愛犬と行けるおすすめカフェ香川県編


香川県の基本情報

川
香川県の基本情報
  • 地方:四国地方

四国の北東部に位置し、日本最小の面積。

  • 県庁所在地:高松市
  • 香川県の名産品と言えば、
    うどん県としても有名な香川の人気「讃岐うどん」
    日本のオリーブ栽培発祥の地としても有名「オリーブ」
    隠れご当地グルメ「骨付鶏」 などがあり
  • 名所と言えば、
    400年近い歴史を誇る江戸初期の大名庭園「栗林公園」
    「こんぴらさん」の名称で親しまれている「金刀比羅宮」
    瀬戸内海では淡路島に次いで2番目に広い島「小豆島」 などが有名
  • 犬の飼育登録数:70,656頭(2018年度現在)
    人口に対する犬の飼育率が全国1番
  • 犬の引き取り(殺処分)数も全国1番、大きな課題となっている

 

おすすめドッグカフェ① 「ごはんとおやつの店 とんとん」

香川市にあるトリミングサロンが併設されたカフェで、テラス席で愛犬と同伴することができます。
お店は、池のほとりにある隠れ家的なおしゃれなお店です。

犬専用メニューはありませんが、人用のメニューは、「身体にやさしいごはんとおやつ、丁寧に入れた珈琲」を提供しており、ドレッシングやなども手作りで提供しています。
パスタや日替わりラン チなどがあり、ランチは11時から17時半まで利用できるのが便利です。

詳細

  • 住所: 香川県高松市香川町大野2381-7
  • 電話: 087-885-3451
  • 営業時間: 11:00~18:00(L.O17:30)
  • 定休日: 水曜日
  • ホームページ:『とんとん』

おすすめドッグカフェ② 「カフェ ブブカーネ」

丸亀市にある大人の隠れ家的なダイニングカフェです。
店長が犬好きということでマナーが守れる場合のみ愛犬の同伴OKのカフェです。
店長が飼っているゴールデンレトリバーも顔を出すことがあります。

犬専用メニューはありませんが、人用はイタリアンをベースとした幅広いメニューと豊富なドリンクメニューがあり、また季節ごとの味わえるメニューもおすすめです。

詳細

  • 住所: 香川県丸亀市田村町1766-10
  • 電話: 0877-24-0723
  • 営業時間: (平日)11:30~15:30/17:30~24:00/(土日祝)11:30~24:00
  • 定休日: 水曜日(祝日の場合は営業)
  • ホームページ:『カフェ ブブカーネ』
おやつ,食事,ドックフード

おすすめドッグカフェ③ 「m’s farmかふぇ」

綾歌郡のドッグランが併設されたカフェです。
緑に囲まれたお店で、雰囲気や居心地が良く、アットホームなお店です。
フローリストがプロデュースしている生花や雑貨も販売されていて、毎月ワークショップの開催や、春にはフリーマケットも開催しています。

モーニングセットの珈琲と紅茶はポットサービスという斬新なサービスがあり、2・3杯分ゆっくりと過ごすことができるおすすめカフェです。

詳細

  • 住所: 綾歌郡綾川町千疋矢坪2356
  • 電話: 087-813-5551
  • 営業時間: (土日)09:00~16:00[土日]10:00~16:00
  • 定休日: 水、木曜日※臨時休業あり
  • ホームページ:『m’s farmかふぇ』

おすすめドッグカフェ④ 「wag dog life work ワグドッグライフワーク」

高松市のトリミング・ホテルを併設したドッグカフェです。
ナチュラルな北欧インテリアで、テンションの上がるかわいいお店です。
店内には、ペットグッズも販売されていて、どれもこだわりが高くセンスの良い商品を扱っています。

食事は犬専用メニューもあるので、愛犬と一緒に行けるおすすめのカフェです。

詳細

  • 住所: 香川県高松市林町2507-6
  • 電話: 087-869-2236
  • 営業時間: 10:00~19:00
  • 定休日: 毎週水曜日、第1・3火曜日
  • ホームページ:『ワグドッグライフワーク』

