アイリッシュウルフハウンドの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

アイリッシュウルフハウンド

アイリッシュウルフハウンドは、アイルランドを原産とする超大型犬です。

オオカミから家畜を守ることを目的に大型化された犬種で体高は80cmを超え、あらゆる犬種の中で最も大きな体高を持つと言われています。

その大きな体に似合わず穏やかな気性をしていることから、ペットとしても人気があります。

アイリッシュウルフハウンドの歴史

アイリッシュウルフハウンドの歴史
~ルーツ~

アイリッシュウルフハウンドの祖先犬は、紀元前273年前頃から存在しており、紀元前14世紀から15世紀頃にアイルランドに渡ってきたと考えられています。

最初の記録に残っているのは、紀元前391年のローマへ献上された内容のもので、当時は闘犬として活躍しラインオンやトラをも相手に戦う勇敢な犬として「すべてのローマ人が驚きを持ってみた」という文章が残っているそうです。

その後のアイルランドでは、オオカミから家畜を守るための犬としてこの犬を大型化することになりました。
体重800kgものヘラジカを仕留める猟犬としても活躍し、現地の言葉で勇敢な猟犬を意味する「ク・フォアイル」と呼ばれていたそうです。

また、大型化と同時に農家でも飼いやすいよう従順で辛抱強い性格も与えられました。

勇敢な猟犬としても優秀で、さらに扱いやすい性格を持っていることからも尊ばれ、民話や伝説にも多く伝えられており、ヨーロッパ貴族などの裕福な家庭で人気がありました。

アイリッシュウルフハウンドの歴史
~新生アイリッシュウルフハウンドの誕生まで~

その後18世紀中頃、オオカミの駆除が進められることになるとアイリッシュウルフハウンドは活躍の場を失くし、その数を大幅に減らしていくことになりました。
さらに追い打ちをかけるように1845年のアイルランドを襲った大飢饉によってアイリッシュウルフハウンドは絶滅寸前まで追い詰められてしまいます。

しかしその後、熱心な愛好家であったスコットランド出身の陸軍大尉グラハム氏によって、復活が図られることになります。

数少ない純血種を保護し、性質の似たボルゾイやグレートデン、スコティッシュディアハウンドなどの犬種と掛け合わせることで近親交配を避けながら個体数を増やしていきます。

そして、1870年代にはドッグショーに出陳されることになりました。
そのドッグショーで新生アイリッシュウルフハウンドの風格ある姿と優しい性格が好評を受けることになります。

そして、この時の犬が犬種標準(スタンダード)として設定され、1885年にアイリッシュウルフハウンドクラブが設立、その後1925年にはイギリスのケネルクラブで犬種として認定されました。

アイリッシュウルフハウンドの特徴

  • 世界で最も大きな超大型犬
  • 速さと力強さを兼ね揃えた犬
  • 硬い毛質の中長毛
  • 毛色は、グレーやレッド、フォーンなどブリンドル。他にもブラック・ピュアホワイトなど

特徴① ~大きさや身体的特徴~

アイリッシュウルフハウンドは、体高76~86cm体重48~55kgの超大型犬です。
個体によっては体高が100cmを超えることもあり、「世界で最も大きな犬」として取り上げられることも多い犬種で、体の大きさがこの犬種の最大の特徴となります。

サイトハウンドの特徴が強く引き継がれており脚や首が長く、兄弟犬ディアハウンドと類似点が多いです。

歩く様はゆっくりで優雅さを感じさせますが、ひとたび走り出せば力強くも俊敏です。
「1頭だけでオオカミに対峙できるのはアイリッシュウルフハウンドただ一犬種」だと言われているほど、速さと力強さ、勇敢な心を持ち合わせています。

特徴② ~被毛の種類や毛色~

被毛は、剛毛で粗い毛質をした中長毛で、特に目の周りやあごにはワイヤーのような硬い被毛を持っています。
この毛並みで寒さや湿気、さらにはケガからも身を守っていました。

