オールドイングリッシュシープドッグの基本情報!歴史や性格・特徴について。 心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

 

オールドイングリッシュシープドッグの基本情報


オールドイングリッシュシープドッグは、名前からも分かるようにイギリスを原産とするシープドッグ(牧羊犬)です。

名前の頭文字から「OES」と呼ばれたり、「オールド」などの愛称で広く親しまれています。

アメリカでは「ナニードッグ」とも呼ばれ、子守をする犬としても知られていたり、もこもこの毛に覆われた独特の風貌から様々なメディアで採用されるなど、長年安定した人気を保っています。

オールドイングリッシュシープドッグの歴史

時間

オールドイングリッシュシープドッグの歴史
~ルーツ~

オールドイングランドシープドッグはそれほど古い犬種ではありませんが、ルーツには諸説あるようです。

1771年に英国の画家ゲインズバラによって描かれている小さな垂れ耳の犬がオールドイングリッシュシープドッグの初期型だと考えられています。

祖先犬は、外見が似ている歴史ある犬種「ビアデットコリー」と、イギリス土着の犬やヨーロッパ大陸、ロシア由来の犬など複数の犬種から生まれた犬であると推測されています
また、「サウス・ロシアン・シェパードドッグ」という犬種が祖先犬であるという説もあります。

オールドイングリッシュシープドッグは「羊飼いの犬」とも呼ばれ、牧場で家畜を激しく追い立てるような牧畜犬ではなく、羊を市場への移動させる役割や羊の警護をする牧羊犬として活躍していました。

オールドイングリッシュシープドッグ歴史
~別名「ボブテイル(尻尾が短い)」~

オールドイングリッシュシープドッグは別名「ボブテイル(尻尾が短い)」とも呼ばれ、断尾されることが多い犬種でした。

一般的に犬の断尾は、猟犬が獲物に尻尾を噛まれないようにするためなどの方針から行われるものでしたが、オールドイングリッシュシープドッグの場合はそれとは異なり、19世紀のイギリスではペットを所有するには税金がかかっていたため、作業犬と区別をするために断尾されてきた歴史を持ちます。

オールドイングリッシュシープドッグ歴史
~ショードッグとして~

オールドイングリッシュシープドッグがドッグショーに初めて出陳されたのは1873年イングランド・バーミンガムのショーでしたが、当初はその毛むくじゃらの姿から質が悪いと酷評を受けていました。

しかし、その後にはショードッグとしての人気が上がることになり1907年には、敢えて毛を逆立てるグルーミング方法が編み出され、オールドイングリッシュシープドッグは今日まで人気のあるショードッグとして活躍しています。

オールドイングリッシュシープドッグの特徴

  • 体重27~45kgの大型犬
  • 太く響く独特な鳴き声
  • 羊毛に似た豊富な被毛
  • 毛色は、グレー・グリズル・ブルー・ブルーマールを基調にホワイトが入る

特徴① ~大きさや身体的特徴~

オールドイングリッシュシープドッグは、体高51~61cm、体重27~45kの大型犬です。
もこもこで豊富な毛に覆われているため実際よりも大きい印象を受け、メスよりもオスの方が大きくなります。

体長と体高がほとんど同じスクエア型で、コンパクトでも筋肉質な体型をしています。
立った時には肩より腰のほうが高くなり、側対歩と呼ばれる前後の足を同時に出す熊のような歩き方をする特徴があります。

耳は垂れ耳で、尻尾は稀に生まれながら短い個体もありますが、本来は長く垂れさがった尻尾を持ちます。
そして、現在でも断尾されることがあります。

鳴き声は、太く響く独特な声をしています。

特徴② ~被毛の種類や毛色~

被毛は、羊毛に似ている長毛で粗い毛質のオーバーコートと防水性に優れたアンダーコートからなる、毛量が豊富なダブルコートの犬種です。
その厚く全身を覆った被毛から過酷な気象条件から身を守ってきました。

