チワワはヘルニアになりやすい?原因と予防法

チワワはヘルニアになりやすい犬種と言われています。ヘルニアには種類があり、特にチワワがなりやすいのは椎間板ヘルニアと呼ばれるものです。椎間板ヘルニアは悪化すると歩くこともできなくなってしまいますので、早目の対処が必要です。しかし原因を知ることによって予防することも可能です。チワワにできるだけ辛い思いをさせないように、ヘルニアについていろいろと知っておきましょう。

チワワがなりやすいヘルニアとは?

チワワが一番なりやすい~椎間板ヘルニア

チワワが一番なりやすいヘルニアは椎間板ヘルニアです。
背骨を連結させている椎間板が変形して脊髄を圧迫することによって痛みが生じる病気です。
主に背骨に沿って痛みが出てきます。
悪化すると後足がマヒして歩けなくなってしまいます。

チワワはこちらも注意~そけいヘルニア・へそヘルニア

椎間板ヘルニアだけでなく、そけいヘルニア、へそヘルニアもチワワがなりやすいヘルニアです。
このヘルニアは脱腸が特徴です。足の付け根であるそけい部の隙間から腸の一部が飛び出すのがそけいヘルニア、へその部分が膨らんでしまうのがへそヘルニアです。

ヘルニアの原因と症状は?

チワワの椎間板ヘルニア 原因と症状

椎間板ヘルニアは老化や肥満、激しい運動が原因となって起こります。
症状は、痛みがあるので動くのを嫌がる、触ると痛がって鳴く、腰を曲げて震えるなどです。

チワワのそけいヘルニア・へそヘルニア 原因と症状

そけいヘルニア、へそヘルニアの原因はそけい部、へそがぽっこりと膨らみます。
元気がなくなる、食欲不振になるなどの症状が出ることもあります。

ヘルニアの治療と予防法は?

チワワの椎間板ヘルニア 治療と予防法

椎間板ヘルニアの治療はステロイドなどの消炎剤で症状を抑える内科療法と、レーザー治療や手術などの外科療法が行われます。
予防法は、太らせないようにする、高い所から飛び降りるなどの上下運動を避けるようにする、部屋のフローリングに絨毯を敷くなどして滑らないようにすることなどで、ある程度予防することができます。

チワワのそけいヘルニア・へそヘルニア 治療と予防法

そけいヘルニアとへそヘルニアは遺伝的な要素が大きく、予防が難しいです。
患部に膨らみが出た場合でも自然に治ることも多いです。
しかし常にチワワの様子を観察して、変わったところがあればすぐに動物病院で診てもらうようにしましょう。
そけいヘルニアとへそヘルニアの治療は脱腸を戻して隙間を防ぐ外科手術が行われることが多いようです。

チワワはヘルニアになりやすい?原因と予防法 まとめ

チワワがなりやすいヘルニアは椎間板ヘルニアですが、他のヘルニアも発症率は低くありません。
椎間板ヘルニアが悪化した場合、痛い思いをさせてしまうだけではなく、最悪の場合は歩くことができなくなりますので、早目の治療が必要です。
また日頃から滑らないようにする、太らせないようにするなどの対処で発症を抑えることができますので、チワワの繊細な体を守るために、日常の生活を工夫してあげたいものですね。