毛で真っすぐかややウェーブがかっています。
尻尾までふさふさの飾り毛が生えています。

毛色は、ライオンイエロー、レッド、レッドブラウン、サンディー(フォーン・クリーム)などがあり、いずれもブラックマスクを持ちます。
尻尾の先や胸、足先などには白が入ることもあります。

レオンベルガーの価格相場

子犬の価格相場

レオンベルガーの子犬の販売価格は、だいたい30~40万円程度です。

1990年代に日本に上陸以降、過去に1度だけJKCでの年間登録頭数が100を越えることがあり当時は価格も30万円前後の価格だったようです。
しかし近年では、希少な犬種ということ、さらに繁殖も難しい犬種なため価格は割高になっているようです。

子犬を迎えるにはブリーダーから

レオンベルガーはまだまだ珍しい犬種のため、子犬をペットショップで見かけることはありません。
そのため、子犬を迎えるにはブリーダーから直接購入する方法が一般的となります。

それでも国内のブリーダー数も決して多くはないため、ブリーダーの情報などをあらかじめ調べておくことやドッグショーなどに見学に行ってみることをおすすめします。

実際に飼っている人が近くにいるのであれば、ブリーダーさんを紹介してもらう方法もあります。

希少な犬種な分、飼育に関する情報も少ない犬種ですので、飼い主同士で情報交換を行ったり、その犬種のプロフェッショナルであるブリーダーさんからアドバイスがもらえるようにしておくと良いでしょう。

価格相場の違いについて

一般的に子犬の価格は、その子犬の「血統」「性別」「月齢」「容姿」「毛色」などによって決められています。

レオンベルガーにおいても同様ですが、例外としてブリーダーさんの中には超大型犬のために早い段階から訓練をしたうえで販売されることがあるようです。
その場合には訓練費用として価格がさらに上がるようです。

レオンベルガーの性格・気質

  • 穏やかで優しい
  • 忍耐強く子どもにも優しい
  • 訓練性能が高い
  • あまり吠えない性質を持っている

性格・気質① ~強面でも内面は優しく穏やか~

一見すると体も大きく近寄りがたい印象をしたレオンベルガーですが見た目にそぐわず、とても穏やかで優しい性格を持っています。
家族に対して愛情深いことはもちろん、小さな子どもさんに対しても辛抱強く遊び相手になってくれたり、子守を請け負ってくれるような犬種です。

見知らぬ人にも慣れやすく、あまり吠えない性質と攻撃性の少なさからも番犬には不向きだと言われています。
また、他の犬や動物とも仲良くすることができます。

性格・気質② ~良い素質を引き出せるのは飼い主次第~

穏やかで優しい性質を生まれ持ったレオンベルガーでも、その性格を活かしてあげることができるのは飼い主さん次第です。

若犬のころはそれなりにやんちゃな面もあり、超大型犬でもあるため力が強いため、しつけを怠ると手が付けられなくなることもあるでしょう。
そのため家庭犬としてのしつけは最低限必要とします。

基本的には飼い主に従順で賢い面を持ったレオンベルガーの訓練は難しくないでしょう。

性格・気質③ ~オスとメスの違い~

◆オスの性格

オスとメス共通して甘えん坊な性格を持っていますが、オスの方がより甘えん坊で寂しがり屋な性格をしているようです。

◆メスの性格

子犬のころはやんちゃなレオンベルガーでも成長とともに穏やかでおっとりとした性格になっていきます。
メスのレオンベルガーは、オスよりも精神面での成長がやや早くその分オスよりも早く落ち着いた性格になっていくでしょう。