毛色は豊富なバリュエーションがありますが、グレーやレッド、フォーンを中心にブラックや褐色が入っているブリンドルなどがあります。

その他にも、ブラック、ピュアホワイトなどもあります。

アイリッシュウルフハウンドの価格相場

子犬の価格相場

アイリッシュウルフハウンドの子犬の販売価格は25~35万円程度です。

国内では、希少な犬種なうえ繁殖までにかかる費用も高くつくことが多いため、子犬の販売価格も高く設定されるようです。

価格相場の違い

一般的に子犬の販売価格は、その犬の「血統」「容姿」「月齢」「性別」「毛色」などから価格が決められています。

◆血統

価格が決まる上で最も大きな要因になるのが「血統」です。
親犬がチャンピオン犬などの血統の良い子犬の場合には100万円に近い価格が付けられることもあるようです。

◆毛色

希少かつ人気カラーである「ホワイト」の毛並みを持つ場合には50万円を超えることがあるようです。

◆性別(大きさ)

アイリッシュウルフハウンドを購入する上で、最大の特徴である「大きさ」は重要な要素となります。
そのため、メスよりもオスの方が大きくなるため比較的小さなメスのほうは価格が安くなるようです。

◆その他

アイリッシュウルフハウンドは、「股関節形成不全」を起こしやすい犬種です。
遺伝的な疾患であるために、子犬を選ぶ際には親犬にこの病気がないかなど健康に関する情報を確認しておくことをおすすめします。

中にはすでにブリーダーさんによってそれらの疾患の検査を終えている子犬がいます。
その場合には、検査分としての費用が入って販売価格もやや高くなっていることもあるようです。

子犬はブリーダーから

アイリッシュウルフハウンドは、希少な犬種なうえ、生後4か月の時点ですでに体重20kg前後にもなる超大型犬のため、ペットショップでの展示販売には向いていません。

子犬を迎える場合には、ブリーダーからの購入が一般的となります。
できればアイリッシュウルフハウンドを専門に繁殖を行っているブリーダーから購入することをおすすめします。

それでも国内にはブリーダーの数も多くはないため、海外からの輸入も視野に入れておいた方が良いでしょう。

ペットショップなどで輸入代行を受けている場合もありますが、輸入にかかる手続きや費用も必要となってくるため、初期費用はできるだけ多めに見積もっておいた方が良いでしょう。

ハッピーバースデー! 犬の誕生日をケーキで祝おう!

2018.07.31

アイリッシュウルフハウンドの性格・気質

  • 優しく穏やかな「ジェントルマン・ドッグ」
  • 忍耐強くしつけやすい
  • デリケートな一面も
  • フレンドリーで子どもの遊び相手にも

性格・気質① ~体に似合わぬ優しい心の持ち主~

世界一とも言われる大きい体を持っているアイリッシュウルフハウンドですが、性格は穏やかで優しいことで知られています。
子どもや他の犬とも仲良くすることができるフレンドリーな性格でもあります。

飼い主に対しては愛情深く忠実なので、超大型犬でもしつけやすく飼いやすい犬だと言われています。
その心優しい性格からは「ジェントルマン・ドッグ」とも呼ばれているほどです。

性格・気質② ~猟犬としての名残も~

かつてはオオカミを相手に戦っていた勇敢な心の持ち主ですが、攻撃性は少ないです。
見知らぬ人に対してもそれほど強い警戒心は持たないことが多いため、番犬としても向いていません。

ただし、猟犬として活躍していただけのことはあり、動くものに反応してしまう狩猟本能は持ち合わせているようです。

また、とても忍耐強い犬種ですが、一方で感受性豊かなデリケートな一面も持ち合わせているため注意が必要です。

性格・気質③ ~オスとメスの違い~

アイリッシュウルフハウンドのオスは、メスよりも甘えん坊な傾向が強くあるようです。
一方でメスは、オスよりも穏やかな性質を持ち合わせているようです。

アイリッシュウルフハウンドの飼い方・しつけ

飼い方① 飼育環境

巨体の持ち主ではありますが、家族と一緒に過ごすことを好む犬種なので、外飼いよりは室内での飼育に向いている犬種です。
アイリッシュウルフハウンドの体に見合う広めの飼育スペースを確保してあげましょう。

