フレンチブルドッグの問題行動の原因とその対策法

フレンチブルドッグは比較的飼いやすい犬種だと言われています。しかし、ときには問題行動を起こしてしまうことがあるのも事実です。もちろん、どの飼い主の方も愛犬が穏やかに暮らせるように努力なさっているかと思います。では一体、問題行動の原因は何なのでしょうか。

問題行動の原因

基本的にフレンチブルドッグは穏やかな性格で社交性もあり、扱いやすいと言われています。しかし、飼い主のしつけ方や接し方によって問題行動を起こすようになることも。そこで、問題行動の原因として考えられる要因をまとめてみました。

飼い主が甘やかし過ぎている

非常に甘えん坊の性格で飼い主によく懐くフレンチブルドッグ。あまりの可愛さについつい甘やかしてしまうことも少なくありません。甘え上手に加え、頑固な性格も相まって、要求が叶うまで粘り強く待っているようなことも頻繁にあります。
そんな姿に飼い主が根負けし、要望を何でも聞いてしまうとわがままになり、飼い主の言うことに従わなくなってしまいます。

退屈でストレス

活発で明るい性格のフレンチブルドッグは、散歩を十分にさせていなかったり、構ってあげなかったりすると、遊んでもらいたくて飼い主の手を甘噛みするようなことがあります。
甘噛み程度なら問題なさそうに思うかもしれませんが、これがエスカレートすると本気で噛むようになり、下手をすると噛み癖がついてしまうことも珍しくありません。

社会化不足

子犬の時期にほかの犬や家族以外の人にあまり会ったりしていないと、必要以上に警戒したり、怖がったりして攻撃的な態度を取ることがあります。

フレンチブルドッグの問題行動とその対策法

フレンチブルドッグに起こりやすい問題行動とその対処法を覚えておきましょう。

噛み癖

フレンチブルドッグの問題行動でとくに心配なのが噛み癖。闘犬の血が入っているフレンチブルドッグはもともと噛むことを好む傾向があります。そのため子犬の時期に徹底して甘噛みを直さないと、手に負えなくなるほど本気で噛むようになり癖づいてしまうことも少なくありません。
噛んだときは「ダメ!」と言って叱ってください。そして、改善したらきちんと褒めてあげましょう。これを繰り返すことで噛み癖が直っていくはずです。
また、噛んでもよいのはおもちゃだけということも教えるようにしましょう。とくにロープなどの引っ張りっこができるおもちゃは、飼い主と遊べるのでおすすめです。

分離不安症

前述した通り、フレンチブルドッグは非常に甘えん坊で飼い主のそばにいることを大いに好みます。そのため、過保護になると飼い主に依存し過ぎて、少しでも飼い主の姿が見えなくなると不安(分離不安)になってしまうこともよくあるケースです。
分離不安になると吠え続けたり、破壊行動を起こしたりするため、留守番ができなくなってしまいます。そうならないためにも、子犬のころから適度な距離を保って接するようにしましょう。そして普段から犬をひとりにする時間を作ることも大切です。
最初は短時間から始めて様子を見ていき、飼い主がいつもいなくても大丈夫な状態に少しずつ慣らすようにしていきましょう。

飛びかかってくる

外出先から家に帰ってくると、犬が真っ先に飛びついてくることがあります。なんとも嬉しい光景かもしれませんが、これが習慣になると危険です。というのも、フレンチブルドッグは興奮しやすい一面があるため、散歩中などに知らない人に突然やってしまう可能性があるからです。相手にケガをさせては大変ですので、しっかりと直していきましょう。
もし飛びついてきたときは、とにかく無視するのが最も効果的です。1回教えただけではおそらく直りませんが、何回か続けていくうちに「飛びついても何もいいことがない」と認識し改善されていきます

まとめ

問題行動の原因は主に飼い主の甘やかしによるところが大きいと言われています。可愛がることと甘やかすことは全く別です。それをよく理解して、問題行動を起こすことのないように飼育していていきましょう。