おすすめドッグカフェ⑤ 「1×1CAFE ワンワンカフェ」

琴平線片原町駅から徒歩3分、片原町商店街を抜けて道を渡った場所にあるカフェです。
外観にはフレンチブルドッグの後ろ姿が描かれていてインパクト大。
店内に入ると可愛いフレンチブルドッグの看板犬がお出迎えしてくれます。
ランチメニューは500円からとリーズナブルな料金もうれしいおすすめのお店です。

詳細

  • 住所: 香川県高松市通町5-5
  • 電話: 087-821-2260
  • 営業時間: 9:00~19:00
  • 定休日: 日曜、祝祭日、水曜日
  • ホームページ:『1×1CAFE』

愛犬とのおでかけ「ドッグカフェ」での注意点

愛犬と一緒に入れる飲食店のことを「ドッグカフェ」と呼びます。
愛犬を連れて食事やドリンクが楽しめるくつろぎの時間を過ごせる場所です。

しかし、そこはやはり公共の場であって、ましてや飲食店でもあります。
みんなが気持ちよく利用するためには一人ひとりがルールやマナーを守ることが大切です。

ドッグカフェへ行く前に

①狂犬病・ワクチン予防注射・ノミダニ予防を受けておくこと
ドッグカフェに限りませんが公共の施設を利用する際には、狂犬病・混合ワクチンの予防接種を1年以内に受けていることが必要です。
また、ノミ・ダニの排除・予防をしておくことも必要です。

たくさんの犬が利用する場所でもありますので、中には狂犬病やその他の感染病のリスクを持った犬が利用していないとは100%言い切ることはできません。

そういった感染病を移される、または移してしまわないためにも、必ず狂犬病・ワクチン予防注射を受けておくようにしましょう。
また、お店によっては「注射済票」の提示を求められることもあります。

②基本的なしつけをしておくこと
犬にとってドッグカフェは、食べ物のおいしい匂いと、他の犬がたくさんいる刺激の多い場所となります。
しかし、他のお客様も利用する食事をする場なので、店内では飼い主さんの足元で落ち着いて過ごせるようにしつけておきましょう。

最低限「おすわり」「マテ」のしつけと、社会性を身に付けておくこと、粗相をしないようトイレのしつけをしておくことが必要です。
また、無駄吠えをしない、噛まないなどの条件も必要です。

ドッグカフェでの注意点

犬,キャバリア,パグ,パーティ

①入店前に排泄を済ませておくこと 
店内で排泄しなくても良いように、できるだけ入店前に排泄を済ませておくようにしましょう。
それでも、おもらしやマーキングが心配な場合には、マナーベルトやマナーパンツを着用させるようにしましょう。

お店によっては、トイレスペースを確保しているお店もあるので、ペットシーツを持っておくと良いでしょう。
ただし、トイレスペース以外でのペットシーツの使用はNGです。

②リードで繋いでおくこと
店内では愛犬をリードに繋いでおくようにしましょう。

食事をする場所なので、店内を走り回ったり自由に行き来するようなことはご法度です。
例えご自分の食事が終わっていたとしても、他のお客さんも利用していることを気遣ってマナーを守るようにしましょう。

お店によってはリードを着用しなくても良いお店もあるようです。
それでも愛犬が他のお客さんに迷惑をかけていないか、マナーに反していないかを常に監視するようにしてください。

いざという時「呼び戻し」ができるようしつけておかなければなりません。
「呼び戻し」ができない・自信のない場合には、トラブルを避けるため例えオフリードOKの店であってもリードで繋いでおきましょう。

③犬の洋服の着用を
犬種や時期によっては抜け毛が多い犬もいます。
食事をするための店内で抜け毛が飛び回らないようにために、店内では愛犬に洋服を着せておくようにしましょう。

お店によっては洋服を着せてから入店するようルールとして決められていることもあります。

⑤ヒート中の入店は控えること
ヒート(犬の生理)中はドッグカフェを含む公共施設の利用は控えるようにしましょう。

ヒート中のメスは周りのオスを興奮させてしまう原因となります。
時にはオス犬同士のケンカにまで発展しかねないため、ヒート中のドッグカフェの利用は控えるようにしましょう。

愛犬とドッグカフェへおでかけ こんな行動はNG!!