レオンベルガーの飼い方・しつけ

飼い方 ①飼育環境

巨体のレオンベルガーなので外飼いを考える人も多いかもしれませんが、被毛が分厚く暑さが苦手な犬種です。

さらにレオンベルガーは甘えん坊な性格をしているため、単調になりがちな外飼いよりも室内で家族と一緒に過ごせる環境の方が向いているでしょう。

室内での生活を基本とし、自由に動ける庭があるとより理想的な飼育環境となります。

また、一年を通して室内の温度・湿度管理を徹底し、レオンベルガーが快適に過ごせる環境を整えてあげましょう。

飼い方 ②散歩や運動

レオンベルガーは激しい運動は必要としませんが体の大きさの分運動量は必要です。
散歩は、1日2回それぞれ1時間以上を目安に連れて行ってあげましょう。

体が大きいので関節等に大きな負荷がかかる運動や自転車などでの引き運動には向いていない犬種のため、じっくりと時間をかけて歩く運動をさせてあげましょう。

レオンベルガーのことを知らない人であれば、レオンベルガーの迫力ある見た目で恐怖心を抱いてしまう人もいるでしょう。

もちろん人が大好きで攻撃的でもない犬種ですが、散歩で行き交う人に恐怖心を抱かせないためにも決してオフリードにはしないこと、リーダーウォークを習得しておくようにしましょう。

また、ニューファンドランド譲りの水かきを持っていますので泳ぎが得意な犬種です。
ニューファンドランドにとって暑い時期などには、ドッグプールや海川などで泳がせてあげると良いでしょう。

一緒に歩くだけではダメ!犬の散歩のしつけ方を知っておこう

2018.02.08

しつけ ①子犬のうちから始めること

レオンベルガーは巨体で力も強いので、しつけはコントロールのしやすい子犬のうちに、できるだけ早い段階から始めるようにしましょう。
賢く人の言うことを良く聞き取ろうとするため、しつけやすい特徴を持っています。

飼い主の喜ぶ姿が大好きな性格でもあるため、遊びの中でしつけたり「褒めながら伸ばす」ことを意識してしつけていきましょう。

同時に、見知らぬ人や子ども、他の犬や動物などにも良い印象を持てるよう社会性を養っていくことも行っていきましょう。

しつけ ②リーダーウォーク

レオンベルガーのフレンドリーな性格と超大型犬らしくアウトドア向きな性質はどこへでも一緒に連れて行けるような犬種です。
ただし超大型犬なだけあって、リードを引く力は強いものです。

リードを強く引っ張ることで、レオンベルガーと飼い主にとっても負担のかかる外出となる他、周りの人にも不安感を抱かせてしまうかもしれないため、必ずリーダーウォークを習得しておくようにしましょう。

リーダーウォークの基本は、リードを短めにゆるく持ち、飼い主が行く方向を決めて先導することです。
必要であればプロのトレーナーの指示の元でトレーニングしておくことも考慮しておきましょう。

しつけ ③トイレ

レオンベルガーのトイレは、屋外のみで排泄する習慣をつけておかないことをおすすめします。

猛暑や大雨の日、療養中や老犬になった時など散歩に連れて行けない状況になる可能性も十分に考えられます。
そういった時にためにも、子犬のうちから室内でも排泄できるようトレーニングしておきましょう。

レオンベルガーのお手入れ

レオンベルガーは中長毛で体の面積も大きいため、被毛のお手入れはかなり大変となるでしょう。
さらに、抜け毛も多い犬種なので抜け毛ケアも必要となります。
体や環境を衛生に保つためにも、こまめなお手入れをしてあげなければなりません。

お手入れ① ブラッシング&シャンプー

レオンベルガーの被毛は防水性の優れた粗く脂っぽい毛質をしているため束になりやすく、さらに飾り毛は絡みやすいため、こまめなブラッシングが必要です。

少なくても週に2~3回を目安に全身ブラッシングをしてあげましょう。
体の面積が広いため1回に多くの時間を費やせない場合などには、毎日に分けて部分的にお手入れしてあげても良いでしょう。
ブラッシングでは、スリッカーブラシやコームなどのブラシをうまく使い分けて整えてあげましょう。

体が汚れているようであれば濡れタオルを使って体を拭いてあげたり、定期的なシャンプーをして体を清潔に保ってあげましょう。

犬のブラッシングの頻度と正しい手順嫌がる時の対処法

2018.02.08

お手入れ② 耳掃除

レオンベルガーは垂れ耳で蒸れやすいため、一年を通して耳の病気に注意する必要があります
こまめに耳の中が汚れていないかをチェックし、汚れていればコットンなどで拭き取ってあげるようにしましょう。
さらに定期的にイヤークリーナーを使った耳掃除も行ってあげてください。

