チワワの逆くしゃみは病気が原因?

小型犬を飼っているとよく見かける犬の動作に「逆くしゃみ」というものがあります。特にチワワに多く、チワワを初めて飼った人は病気できないかと驚くことがあります。ほとんどの場合は心配がありませんが、中には同じような症状を起こす病気「気管虚脱」と間違えてしまうことも。逆くしゃみと気管虚脱のことを知って、チワワの症状が逆くしゃみかどうなのかを判断しましょう。

チワワの逆くしゃみとは?

逆くしゃみとは、チワワに限らず小型犬によくある症状です。
高齢の犬よりは若い犬に起こりやすく、ブーブーと豚の鳴き声のような音を立てて息を吸い込む動作をします。
初めて見た場合は、どこか具合が悪いのではないかと心配になるほど、一見苦しそうにも見えます。
犬がくしゃみを吸い込もうとしているようなので「逆くしゃみ」と呼ばれています。
ほとんどの場合、この発作は数秒で治まり、これが原因で意識を失ったり、倒れたりすることはありません。
特に治療も必要がない症状です。
逆くしゃみはチワワやプードル、パピヨンに多く、いつ起こるのか予測できないことも特徴です。
人間のしゃっくりに似た症状であるとも言えます。

チワワ

気管虚脱とは?

逆くしゃみと一見似た症状の病気に「気管虚脱」があります。
気管虚脱は気管が押し潰された状態になってしまう病気で「ガーガー」とガチョウのような音を立てて咳をします。
その症状は逆くしゃみよりも時間が長く、吐き気が起きることも多いです。ひどくなると呼吸困難やチアノーゼを起こす、とても危険な病気です。
気管虚脱は肥満、心臓疾患、慢性気管支炎にかかっているチワワにも症状が出ます。
気管虚脱と逆くしゃみの見分け方は、すぐに治まるか長く続いてしまうかということ、吐き気があるかないかということで区別をすることができますが、はっきりとした区別はつきにくいこともあります。
気になるときは動物病院で診てもらう方がいいでしょう。

チワワの逆くしゃみの対処法

逆くしゃみの原因ははっきりしたものはなく、突然症状が出ます。
飼い主としては、やはり症状を抑えてあげたいと思いますよね。
そんな時はチワワの鼻を手で塞いで口で呼吸させると症状がすぐに治まることがあります。
また犬の下を触って唾を飲み込ませたり、喉や胸部をマッサージしたりする方法が良い場合もあります。
簡単な方法で対処できる場合がありますので、いろいろと試してみて愛犬にピッタリの方法を見つけてみてください。

チワワの逆くしゃみは病気が原因? まとめ

チワワの逆くしゃみは、すぐに治まる場合はほとんど心配がありません。
しかし気管虚脱という病気と症状が似ているために、逆くしゃみだと思っているうちに気管虚脱を発症していることもあります。
区別がつきにくい場合は、逆くしゃみの動画を撮っておいて動物病院に持って行くといいでしょう。
気管虚脱は肥満や心臓疾患などにかかっているチワワも発症することがありますので、普段から体調に気をつけて肥満を防ぐようにしたいですね。