室内では、重たい体を支える足腰への負担とならないよう、フローリングには絨毯やすべり止めマットを敷いて安全対策をしてあげましょう。
階段の上り下りも避けた方が良いでしょう。

さらに寝床が硬い床だと、体重が重いがために腕や足にタコができてしまいがちなので、柔らかくて大きなベッドを準備して快適な寝床にしてあげましょう。

室内に加えて、軽く運動できるような庭がある環境が理想的です。
庭に放す場合には、通りの自転車やバイクなどを目にして狩猟本能が働いてしまうこともあるため、飛び越えられない高さのあるフェンスなどを設置して脱走対策をしっかり取っておきましょう。

飼い方② 散歩や運動

超大型犬のハウンド犬種とだけあって運動量は多く必要とします。
さらに太りやすい体質を持っている犬種でもあるため、食事と運動の管理をしっかりと行ってあげましょう。

また、重たい体を支えるための筋肉、丈夫な足腰と関節を作っていくことに気を付けてあげてください。
特に成長期である子犬期には関節への負担を和らげるためにも、固いアスファルト上での散歩よりも柔らかい地面での運動がおすすめです。

散歩は1日2回、それぞれ1時間程度を目安に行ってあげましょう。
それに加えてドッグランや庭などの広場で自由運動をさせてあげると良いでしょう。

散歩のときには、狩猟本能から突然走り出してしまうこともあるため、いざという時でもその力を制御できる人がリードを持っておくこと、リーダーウォークを習得しておくことは超大型犬を飼育する上で必須です。

しつけ① 良犬の素質を活かせるのは飼い主次第

アイリッシュウルフハウンドは心優しく穏やかな性質を持った犬種ではありますが、その性質を活かせるのは飼い主次第です。

適さない育て方をされた場合には、攻撃性を見せるような見た目通りの怖い犬になってしまうことも否定はできません。
愛情と甘やかすことの違いを理解して、アイリッシュウルフハウンドから信頼されるリーダーとなってしつけていきましょう。

アイリッシュウルフハウンドは、力が強いために力で制したくなることもあるかもしれませんが、決して体罰を与えたり厳しく叱りつけるようなことはしないでください。
感受性豊かでデリケートな一面を持った犬種なので、場合によっては信頼関係を壊しストレスを与えてしまうことにもなります。

褒めながら伸ばして根気強くしつけていきましょう。

しつけ② しつけ教室への参加

アイリッシュウルフハウンドはしつけやすい犬種ではありますが、他の犬や飼い主以外の人がいる環境下でもコマンドに従うことを学べるしつけ教室に参加することをおすすめします。

また、超大型犬のアイリッシュウルフハウンドにとって社会化は欠かせません。
そういった社会性を学ぶ場ともなり得るため、子犬のうちから他の犬や知らない人と接する機会を設けるためにも参加してみると良いでしょう。

犬のしつけの基本。しつけのポイントをご紹介

2018.06.30

しつけ③ リーダーウォーク

超大型犬のしつけに欠かせないのがリーダーウォークです。

散歩中などにリードを強く引っ張ることで、アイリッシュウルフハウンドと飼い主の両者への体の負担となってしまいます。
また、超大型犬を連れている飼い主が引っ張られているようでは、周囲の人も心配してしまうでしょう。

他の犬や動物、自転車などの動くものを見ると狩猟本能が目覚めてしまうこともあるため、落ち着いて散歩ができるようリーダーウォークを習得しておきましょう。

リーダーウォークの基本は、リードを短めにゆるく持ち、飼い主が行く方向を決めて先導することです。
必要であればプロのトレーナーの指示の元でトレーニングしておくことも考慮しておきましょう。

アイリッシュウルフハウンドのお手入れ

アイリッシュウルフハウンド

お手入れ① 抜け毛や体臭について

アイリッシュウルフハウンドは、本来抜け毛が少ないと言われる犬種ですが、その体の大きさ故に抜け毛が気になる場合があるかもしれません。
体臭に関しても、比較的体臭が少ない犬種ではありますが、やはりその体の大きさなので匂いがしないというわけでもありません。

