フレンチブルドッグにはどんなおやつが向いているの?


おやつの種類

犬用のおやつは非常に種類が多いので、全てを挙げることはできませんが、主にどのような種類があるのかみていきましょう。

ジャーキー

犬が大好物なおやつと言えばジャーキー。
素材はビーフやささみが多いですが、野菜入りのようなものも有ります。
それに加えて低脂肪タイプなどもあるので、シニア犬にはそちらが向いているでしょう。
ジャーキーの固さですが、商品によって固めのものからセミドライのような少し軟らかめのものまで、色々とあります。
そのため、さまざまな種類を一度試して、愛犬の好みのものを見つけるのがよいでしょう。
また、保存料や着色料などが入っていない無添加のものも数多く販売されています。

チーズ

チーズも人気のおやつのひとつ。
健康な歯や骨を形成するのに必要なカルシウムやたんぱく質を含んでいます。
人間用のチーズよりも塩分が少ないものの、脂質が多いので与え過ぎは注意です。

ガム

主に牛皮からできており、タンパク質を多く含んでいます。
ほかのおやつと違い、非常に固いのが特徴。
そのため、ただおやつとしてだけではなく、噛むことでストレスが発散できる役割も果たしています。
また、歯石や歯垢を抑える効果があるデンタルケア用のガムも。
こちらをおやつとして与えている飼い主の方も多くいます。

クッキーやビスケット

形状はボーロのような丸くて小さいものから、ドーナッツ型の平たい形のようなものまであり、バリエーション豊富です。
また、小麦粉が原料のものだけでなく米粉で作られているものもあります。
クッキーやビスケットは原材料がシンプルな上に作り方も簡単なため、手作りしている飼い主の方も多いのだとか。
インターネットでレシピを検索すると、さまざまなタイプのレシピが簡単に見つけられます。

フレンチにおすすめのおやつとは?

フレンチブルドッグもほかの犬と同様、もちろんおやつは大好物。
せっかくおやつをあげるのであれば、健康面を考慮しながら、愛犬が喜ぶものを与えたいところですよね。
では、フレンチブルドッグにはどのようなおやつが向いているのでしょうか。

噛みごたえのあるおやつ

フレンチブルドッグは闘犬の血が入っているため、もともと何かを噛むことを好む習性を持っています。
そのためガムのような噛みごたえのあるおやつが向いていると言えるでしょう。
ただし、与えるときは時間を決めて適当なところで切り上げさせるようにしてください。
夢中になってしまうと噛み砕いて食べ過ぎ、喉に詰まらせてしまう恐れがあります。

カロリー控えめや低脂肪のヘルシーなおやつ

フレンチブルドッグは太りやすい体質です。
そのため、なるべくカロリーが控えめのものや低脂肪のおやつにするようにしたほうがよいでしょう。
とくにチーズなどは栄養価が高いものの脂質が多いので、与え過ぎると肥満の原因になります。
また、ジャーキーも油分や塩分が多いので、どんなに多くても週2回ぐらいまでにしたほうがよいです。

無添加のおやつ

おやつは無添加のものに越したことはありません。
必ず原材料をよく確認して購入するようにしましょう。
とくにジャーキーなどは添加物が含まれているものが多いので注意が必要です。
添加物の摂り過ぎは肝機能障害を引き起こすと言われています。
愛犬の健康を考えて安全なおやつを与えるようにしましょう。

まとめ

犬用のおやつはさまざまな種類のものが販売されていますが、太りやすいフレンチブルドッグにとっては、手作りのおやつもよいかもしれませんね。
おやつはあくまでも嗜好品ですので、健康を損なわない程度の量にとどめるようにしましょう。