社会化不足のフレンチブルドッグはどんな問題が生じてしまうの?


犬の社会化とは?

生後2~4ヵ月頃の子犬期はまだ警戒心がなく、新しいものを素直に取り入れられる時期です。
そのため安心して暮らせるように、この時期、ほかの犬や人に会わせたり、知らない物音などに慣らせていったりしていくことを「社会化」と呼びます。

私達も小さい頃、ほかの子供達と一緒に遊ぶことを通じて、相手との接し方を学んでいきますよね。
それと同じように犬も子犬の時期にさまざまなことに慣れ、覚えていく必要があるのです。

犬と人とが一緒に生活する上で、社会化トレーニングは欠かせませんので、しっかりと行っていくようにしましょう。

社会化が不足するとどうなるの?

社会化を十分にしていないと将来、問題行動を起こす可能性があります。
また、飼い主やその家族だけでなく、ほかの犬や人にまで迷惑がかかることも。

社会化不足の犬は警戒心や恐怖心が強くなりがちです。
そのため、家の外から聞こえる人の声や物音に過剰に反応して、頻繁に吠えることも少なくありません。
しかし子犬の時期に慣らしておけば聞きなれない音でも、それらが危害を加えないものだとわかり、穏やかな状態でいられます。
吠え癖は一度ついてしまうと直すのが大変です。
その上、近所迷惑にもなるので気をつけなくてはなりません。

また、ほかの犬や家族以外の人とあまり接する機会がなく育った場合なども問題が生じる可能性が。
相手との接し方がわからず攻撃的な態度をとってしまうことがあります。
相手に向かって吠えるだけならまだよいものの、噛みついたりして大ケガを負わせてしまうかもしれません。
そうなっては散歩をさせるだけでも大変ですし、飼い主だけでなく犬自身にもストレスになってしまいます。

社会化をしても上手くいかない原因は?

飼い主の中には、社会化期にほかの犬や家族以外の人にたくさん会わせたのに、全然慣れずにトレーニングが失敗した、という方もいたりします。
確かにほかの犬や人に接する機会を多く作ることは大切です。
しかし、ただそうすればよいのではなく、肝心なのはそのとき愛犬に、「楽しかった」「怖くなくて、大丈夫だった」という状態にしてあげることです。

どんなにたくさんほかの犬にあっても恐怖感しかなく、ただ怯えているだけでは辛い経験となりトラウマになってしまいます。
したがって、知らない犬や人に接するきは、愛犬に声をかけたりして安心させてあげながら慣らすようにしましょう。

また、ほかの犬に慣れていない状態でドッグランのような犬がたくさんいる場所にいきなり連れて行くのは無謀です。
絶対にしないようにしてください。

まとめ

子犬の時期になるべく多くのことに慣れさせておくことで将来、犬も飼い主も落ち着いて暮らせるようになります。
また、散歩などを通じてほかの犬や人に接する以外にも、友人などに家に遊びに来てもらったりするのもよいかもしれませんね。
犬が見慣れない、聞きなれないことに対して「楽しい」という感覚を持つように、少しずつ教えていってあげるようにしましょう。