お手入れ② 必要なお手入れ

アイリッシュウルフハウンドの硬めの被毛のお手入れは比較的簡単です。

少なくても週2~3日のブラッシングで抜け毛を取り除いて毛並みを整えてあげましょう。
体が大きいため時間もかかるので、部分的に分けて毎日ブラッシングをかけてあげても良いでしょう。

それに加えて定期的なシャンプーや、目の周りなどの毛を部分的にカットしてあげるようにしましょう。

必要に応じてトリミングサロンにお願いするなどして、耳掃除や爪切りなどのトータルケアも行うようにしましょう。

アイリッシュウルフハウンドの注意する病気

アイリッシュウルフハウンドは、遺伝的な疾患である「股関節形成不全」や「拡張型心筋症」などの心臓疾患や、超大型犬のため「胃捻転」に注意しておきましょう。

さらに、見た目の割にデリケートな心を持った犬種でもあるため、ストレスなどの精神面から下痢や食欲不振などを起こすこともあります。
普段から愛犬の様子を観察してようにしましょう。

アイリッシュウルフハウンド

注意する病気①『胃捻転』

大型犬に発症しやすい、胃がねじれてしまう病気です。
特に胸が深い犬種が発症しやすく、アイリッシュウルフハウンドにおいても注意しなければなりません。

胃がねじれると周囲の血管や消化機能に影響を与え、胃の中でガスを発生させながら胃が膨らみ周囲の臓器まで圧迫します。ショックを起こすことによって最悪の場合死に至る病気です。

原因は詳しく分かっていませんが、加齢や、早食い早飲み、食後すぐの運動などによって発症しやすくなると言われており、発症は食後数時間経ってから、夜中~明け方に多い傾向があるようです。
腹部が膨らんで見える、嘔吐やゲップ、吐こうとしても吐けない、水を大量に飲む、食欲不振などの症状が見られます。

症状が現れたら、例え夜間であってもすぐに動物病院に連れて行きましょう。
アイリッシュウルフハウンドを飼うと決めた時点で、夜間対応してくれる動物病院をリサーチしておくことをおすすめします。

注意する病気②『股関節形成不全』

股関節形成不全は、股関節の発育または成長に異常が見られる疾患のことです。
成長期の急激な体重の増加と活発に動くことで骨と筋肉のバランスが崩れ、生後6カ月頃から徐々に異常が見られるようになり、不自然な歩き方をする症状が見られます。
軽症であれば安静に過ごすことで関節が正常に成長するのを待ちますが、重症の場合には外科手術が必要となります。

遺伝的要因も多い病気と考えられているため、親犬に股関節の異常が見られないかを確認することも大切ですが、子犬の頃から食事と運動のバランスをしっかり管理して、異常にすぐ気付けるよう日々観察していきましょう。

注意する病気③『拡張型心筋症』

拡張型心筋症は、心臓が肥大して正常に働くなる遺伝的要因のある病気のことで、加齢に伴い発生率が高まります。
血液が全身に送り出せなくなることによって、失神、腹部の腫れ、元気消失、咳・呼吸が荒いなどの症状が見られ、最悪の場合には突然死することもあります。

治療法は内科療法での対処療法となり、生涯投薬していく必要があります。
予防法はなく、症状が見られた時点で進行していることも多い病気のため、定期健診を受けることで早期発見に努めることが大切です。

アイリッシュウルフハウンドのミックス犬

国内では純血種ですら珍しい犬種なので、ミックス犬においても数は多くありません。
それでも大型犬の人気が高い海外ではたくさんの種類のアイリッシュウルフハウンドのミックス犬が飼われているようです。

ミックス犬の人気の種類ベスト10

2018.02.08

ミックス犬①『アイリッシュウルフハウンド×ハスキー』

日本でも知名度の高い「シベリアンハスキー」とのミックス犬です。
クールな見た目をしたハスキーですが、アイリッシュウルフハウンド同様見た目に似合わずフレンドリーで明るくやんちゃな性格の持ち主です。