毛色は、グレー、グリズル、ブルー、ブルーマールを基調に、胸部や頭部、首、手足、下腹部にホワイトが入ります。

子犬の頃には白黒の毛色をしていますが、成長に伴い黒からグレー・グリズル・ブルー・ブルーマールなどの毛色に生え変わっていきます

オールドイングリッシュシープドッグの価格相場

子犬の価格相場

オールドイングリッシュシープドッグの子犬の販売価格は、だいたい25~30万円です。
希少犬種である上に、出産頭数が少ないことから高い価格が付けられる傾向にあります。

一般的に子犬の価格は、「血統」「性別」「月齢」「毛色」「容姿」などで決められています。

「月齢」というのは生後から日数が経つほど価格が下がっていく傾向にあるのですが、オールドイングリッシュシープドッグの場合には希少であるために価格が下がる前に新しい飼い主さんが決まってしまうことが多いようです。

子犬を迎えるならブリーダーから

オールドイングリッシュシープドッグは希少犬種なために、ペットショップで見かけることはありません。
そのため子犬を迎えるのなら、ブリーダーから購入する方法が一般的となります。

国内にも多くはありませんが、熱心に繁殖を行われているブリーダーさんがいらっしゃいます。

事前に親犬や犬舎の見学を行って、信頼できるブリーダーを見極めるようにしましょう。
清潔な犬舎で育てられた健全な親犬でなければ、その子犬の健康状態も懸念されます。

購入を決めたタイミングで子犬が産まれているとは限らないため、事前の子犬の予約をしておくことをおすすめします。

また、断尾するかしないかの意思表示をしておいた方が良いでしょう。

オールドイングリッシュシープドッグの性格・気質

  • 明るく陽気な子どものような性格
  • 社交的で他の犬や動物とも仲良くなれる
  • 子ども好き
  • しつけは簡単ではない

性格・気質① ~温厚で面倒見の良いナニードッグ(子守犬)~

オールドイングリッシュシープドッグは、明るく陽気な性格をしています。

イタズラ好きな面や甘えん坊な面があり、まるで子どものような性格をしています。
成犬になっても明るくやんちゃな子どものような性格のまま成長していくでしょう。

見知らぬ人や他の犬・動物に対しても友好的な性格をしていて、特に子どものことが好きで献身的なことからアメリカでは「ナニードッグ(子守犬)」として知られています。

独特な吠え声をしていますが、友好的過ぎる性格から番犬には向いていないようです。

性格・気質② ~ファーストコンタクトに注意~

かつては牧羊犬としてオオカミなどから家畜を守っていた歴史も持っているため、以前までは気性が激しいと言われていましたが、近年では育種家の努力により落ち着いた犬が増えています。

それでもいざという時には攻撃性を見せることもあり、独特なカットスタイルで視界が狭いことからもファーストコンタクトでは突然触れたり近付くようなことはしないよう注意した方が良いでしょう。

賢く物覚えも良いですが、自信家で気難しい一面があるためしつけは簡単とは言えません。
それでも、子犬期からしつけと社会性を養うことで「ナニードッグ」と呼ばれるに等しい優秀な素質を持っています。

性格・気質③ ~オスとメスの違い~

オールドイングリッシュシープドッグのオスは、メスよりも甘えん坊で飼い主のことを独占したがる性格を持っています。
一方でメスは、オス同様甘えん坊ではありますが、オスよりは比較的独立心を持ち合わせているようです。

オールドイングリッシュシープドッグの飼い方・しつけ

飼い方 ①飼育環境

オールドイングリッシュシープドッグは孤独を嫌う性格をしているため、家族と身近にいられる室内での飼育に向いている犬種です。
さらに、室内に加えて運動ができるお庭があると理想的です。

また、分厚い被毛に覆われているため暑さは大の苦手な犬種なので、1年を通して室温管理が行き届いた環境で育てていきましょう。

オールドイングリッシュシープドッグのカットスタイルと言えば目まで隠れたスタイルですが、前が見えずに物に当たることもしばしばあります。
できるだけ安全に過ごせるよう広めの飼育環境を整えてあげましょう。
さらにホコリなどを絡み取りやすい毛質をしているため、こまめに掃除をしてあげることも必要となります。

