チワワにフケが出るのは病気のサイン?

人間と同じようにチワワにもフケが出ることがあります。心配がないものもありますが、病気のサインである可能性があるものもあります。普段の手入れをしていてフケが出ていると気になってしまいますよね。チワワのフケは様々な原因で出てきます。チワワのフケとはどのようなものなのか、どういう病気が隠れているのか、その対処法とともに考えてみましょう。

チワワのフケの正体とは?

チワワのフケは古い皮膚が剥がれ落ちたものです。
人間と同じで、櫛やブラシで手入れしているときに気がつきます。
少量のフケなら、あまり心配することはありません。シャンプーを変えれば良くなることも多いです。
しかしチワワのフケに痒みが伴う場合や大量のフケが出ているようなら、病気が隠れている可能性もあります。

チワワが注意するべきフケ① 乾燥による場合 

秋から冬にかけてチワワにフケが多く出るようなら乾燥肌でフケが多くなっている可能性があります。
フケだけでなく、乾燥肌になると痒みが出てくるので、しきりに痒がることがあります。
空気が乾燥する季節には、室内の湿度をある程度保っておくようにしましょう。またシャンプーのしすぎも皮膚を乾燥させてしまう原因になることがあるので、気をつけるようにしましょう。

チワワが注意するべきフケ② アレルギーである場合

乾燥肌と区別がつきにくいのですが、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性皮膚炎の場合も皮膚が痒くなり、しきりに掻くためにフケが発生してしまいます。
乾燥肌と違うのは、アレルギー性皮膚炎の場合は食物、ハウスダスト、花粉などのアレルゲンが原因になっていす。
フケだけでなく痒みを伴いますので、チワワが後ろ足で皮膚をかきむしってしまい傷つけてしまいます。
シャンプーの種類によっても悪化することがありますので、気をつけるようにしましょう。
アレルゲンがわかっている場合は、チワワをアレルゲンに近づけないようにしましょう。
食べ物がアレルゲンの場合は、ドッグフードの成分にも気をつけましょう。完治は難しいので、動物病院で痒みを抑える治療をしてもらうことで対処します。

チワワ

チワワが注意するべきフケ③ 感染症である場合

チワワにフケと痒みが出るのは感染症の場合もあります。
疥癬症やツメダニ症は、感染している犬に接触することによって感染する病気です。
激しい痒みとフケが症状の特徴です。疥癬症は被毛が少ないところ、ツメダニ症は皮膚が柔らかいところに発生します。
ツメダニ症はフケのように見えるものが、実はツメダニだということもありますので要注意です。
疥癬症もツメダニ症も人間に感染する恐れがある病気です。
チワワが疥癬症やツメダニ症を発症して、飼い主や家族に皮膚の痒みが出た場合は感染した可能性がありますので、チワワの治療とともに、早急に皮膚病に行くようにしてください。

チワワにフケが出るのは病気のサイン? まとめ

チワワは様々な原因でフケが出てしまいますが、ちょっとした注意で防ぐことができるものも多いです。
乾燥する季節は室内の湿度を一定に保つこと、シャンプーのしすぎには注意する、感染症に感染している犬には近づけない、ということに気をつけましょう。
またストレスでもフケが出ることがありますので、あまりストレスがかからないように注意してあげることも必要です。