フレンチブルドッグの涙やけの改善方法は?


涙やけとは?

涙やけとは目の下や目の周りが茶色く変色してしまう症状です。
涙やけを起こしやすい犬種はトイプードル、シーズー、マルチーズ、フレンチブルドッグ、チワワ、ペキニーズ、ポメラニアンで、小型犬で短頭種の目が大きい犬が多いです。
涙やけの正体は、その名の通り「涙」です。
涙を排出する鼻涙管が詰まって涙が溢れてしまうことによって目の周りの皮膚がただれてしまいます。
細菌が繁殖して臭いが強くなってしまうこともあります。
涙が毛に付着すると酸化して赤茶色に変色してしまいます。
白っぽい長毛の犬の場合、一度涙やけをおこしてしまうと、トリミングしてもなかなかきれいにならず、目の周りが茶色いままになってしまうことがあり、飼い主さんの悩みの種になってしまうことも多いです。

涙やけの原因は?

涙やけを起こすには、いくつかの原因が考えられます。
単純な原因としては、目が大きいためにゴミが入りやすく、涙がたくさん出てしまって涙やけとなってしまうものです。
鼻涙管閉塞、鼻涙管狭窄という病気も涙やけを起こします。
この病気になると涙が目の外に大量に溢れ出てしまうために、常に目の周りが涙で濡れているという状態になります。

意外な原因としては、毎日食べているドッグフードが合わない、アレルギーである、ということがあります。
涙に含まれるタンパク質は、毎日食べているドッグフードのタンパク成分です。
フードのタンパク質の量や質が体質に合わない、アレルギーであるという場合、涙やけがひどくなってしまうことがあります。
ドッグフードでアレルギーを起こしてしまう場合は、ドッグフードに含まれている添加物が原因である場合も多いので、ドッグフード選びには注意する必要があります。

涙やけの改善方法は?

ゴミが入ってしまったという単純な原因の場合は、点眼液で改善することが多いです。
涙やけをした毛をふき取ることできれいにしてくれる効果がある涙やけ専用のローションも市販されていますので利用するのもいいでしょう。
温かいタオルで目の周りと鼻筋をやさしくマッサージすると、鼻涙管の流れを良くして、血行も良くすることができます。
マッサージされると気分も良いので、フレンチブルドッグのストレス解消にも役立ちそうです。

そして意外と多いドッグフードのアレルギーによる涙やけは、良質なドッグフード選びが大切です。
添加物が含まれていなくて、良質なタンパク質がたっぷりのドッグフードを選ぶようにしたいですね。
良質なドッグフードは涙やけだけでなく、様々な病気の予防や長寿にもつながりますので、口コミなどを参考にして選ぶようにしましょう。
動物病院で鼻涙管を洗浄するという方法もありますが、一時的な改善法であり、なかなか完治にはつながりにくいようです。
涙やけの改善法は原因によって異なりますので、愛犬のフレンチブルドッグに合った改善法を見つけてあげたいものですね。

まとめ

フレンチブルドッグは涙やけを起こしやすい犬種です。
原因は鼻涙管が詰まっていることもありますが、意外とドッグフードのアレルギーであることも多いです。
完治することは難しい涙やけですが、ドッグフードが原因の場合、フードを良質なものに変えたら改善されたということも多いようです。
すっきりした目元を取り戻すためにも、最適な改善方法を見つけてあげてくださいね。