留守番をすることはできますが得意とはしないため、子犬のころから1人でも安心して過ごせる場所を与えてあげて、少しずつ留守番に慣れさせていきましょう。

飼い方 ①散歩や運動

牧羊犬として広大な土地を駆け回っていたような犬種のため、運動量は多く必要とします。
さらに太りやすい体質でもあるため、運動不足にならないよう注意してあげましょう。
散歩は1日2回以上、それぞれ1時間程度を目安に連れて行ってあげましょう。

楽しいことが大好きな犬種なので、ボール遊びなどのゲームを取り入れてあげたり、ドッグランで他の犬と遊ばせてあげることで同時に社会性を養っていきましょう。

 

しつけ ①しつけ教室がおすすめ

気難しい一面を持ったオールドイングリッシュシープドッグのしつけは簡単ではありません。
「ナニードッグ(子守犬)」としての優秀な素質を持った犬種ではありますが、その素質を活かせるのは飼い主さん次第です。

できるだけ子犬のうちの早い段階からしつけを初め、同時に社会性を養うようにしましょう。
楽しいことが大好きな性格を利用して、遊びながらのしつけでご褒美にはおやつ以外にもおもちゃなども使ってモチベーションを維持してあげましょう。

ただし、楽しすぎると興奮しやすい一面があるため、人前であっても飼い主のコマンドに集中することが学べ、同時に社会性も養うことができる「しつけ教室」への参加をおすすめします。

犬のしつけの基本。しつけのポイントをご紹介

2018.06.30

しつけ ②吠え癖

オールドイングリッシュシープドッグは吠え声が太く響きやすいため、吠え癖がついてしまうと厄介です。
基本的には無駄吠えが付きにくい犬種だとも言われていますが、注意して育てていきましょう。

オールドイングリッシュシープドッグの性格から考えると、興奮から吠えることがあるでしょう。
具体的なシュチュエーションでは、来客時や遊んでほしい時、テンションが上がった時などです。

そのため、冷静を取り戻せるよう「ハウス」「おすわり」などの指示をかけるなどして、関心を他の事に向けるよう工夫してみましょう。

 

しつけ ③噛み癖

犬は元々噛む習性を持つ動物です。
そして楽しいことが大好きなオールドイングリッシュシープドッグは、イタズラからの破壊行動が見られます。
基本的には、噛んでいいものを与え噛まれて困る物は片付けておくようにしましょう。

それでも破壊行動が止まらない場合には、叱って対処してください。
犬を叱るときには、「だめ」などの端的な言葉を使ってできる低い声で叱ります。

叱ったことで噛むのを止めたからと言って、すぐに撫でたり褒めたりはせずに、犬が落ち着くまで無視をしてください。

オールドイングリッシュシープドッグのお手入れ

お手入れ ①ブラッシング

オールドイングリッシュシープドッグの最大の特徴とも言える被毛は、こまめなお手入れを必要とします。
換毛期には抜け毛も多いため、飼育する上でお手入れが最も大変となるでしょう。

子犬の頃は柔らかい毛質をしているためブラッシングは簡単ですが、成犬になるとともに粗い毛質へと変化していきます。
この毛並みを整えるにはコツが必要となるので、ブリーダーやトリマーからアドバイスをもらっておきましょう。

できるだけ毎日ブラッシングをかけて、皮膚まで通気させることで皮膚病も予防していきましょう。

また毎日のケアとして、汚れがちな目の周りや口周りをタオルなどでこまめに拭き取ってあげましょう。
さらに、排泄物でお尻周りも汚れてしまうため、衛生を保つためにも毎日固く絞ったタオルで拭き取ってあげることをおすすめします。

お手入れ ②トリミング

オールドイングリッシュシープドッグはトリミング犬種です。
定期的にトリミングサロンに連れて行ってあげましょう。

オールドイングリッシュシープドッグの目まで隠れたスタイルでは、視界を確保するためにリボンやゴムで止めたり分け目を作って、ある程度の視界を確保してあげるようにしましょう。

ただし、長年毛で覆われていた目を突然紫外線にさらしてしまうと刺激になって痛めてしまうこともあるため注意しておきましょう。

お手入れ ③耳掃除

オールドイングリッシュシープドッグの垂れ耳は蒸れやすく、1年を通して外耳炎などの病気にならないよう注意してあげなければなりません。

こまめに汚れていないかチェックをしてあげて、汚れていればコットンなどで拭き取るか、定期的にイヤークリーナーを使った耳掃除をしてあげてください。

自宅で簡単にできる犬の耳掃除 頻度ややり方は?