ミックス犬②『アイリッシュウルフハウンド×シェパード』

警察犬や使役犬として優秀な「ジャーマンシェパード」とのミックス犬です。
しつけやすいアイリッシュウルフハウンドと訓練性能が高いシェパードとのミックス犬ですので、家庭犬としてだけでなく、使役犬としても優秀な能力を身に付けていることでしょう。

ミックス犬③『アイリッシュウルフハウンド×グレートデン』

世界最大の犬としてギネスにも公認されている犬種「グレートデン」とのミックス犬です。
最大犬種1・2位を争う犬種同士なので、ミックス犬においても巨体を持つことは間違いありません。

さらに「ジェントルマン・ドッグ」と呼ばれるアイリッシュウルフハウンドと「優しい巨人」と言われるグレートデンとの掛け合わせですので、そのミックス犬においても巨体ながらも優しい心を持ち合わせていることでしょう。

アイリッシュウルフハウンドを飼うのに向いている飼い主は?

アイリッシュウルフハウンドは優しい性格としつけやすさからも飼いやすいと言われる犬種です。
それでも、やはり超大型犬のため誰にでも飼える犬種というわけではありません。

毎日散歩に連れて行くための体力と時間、超大型犬に相応する飼育費用も必要なので経済力も必要です。

そして何よりも生涯飼育していく覚悟が必要です。
病気になった時に巨体を持つアイリッシュウルフハウンドの介護ができるかどうかも含めて、よく検討した上で迎えられる人に向いている犬種だと言えるでしょう。

マンション・一人暮らしでも飼育できる?

比較的無駄吠えが少ないと言われる犬種ですが、十分な広さの飼育スペースの確保すること、また介護が必要になった時の移動を考えるとマンションでの飼育には向いていないでしょう。

また、留守がちな一人暮らしの人よりも、家族みんなでお世話ができるような家庭向けの犬種です。

小さな子どもや高齢者がいる家庭でも飼育できる?

優しく穏やかな犬種なので、小さな子どもさんや高齢者がいらっしゃるご家庭でも飼育することはできるでしょう。
しかし、自分の体の大きさを考えずに大きく反応し、周りに被害を及ぼすこともあるため注意は必要です。

また、散歩中には突然走り出してしまうことも考えられるため、子どもさんや高齢者だけで散歩するのは避けましょう。

アイリッシュウルフハウンドの寿命

アイリッシュウルフハウンドの平均寿命は、6~8歳と言われています。
大きく丈夫そうな見た目とは反して、短命の犬種として知られています。

一般的に犬の寿命は、体が大きいほど短い傾向がありアイリッシュウルフハウンドも例外ではなく、10歳まで生きられたら珍しいほどです。

少しでも長くアイリッシュウルフハウンドと過ごすためにも日々の食事や運動に気を付けて健康を管理し、短い時間でも幸せで充実した毎日が送られるようにしてあげたいものです。

この記事のまとめ

アイリッシュウルフハウンドはこんな犬
  • 世界一とも言われる超大型犬
  • 性格:優しく穏やか。デリケートで傷つきやすい一面も。
  • 粗い毛質をした中長毛
  • 毛色はグレー、レッド、フォーンなどブリンドル。
    他にもブラック、ピュアホワイトなど多彩にあり
  • 忍耐強くしつけやすい犬種。超大型犬のためリーダーウォークの習得は必須。
  • 注意したい病気:「股関節形成不全」、心筋症などの「心臓疾患」「胃捻転」など。
    ストレスからの不調にも注意を。
  • 子犬の販売価格:25~35万円
  • 平均寿命:6~8歳の短命犬種

アイリッシュウルフハウンドについて さいごに

日本の住宅事情ではなかなか飼育することが難しく、実際にJKCへの登録数も毎年20~30頭程度しかない希少な犬種です。

最大を誇る超大型犬に惹かれて飼ってみたいと考える人は多いでしょう。
それでも、誰にでも飼える犬種というわけではないことを理解して諦めることも時には必要かもしれません。

短命のアイリッシュウルフハウンドの生涯を幸せにしてあげられる人に迎えてもらいたいですね。