チワワの薬の与え方を種類ごとに動物看護師がお伝えします


錠剤タイプの内服薬の飲ませ方

動物病院から処方される内服薬で、多いものは錠剤タイプです。
犬の場合、錠剤は割って処方される場合や、飲ませる前に割らないといけないことがあります。
特に、チワワは犬の中でも超小型犬ですので、ほとんどの場合は、1錠を割って飲ませことが多いです。
大きさも様々ですし、口が小さいチワワに飲ませるのはなかなか大変です。

食欲があるチワワに一番楽な飲ませ方は、フードに混ぜることです。
しかし、食欲が無いチワワや臭いに敏感なチワワはこの方法では飲んでくれません。
また、ササミや缶詰など、匂いがあって美味しいものに包む方法もおすすめです。
包むことによって、そのまま気付かずに食べてくれる場合があります。
それでも薬だけ吐き出したりするチワワや、食欲のないチワワに飲ませないといけない場合は直接口の中に入れないといけません。
そのやり方としては、口を開け、舌の付け根まで薬を入れてすぐ口を閉め、しばらく口を開けないようにマズルを持って飲んでくれるのを待ちます。
飲んだか飲んでいないか分からない場合は、水を鼻に少しつけてあげると、舌でペロっとしてくれる場合が多いので、そうするとほとんどのチワワは薬を飲み込んでくれています。

粉タイプの内服薬の飲ませ方

錠剤タイプの次によく処方されるものとして、粉薬があります。

チワワは体も小さいので、錠剤では出せない薬や、錠剤を飲ませることが難しいチワワに、錠剤をすり潰して処方することがあります。

粉薬のメリットは、複数の薬がある場合に混ぜて1つの粉薬として処方することが出来ることなので、1錠ずつ何回も飲ませないといけないという手間が省けます。

粉薬の飲ませ方として、おすすめの方法は、缶詰やセミウェットのドッグフードに混ぜて食べてもらう方法です。
しかし、匂いや味に敏感なチワワにとって、一度美味しくない経験をすると、食べてくれなくなる場合があります。
その場合は、水に溶かしてスポイトなどで、口に入れて飲んでもらいましょう。
口に入れる場合は、顔をしっかり固定し、口の横からゆっくり入れ少しずつ与えます。
最初はなかなか上手く飲ませることは難しいです。
イメージがつかなければ、かかりつけの動物病院で飲ませ方を教えてもらえます。

液体タイプの内服薬の飲ませ方

錠剤タイプや粉タイプの内服薬の他にも、液体タイプの内服薬があります。
液体タイプの内服薬は、基本的に甘いシロップのものが多いですが、種類によってはとても苦いものもあります。

甘いシロップの場合は、粉薬を水に溶かして飲ませる場合の飲ませ方と同じように、口の横からゆっくりと飲ませてあげるとすぐにペロペロと飲んでくれることが多いです。

しかし、苦い液体の内服薬は、スムーズに飲んでくれないことがほとんどです。
この場合のおすすめの飲ませ方は、ガムシロップや砂糖水を少し混ぜて飲ませると、飲んでくれることがあります。
それでも、飲んでくれない場合は、動物病院で錠剤や粉薬に変更してもらうよう相談してみるのも一つの方法です。

まとめ

チワワに薬を飲ませる場合、とても飲ませにくいと感じる飼い主が多いです。
また、薬が小さ過ぎると、飲めているのか不安になることもあります。
また、量が少ないとしっかり効いているのかなど不安になります。
チワワの場合、量が少なかったり、薬の大きさが小さかったりする事が多いので、確実に飲ますために様々な方法を試して見てください。
それでも飲ませることが難しい場合は、動物病院へ相談してみましょう。