2018.02.08

オールドイングリッシュシープドッグの注意する病気

病院

オールドイングリッシュシープドッグの平均寿命

オールドイングリッシュシープドッグは、平均寿命が10~12年と言われています。
同程度の他の大型犬と比べても平均的な寿命と言えるでしょう。

オールドイングリッシュシープドッグの注意する病気

オールドイングリッシュシープドッグがかかりやすい病気は多く、遺伝的に起こりやすい病気には、「心房中隔欠損症」「拡張型心筋症」などの心臓疾患、「進行性網膜萎縮症」「白内障」などの眼疾患などがあります。

他にも、大型犬に多い「胃捻転」や「股関節形成不全」にも気を付けなければなりません。

さらに、「甲状腺機能低下症」や豊富な毛に覆われていることから「皮膚病」「外耳炎」といった疾患にも注意しましょう。

注意する病気①『股関節形成不全』

股関節形成不全は、股関節の発育または成長に異常が見られる疾患のことです。
成長期の急激な体重の増加と活発に動くことで骨と筋肉のバランスが崩れ、生後6カ月頃から徐々に異常が見られるようになり、不自然な歩き方をする症状が見られます。

軽症であれば安静に過ごすことで関節が正常に成長するのを待ちますが、重症の場合には外科手術が必要となります。

遺伝的要因も多い病気と考えられているため、親犬に股関節の異常が見られないかを確認することも大切ですが、子犬の頃から食事と運動のバランスをしっかり管理して、異常にすぐ気付けるよう日々観察していきましょう。

注意する病気②『甲状腺機能低下症』

体の代謝を活発にする役割を持つ甲状腺ホルモンの分泌が減少する病気のことです。
元気がなくなる、体重が増える、毛が抜けて薄くなる・脱毛、皮膚が黒ずむなどの症状が見られます。

甲状腺ホルモンを投与することで治療できますが、生涯にわたって治療を続けていく必要があります。
残念ながら予防することができない病気のため、早期発見・早期治療を心掛けることが大切です。

注意する病気③『拡張型心筋症』

拡張型心筋症は、心臓が肥大して正常に働くなる病気のことで、加齢に伴い発生率が高まります。
血液が全身に送り出せなくなることによって、失神、腹部の腫れ、元気消失、咳・呼吸が荒いなどの症状が見られ、最悪の場合には突然死することもあります。

治療法は内科療法での対処療法となり、生涯投薬していく必要があります。

予防法はなく、症状が見られた時点で進行していることも多い病気のため、定期健診を受けることで早期発見に努めることが大切です。

オールドイングリッシュシープドッグのミックス犬

近年ミックス犬が大人気の傾向がありますが、大型犬オールドイングリッシュシープドッグのミックス犬も存在します。

小型犬に人気傾向のある国内ではあまり多く飼われていないようですが、海外ではオールドイングリッシュシープドッグのミックス犬も人気が高いようです。

ミックス犬①『オールドイングリッシュシープドッグ×プードル』

スタンダードプードルとのミックス犬で「シーパドゥードル」などと呼ばれ、海外を中心に人気のあるミックス犬です。

賢くしつけやすいプードルと、明るく子どもに優しいオールドイングリッシュシープドッグの長所を併せ持った家庭犬となります。

オールドイングリッシュシープドッグを飼うのに向いている飼い主は?