マナーを守り衛生面に気遣うこと

ドッグカフェでは、犬の飼い主さん同士の交流の場としても人気があります。

しかし、犬連れのお客さんだけが利用しているとは限りません。
また、食事を楽しみにきているお客さんもいらっしゃるでしょう。

そんなお客さんの迷惑とならないようなルールとマナーを守らなければなりません。
また、飲食物を提供する場所として営業しているお店側のことも配慮して利用しなければなりません。

マナー違反!!こんな行動はNG

NG行動① 人の食事を愛犬に与える
普段から人間の食事を愛犬に分け与えている飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんが、ドッグカフェでは厳禁です。

お店によってはドッグメニューを提供されているお店も多くあります。
人は人用、犬は犬用メニューのものを食べさせるようにしましょう。

また、愛犬に人間用の食器を使う、犬用の食器を人間用のためにテーブルの上にあげるなどの行為もNGとなりますので注意しましょう。

NG行動② 椅子に座らせる・テーブルや椅子に足をかける
自宅では椅子やソファなどに座らせているご家庭も多いかもしれませんが、ドッグカフェでは衛生上NGとなります。

お店によっては椅子に座らせてもOKのお店もあるようですが、店員さんに確認してから座らせるようにしましょう。

また、テーブルや椅子に足をつくこともNGなので、愛犬が食べ物を欲しがったりする時など注意してください。

NG行動③ 愛犬を制御できない
店内で愛犬が吠える・唸るなどの行動は他の利用者の迷惑となります。

1匹が吠え始めたら、他の犬も吠え初めてしまうでしょう。
そうなると、愛犬の鳴き声で他のお客さんの食事や会話の邪魔をしてしまうことにもなります。

また、他のお客さんへ飛びかかるようなことがないようにもしておきましょう。
愛犬のそれらの行動を決して放置しないようにしてください。

愛犬が興奮してきた場合には、「マテ」などの指示で落ち着かせる、場合によっては一度外に出て落ち着きを取り戻させることも必要となるでしょう。

NG行動④ トイレシートを広げる
粗相をしないためにとトイレシートを店内で広げる行為はNGとなります。
愛犬の排泄なので普段から慣れているせいか意外とやってしまいがちな行動ですが、何回も述べるよう飲食店なので、衛生面・マナー面どちらの観点から見てもNGです。

基本的には入店前に排泄を済ませておくこと、それでも心配ならマナーベルト・マナーパンツを着用させておくようにしましょう。
トイレスペースが設置されているお店であれば、そのスペース内で使うようにしましょう。

万が一、店内でトイレを失敗した場合には、速やかに後片付けを行い、店員さんに報告し謝りましょう。
テラス席であっても必ず必要です。

NG行動⑤ 他の犬との交流を無断で行う
多くの人が利用する場所なので、中には珍しい犬や好みの犬がいることもあるでしょう。
犬好きの人からすると「触りたい」と思ってしまうものですが、飼い主さんに無断で触ることはNGです。

自分の愛犬のことを人に「可愛い」と言ってもらえることは、どんな飼い主にとっても嬉しいことですが、無断で触られることを快く思わない飼い主さんもいらっしゃいます。

他の犬と交流する時には必ず飼い主さんに一言声をかけるようにしましょう。

また、愛犬が他の犬と遊びたがることもありますが、無断で交流させず相手の飼い主に確認するようにしてください。
犬同士のケンカやトラブルを避けるためにも必要なことです。

愛犬とのおでかけ 持ち物・便利グッズ

ドッグカフェへ行くときに必要な持ち物

必要な持ち物
  • マナーベルト・パンツ
  • 首輪・リード
  • ペットシーツ(マナーセット)
  • 犬の洋服
  • タオル
  • 狂犬病・ワクチン注射済証

①マナーベルト・パンツ
店内でのおもらし・マーキング防止用です。

②首輪・リード
店内では常にリードに繋いでおきましょう。

③ペットシーツ(マナーセット)
トイレスペースが構えられているお店で使えます。
また、万が一おもらししてしまった時のために念のためマナーセットを準備しておきましょう。

④犬の洋服
抜け毛の飛散防止用です。
愛犬が快適に過ごせるサイズ、季節に応じた洋服を着せてあげましょう。

⑤タオル
お店によっては愛犬を椅子に座らせてもOKのお店があります。
そんな時には必ず椅子にタオルを敷いてその上に座らせるようにしましょう。

また、椅子に乗せられないお店の場合には、愛犬が過ごしやすいよう床に敷いてあげることも。
ただし、床用と椅子用はしっかり区別して使わないとマナー違反になるので要注意です。

