愛犬と行くおすすめレジャースポット 神奈川県編


山下公園

横浜の代表的な観光地のひとつである山下公園。
週末は家族連れやカップルで賑わっています。
公園の目の前には海が広がっており、ベイブリッジやみなとみらいの景色を楽しみながら愛犬と散歩できるのが嬉しいところです。
また、芝生のエリアもあるので、そこでレジャーシートを広げてお弁当を食べたり、昼寝をしてのんびり過ごしたりするのもよいでしょう。
山下公園周辺には赤レンガ倉庫、大さん橋、横浜中華街などの人気観光スポットもあります。
どこも犬同伴OKのところなので、愛犬と存分に一日、楽しめるでしょう。

詳細

  • 住所:神奈川県横浜市中区山下町279
  • 電話:045-671-3648(横浜市都心公園担当)
  • 営業時間:終日解放
  • 休業日:年中無休
  • 入場料:無料
  • ホームページ:『山下公園』

京急油壷マリンパーク

三浦半島の南部に位置する油壷マリンパークは、エリアごとにペンギンやカワウソなどの様々な生き物が見られるほか、イルカやアシカのパフォーマンスショーも楽しめます。
園内は犬も同伴可能で、ドッグランも設けられているので、犬も思いっきり遊べるでしょう。
入園の際は狂犬病予防注射済票、又は、犬鑑札+狂犬病予防接種証明書のどちらかが必要なため、忘れずに持参してください。

詳細

  • 住所:神奈川県三浦市三崎町小網代1082
  • 電話:046-880-0152
  • 営業時間:9:00~17:00 ※ゴールデンウィークは異なる
  • 休業日:年中無休
  • 入場料:大人(高校生以上)1700円/ 中学生1300円/ 小学生850円/ 幼児(3歳以上)450円/ ペット500円
  • ホームページ:『京急油壷マリンパーク』

江の島

言わずと知れた湘南の観光名所の江の島。
島内には植物園や展望灯台などがあるほか、江の島の特産品であるしらすを使った料理なども堪能できます。
参道はリードをつけていれば犬も普通に歩かせて大丈夫ですが、植物園と展望灯台を利用するときは、ケージやキャリーバックに入れないと入場できません。
また、江の島周辺のカフェやレストランは犬同伴でも大丈夫なところが多いので、歩き疲れたらゆっくりとお茶をしながら過ごすのもよいかもしれません。

詳細

  • 住所:神奈川県藤沢市江の島2丁目3番地
  • 電話:0466-23-2400()
  • 営業時間:9:00~20:00
  • 休業日:年中無休
  • 入場料:無料 ※但し、植物園(サムエル・コッキング苑)大人200円/ 子供100円 展望灯台(江の島シーキャンドル)大人500円/ 小人250円
  • ホームページ:『江の島』

さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト

さがみ湖リゾートプレジャーフォレストは遊園地のほかにキャンプやバーベキュー等のアウトドア施設が組み合わさったレジャースポットです。
敷地内はリードを付ければ犬の同伴は可能ですが、狂犬病の予防接種を済ませていないと入園できません。
30種類のアトラクションで遊べる遊園地エリアには、ドッグフィールドが設けられており、犬がリードなしで自由に遊べることができます。
関東最大規模を誇るバーベキュー場では、食材、道具、火おこしがセットになったプランも用意されているため、手ぶらで行って楽しむことも可能です。

詳細

  • 住所:神奈川県相模原市緑区若柳1634番地
  • 電話:042-685-1111
  • 営業時間:平日10:00~16:30 土日・祝日9:00~17:00
  • 休業日:木曜日
  • 入場料:大人1700円/ 小人・シニア1000円/ ペット1000円
  • ホームページ:『さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト』

県立三ツ池公園

さくらの名所100選に選ばれている自然豊かな県立三ツ池公園。
30ヘクタールもの広大な敷地には、森の中を散策する散歩コースと、公園の中央に位置する3つの池の周りを散歩できるコースとがあり、愛犬とのんびりするのにぴったりの場所です。
また、森の中にはアスレチックもあるほか、木々のあいだを通りぬけてすべる、人気のロングすべり台などもあります。

詳細

  • 住所:神奈川県横浜市鶴見区三ツ池公園1-1
  • 電話:045-581-0287
  • 営業時間:終日解放
  • 休業日:年中無休(年末年始を除く)
  • 入場料:無料
  • ホームページ:『県立三ツ池公園』