オールドイングリッシュシープドッグは、しつけやお手入れの面から考えると初心者には向いていない犬種です。

大型犬のために運動量が多く必要で、お手入れにかける時間も多く必要です。
さらに飼育するための食費・医療費・トリミング費用などの飼育費用も多くかかります。
そのため、犬のための時間を多く確保できる人、経済的余裕のある人に向いている犬種だと言えるでしょう。

子守もできる犬種ともいわれているほどなので、小さな子どもさんがいらっしゃるご家庭にもおすすめです。

一人暮らしでも飼育できる?

オールドイングリッシュシープドッグは孤独を好まない性格をしているため、留守番は得意ではありません。
さらに散歩やお手入れの時間をかける必要もあるため、どうしても留守がちになる一人暮らしでの飼育は難しいでしょう。

家族の誰かが在宅していることが多いような家族向きの犬種だと言えます。

マンションでも飼育できる?

基本的には無駄吠えが少ないと言われる犬種ですので、マンションでの飼育も可能です。

ただし、大型犬の飼育が可能な物件であること、体が大きく広めの飼育スペースを確保してあげる必要があります。
そういった条件をクリアできる物件であればマンションでの飼育も可能だと言えるでしょう。

また、無駄吠え防止の徹底、抜け毛による近隣への迷惑とならないよう配慮が必要となります。

オールドイングリッシュシープドッグの食費や飼育費用

オールドイングリッシュシープドッグの食費

オールドイングリッシュシープドッグは太りやすい体質を持った犬種です。
そのため、栄養バランスに優れたフードを与えてあげなければなりません。

一般的に販売されているフードは、栄養バランスよりも嗜好性を重視しているものが多く、また添加物や保存料が使用されているためおすすめはできません。

栄養価の高い良質なフードは価格もそれなりにするため、1カ月の食費は2~3万円程度は必要となってくるでしょう。年間にすると24~36万円です。

オールドイングリッシュシープドッグの健康を本気で考えるのであれば良いフードを与えることをおすすめします。

オールドイングリッシュシープドッグの飼育費用

初期費用はおよそ35~40万円

子犬費用に加え、ケージや食器、トイレ、首輪・リードなどの飼育グッズを含みます。
子犬費用が高額なため初期費用も高くなってきます。

年間費用はおよそ45万円

1年間の食費に加えて、ワクチンやフィラリアなどの予防医療費、ペットシーツなどの消耗品、トリミング費用を加味した金額です。
定期的なトリミングが必要な犬種なため、他の大型犬と比べてもどうしても高額となってきます。

生涯費用はおよそ540万円

平均寿命10~12歳と言われている犬種のため、0歳から飼い始めると生涯費用は540万円も必要となってきます。
もちろんグッズやトリミングなどを上手に節約すればこの価格を下回ることも可能でしょうが、反対に予期せぬ病気やケガになった場合にはこれより高額となることもあるでしょう。

この記事のまとめ


オールドイングリッシュシープドッグはこんな犬
  • 大型犬
  • やんちゃで甘えん坊な子どものような性格。子守も得意。
  • 被毛:長毛
  • 毛色:グレー、グリズル、ブルー、ブルーマールを基調にホワイト
  • しつけは簡単ではない。吠え癖や噛み癖(破壊行動)に注意
  • 注意したい病気:「心房中隔欠損症」「拡張型心筋症」「進行性網膜萎縮症」「白内障」「胃捻転」「股関節形成不全」「甲状腺機能低下症」「皮膚病」「外耳炎」など
  • 子犬の販売価格:25~30万円
  • 平均寿命:10~12歳
  • 飼育では被毛ケアが最も大変になる

オールドイングリッシュシープドッグについて さいごに

見た目のもふもふ感と愛らしい性格を持ったオールドイングリッシュシープドッグ。
飼ってみたい大型犬として憧れている人も多いでしょう。
それでもしつけや被毛ケアの面を考えると決して飼いやすい犬種とは言えません。

また飼育費用もかなり高額となってくるため、最後のときまで責任を持つことができるのかを現実的に考えてから迎え入れるようにしましょう。

「手のかかるほどかわいい」とも言いますが、オールドイングリッシュシープドッグにぴったりな言葉となるでしょう。