老犬のフレンチブルドッグにおすすめのおやつと与える際の注意点

老犬におすすめのおやつとは?

老犬になると消化機能が少しずつ低下していきます。
そのため、高タンパク質・低脂質のおやつにするようにしましょう。
とくに鶏のささみが原料のおやつなどはヘルシーで老犬に向いています。
また、食物繊維入りのクッキーなども消化を助ける役割があり、おすすめです。

おやつは柔らかくて食べやすいものにしてあげてください。
老犬用として噛みやすく作られたおやつも販売されています。
また、成犬期のときはガムのようなガシガシ噛める固いおやつを好むことも多いですが、老犬期になってからは注意が必要です。
歯もだんだん弱くなってきますので、夢中になって噛み過ぎると歯が欠ける恐れがあります。

おやつを与えるときの注意点

老犬になると運動量も減っていきます。
しかし、今までと変わらず食欲は旺盛のままということも。
そのような場合は、とくにおやつの量に気をつけてください。
成犬期と同じように与えているとカロリーオーバーで、肥満になってしまいます。
太り過ぎると内臓だけでなく足腰にも負担が大きくかかるため、ますます自由に動けなくなってしまうかもしれません。
フレンチブルドッグはもともと太りやすい体質ですが、老犬になるとさらに太りやすい傾向があるので、気をつけてください。

しかし全てのフレンチブルドッグがそのようなわけではなく逆に、以前大好きだったはずのおやつに興味を示さなくなることもあります。
そのような場合は無理に与える必要はありません。
おやつは食べなくても健康に差し障りはないので、食事をしっかり与えて栄養を摂取させていくようにしましょう。

おやつを遊びに取り入れよう

活発で遊ぶことが好きなフレンチブルドッグ。
しかし老犬になってくると成犬期のようには動けなくなっていきます。
そのため、活発な性格のフレンチブルドッグにとって、大人しくしているのは退屈に感じてしまうことでしょう。
中には、その状態がストレスで心身のバランスを崩してしまうことも。

こんなときに意外にも役に立つのがおやつです。
老犬は運動量が多い遊びはできないものの、ただ大人しくしているのも脳の働きが低下していくばかりでよくありません。
そこで、おやつを遊びに取り入れて刺激を与えることをおすすめします。
例えば、飼い主が部屋の中に数か所おやつを隠しておいて、犬が見つけたら食べられるという宝探しのようなことです。
こうすることで、フレンチブルドッグに刺激を与えながら、おやつも楽しんで食べさせることができます。

まとめ

老犬のフレンチブルドッグにはヘルシーなおやつを与えるようにしましょう。
カロリー控え目のものなどもありますので、さまざまな種類を見比べてみるのがよいのではないでしょうか。
また、おやつを遊びにも上手に活用してみてくださいね。
明るい性格のフレンチブルドッグにとっては、楽しみながらおやつが食べられて、よい刺激になるはずです。