耳掃除のやり方
① 耳の中の余分な毛をカットしたり抜いて減らしておく。
② 耳の中にイヤークリーナーを垂らす。
③ 耳の根元のコリコリとした部分を親指と人差し指で軽く揉んで「クチュクチュ」音を立てながら2~3分マッサージする。
④ 手を離して、犬に体をブルブルさせることで、汚れと一緒に耳の中のクリーナーが出てきます。自分でブルブルしない場合には耳に息を吹きかけるとブルブルしてくれるでしょう。
⑤ 残りの汚れと耳の中に残っているイヤークリーナーをコットンで拭き取ってあげる。

レオンベルガーの注意する病気

レオンベルガーの寿命

レオンベルガーは、平均寿命が8~9年と言われています。

一般的に小型犬と比べると大型犬は短命の傾向があり、超が付くほど体の大きなレオンベルガーはさらに短命となっているようです。

もちろん個体差もあるため、健康的な生活を日々送って積み重ねていくことで長生きすることができるでしょう。
また長生きのためには、犬種特有のかかりやすい病気を知って予防していくことも大切です。

レオンベルガーのかかりやすい病気

レオンベルガーは、大型犬に多いと言われる「胃捻転」「鼓脹症」「股関節形成不全・肘関節形成不全」などに注意しなければなりません。
その他にも、「レオンベルガー多発性ニューロパチー」「アジソン病」などがあります。

注意する病気①『胃捻転』

大型犬に発症しやすい、胃がねじれてしまう病気です。
胃がねじれると周囲の血管や消化機能に影響を与え、胃の中でガスを発生させながら胃が膨らみ周囲の臓器まで圧迫します。ショックを起こすことによって最悪の場合死に至る病気です。

原因は詳しく分かっていませんが、加齢や、早食い早飲み、食後すぐの運動などによって発症しやすくなると言われており、発症は食後数時間経ってから、夜中~明け方に多い傾向があるようです。
腹部が膨らんで見える、嘔吐やゲップ、吐こうとしても吐けない、水を大量に飲む、食欲不振などの症状が見られます。

症状が現れたら、例え夜間であってもすぐに動物病院に連れて行きましょう。

また、レオンベルガーを飼うと決めた時点で、夜間対応できる動物病院を調べておくことをおすすめします。

注意する病気②『レオンベルガー多発性ニューロパチー』

レオンベルガー多発性ニューロパチーとはレオンベルガーの遺伝疾患で、運動神経、感覚神経、自律神経、末梢神経へ脳から正常な伝導が障害され、四肢の脱力(特に後肢)や筋力低下、運動麻痺、感覚障害がおきる病気のことです。

呼吸が荒くなる、食欲低下、咳、食べ物を詰まらせたりするなどの症状がおき、悪化すると立つこともできなくなります。

遺伝子検査を事前に受けることのできる病気のため、子犬期に検査を受けておくことをおすすめします。

注意する病気③『股関節形成不全・肘関節形成不全』

股関節形成不全または肘関節形成不全は、股や肘の関節が異常に変形している状態のことです。遺伝が関与しているとも言われています。

大型犬は体重が重たい分関節へ負担となりやすく、成長期の急激な体重の増加と活発に動くことで骨と筋肉のバランスが崩れ、生後6カ月頃から徐々に異常が見られるようになります。
いずれも症状には不自然な歩き方が見られます。

軽症であれば安静に過ごすことで関節が正常に成長するのを待ちますが、重症の場合には外科手術が必要となります。

親犬に股または肘関節の異常が見られないかを確認することも大切ですが、子犬の頃から食事と運動のバランスをしっかり管理して、異常にすぐ気付けるよう日々観察していきましょう。

レオンベルガーのミックス犬

レオンベルガーは国内では希少な犬種なため、ミックス犬においても多くは飼われていないようです。
それでもヨーローパを始めとする世界では人気のある犬種のため、レオンベルガーの様々なミックス犬が飼われているようです
良犬としての素質を持ち合わせたレオンベルガーなので、その素質を引き継いだミックス犬も人気があるのかもしれませんね。

ミックス犬①『レオンベルガー×ボーダーコリー』

犬の中で最も知能が高い犬種「ボーダーコリー」とのミックス犬です。

どちらに似るかによって大きさや容姿も異なるでしょうが、レオンベルガーの被毛カラーを持ったボーダーコリーといった印象の子が多く野性味を残した姿をしているように感じます。