⑥狂犬病・ワクチン注射済票
お店によっては入店前に1年以内の注射済票の提示を求められることがあります。

ポメラニアン,柴犬カット

ドッグカフェであれば便利なグッズ 紹介

必要な持ち物以外にも、あれば役立つ便利グッズ、さらにおすすめ商品をご紹介します。

便利グッズ① 「カフェマット」
店内で愛犬が落ち着いて過ごすための場所、タオルの代わりとなるカフェマットです。
折り畳み式のコンパクトに持ち運びできるタイプの商品がおすすめです。

◆おすすめ商品「bee+bee ギンガムチェック×デニムキルト カフェマット」
リバーシルになっているデザイン性の高いカフェマットです。
折りたたんでホックで止めればコンパクトに持ち運びすることができます。
『bee+bee ギンガムチェック×デニムキルト カフェマットはこちらから』

◆おすすめ商品「Toto&Pal(トトパル) ロイヤルタータンカフェマット」
ビニールコーティングが施されたカフェマットなので、汚れても一拭きするだけでOKのお手入れも簡単。
四隅にはスナップボタンが付いているので、ボタンを止めれば簡易トイレとしても使える多機能カフェマットです。
『Toto&Pal(トトパル) ロイヤルタータンカフェマットはこちら』

便利グッズ② 「犬用水筒・水飲みボウル」 
お店によっては愛犬のためにもお水を出してくれますが、愛犬とお出かけする際には愛犬の飲み物は持参しておくようにしましょう。

◆おすすめ商品「プラッツ ハンディーウォータラー」
犬用の携帯用のドリンクボトルで、キャップでお水を飲むことができるのでとても便利です。
カラビナが付いているので、バッグなどに取り付けることもできるので持ち運びも簡単。
『プラッツ ハンディーウォータラーはこちら』

◆おすすめ商品「ループ ステンレスボトル」
いつでも新鮮なお水を飲ませることのできる犬用ステンレスボトルです。
キャップ部分は水飲みボウルを兼ねたデザインとなっています。
『ループ ステンレスボトルはこちら』

便利グッズ③ 「おやつ」
飼い主の食事中など、愛犬に落ち着いて過ごしてもらう時に役立ちます。
愛犬の好きなものや食べなれたおやつを準備してあげると良いでしょう。
時間を稼ぐことのできるガム類がおすすめです。

便利グッズ④ 「粘着ローラー」
お店を出る前には、座っていた座席が汚れていないか確認するようにしましょう。
抜け毛が気になるときには、粘着ローラーを持っておくと便利です。
◆おすすめ商品① 「コロコロ コロフル モバイル」
ポーチにいれることができるコンパクトサイズなので携帯に便利です。
『コロコロ コロフル モバイルはこちら』

この記事のまとめ

小豆島
香川県の愛犬と一緒に行けるカフェ
  • 愛犬と入れるおすすめカフェは
    「ごはんとおやつの店 とんとん」
    「カフェ ブブカーネ」
    「m’s farmかふぇ」
    「wag dog life work ワグドッグライフワーク」
    「1×1CAFE ワンワンカフェ」
  • 愛犬とカフェを利用する前には、「狂犬病・混合ワクチン」「ノミ・ダニ予防」「基本的なしつけ」が必須
  • ヒート中の利用は控えること
  • 入店前に排泄を済ませておくこと
  • お店のルールとマナーを守って、周りに気遣うこと
  • ドッグカフェへの持ち物:「マナーベルト・パンツ」「首輪・リード」「ペットシーツ(マナーセット)」「犬の洋服」「タオルorカフェマット」「狂犬病・ワクチン注射済証」「愛犬用飲み水・ボウル」「おやつ」「粘着ローラー」など

さいごに

いかがでしたか。
一概にドッグカフェとは言っても、お店によってもスタイルは様々です。
お店のルールを守って、マナー違反とならないよう常識的な行動を心掛けるようにしましょう。
愛犬と楽しめる時間を増やすためにも、ぜひ香川県で行きつけのドッグカフェを見つけてみてください。