賢く立ち回ることのできるボーダーコリーと優しい性格のレオンベルガーとのミックス犬なので、最良のパートナーとなってくれる素質を生まれ持っていることでしょう。

ミックス犬②『レオンベルガー×シェパード』

警察犬としても活躍する「ジャーマンシェパード」とのミックス犬です。

両犬種ともに被毛カラーは似た点があるため、ジャーマンのようにスマートな姿になるか迫力あるレンベルガーのような姿になるのかの成長に伴う変化が楽しめるミックス犬となるでしょう。

レオンベルガーを飼うのに向いている飼い主は?

性格面だけで見るととても飼いやすいレオンベルガーですが、体の大きさから考えると運動量や被毛のお手入れは大変でしつけも欠かせないため初心者にはおすすめできません。
さらに、食費や医療費などの飼育費用も小型犬とは比にならないため、金銭的な余裕も必要となります。

泳ぎが得意なことやドッグスポーツで活躍している子もいるようなアクティブで人との共同作業を好む犬種でもあるため、一緒にキャンプに行ったりドッグスポーツに参加したりとアクティブに過ごす人におすすめできる犬種です。

マンションや一人暮らしでも飼育できる?

レオンベルガーは吠えにくい性質を持った犬種のため、マンションでも飼育できないことはないでしょう。
ただし、その体の大きさに対応できるマンションであることが必要となります。

また、老いや病気で寝たきりになった時の介護では超大型犬なだけに、動物病院に連れて行くために車まで運ぶにはかなり苦労することにもなるでしょう。

そういった点から考えると、まず一人暮らしでの飼育には向かない犬種だと言えます。
またマンションでの飼育においても、飼育環境の確保ができるか、介護が必要になった時に対応できるかをよく検討した上で決めるようにしましょう。

小さな子どもや高齢者とも同居できる?

レオンベルガーは子どもに優しい犬種のため、小さな子どもさんがいらっしゃるご家庭でも飼育することができます。

また若犬期は多少のやんちゃもありますが、成長に伴い落ち着いた性格へとなっていくため高齢者がいらっしゃるご家庭でも飼育することはできるでしょう。

ただし超大型犬で力が強いため、いずれの場合でも散歩の時にはレオンベルガーを安全に制御できる人が付き添うようにしましょう。

レオンベルガーのブリーダー紹介

希少な犬種レオンベルガーを繁殖されているブリーダーさんをいくつかご紹介いたします。

マサキコレクション 【三重県】

超大型犬であるレオンベルガーとスパニッシュマスティフの二犬種のブリーディングに取り組んでいらっしゃるブリーダーさんです。
創立’99年の長年の実績を持つブリーダーさんです。
マサキコレクション 【三重県】

GREAT TOWN犬舎 【奈良県】

緑豊かな山里の天空の大和高原(奈良県)にあるレオンベルガーのパピーの販売をしているブリーダーさんです。
レオンベルガー歴21年、多くの子犬を送り出してきた実績を持っていらっしゃるようです。
GREAT TOWN犬舎 【奈良県】

この記事のまとめ


レオンベルガーはこんな犬
  • 体重40~65kgの超大型犬
  • 強面でも心優しく穏やかな性格
  • 被毛:中長毛
  • 毛色は「ライオンイエロー」「レッド」「ラディッシュブラウン」「サンディー」にブラックマスク
  • 賢く従順でしつけやすい。超大型犬ならではリーダーウォークの習得は必須。
  • 注意したい病気:「胃捻転」「鼓脹症」「股関節形成不全・肘関節形成不全」「レオンベルガー多発性ニューロパチー」「アジソン病」など
  • 平均寿命:8~9歳
  • 子犬の販売価格:30~40万円程度。購入はブリーダーから。

レオンベルガーについて さいごに

レオンベルガーの見た目の迫力と存在感は圧倒的なものです。
それにも関わらず内面は優しく穏やかな性格をしているギャップを持っています。

現在の日本での知名度はそれほど高くなく、飼育するのにも相当な覚悟が必要な大きさですが、魅力が多く今後の人気に期待したい超大型犬だと言えるでしょう。