チワワの脱臼は怖い!原因と治療、予防法について

チワワなどの小型犬は脱臼を起こしやすいです。特に起こしやすい脱臼は膝蓋骨脱臼という脱臼で、特に問題がない程度のものから歩行困難な重度のものまで4つの段階に分かれています。先天的なものと後天的なものとがありますが、後天的な脱臼は予防することが可能です。チワワに元気でいてもらうために脱臼の原因や治療法、予防法を知っておきましょう。

チワワに多い脱臼は膝蓋骨脱臼

犬の脱臼には様々なものがありますが、特にチワワなどの小型犬は膝蓋骨脱臼を起こしやすい傾向があります。
膝蓋骨脱臼とは、後脚の膝のお皿がはずれてしまうことです。
膝蓋骨脱臼はその重症度でグレード1からグレード4まで4段階に分かれます。

チワワに多い膝蓋骨脱臼 グレード1

グレード1は脱臼してもすぐに元の状態に戻り、気がつくことも少ない状態です。

チワワに多い膝蓋骨脱臼 グレード2

グレード2は脱臼して時々足を浮かせて歩くことがあっても、足を伸ばしたり人間が手を貸してあげたりすると、元に戻る状態です。

チワワに多い膝蓋骨脱臼 グレード3

グレード3では、元に戻っても脱臼していることが多くなり、足を浮かしていることが多くなります。

チワワに多い膝蓋骨脱臼 グレード4

グレード4は常に脱臼している状態で元に戻すことができずに歩行困難になっている状態です。

チワワの膝蓋骨脱臼の原因は?

チワワの膝蓋骨脱臼の原因は先天的なものと後天的なものがあります。
先天的なものはチワワなど小型の犬に多く、生まれつき膝の関節周りの筋肉や骨、靭帯の形成に異常があるものです。
先天性の脱臼は加齢とともに進行してくることが多いです。
後天的なものはチワワが打撲や高い所から飛び降りたときの衝撃などで起こる外傷性のものが原因です。
後天的な原因の脱臼は、特に小型犬に関わらず、全ての犬種に起こしやすいものです。
チワワに片足を上げて歩いている、スキップしているように歩く、後から見たら足が曲がっている症状などに気がついたら、動物病院で診断してもらいましょう。

チワワの膝蓋骨脱臼の治療と予防法

膝蓋骨脱臼の治療は外科手術、レーザー治療を行う方法、経過観察をする方法などがあります。
その症状やグレード、チワワの年齢などによって治療法が異なってきます。
先天的なものは予防ができませんが、後天的な脱臼は予防が可能です。
部屋の中がフローリングだけだと滑りやすくなるので、絨毯などを敷いて滑りにくくしてあげましょう。
また段差などを極力なくすようにします。ベッドやソファに飛び乗ってしまうときはステップをつけてあげてください。
過度な運動は脱臼の原因になりますが、適度な運動は脚の筋肉をつけてくれますので、脱臼を予防するのに効果的です。

チワワの脱臼は怖い!原因と治療、予防法について まとめ

チワワは膝蓋骨脱臼を起こしやすい犬種です。悪化すると歩けなくなる恐れがありますので、早目の発見と治療が必要です。またチワワは肘関節の脱臼や股関節の脱臼も起こしやすいので、毎日適度な運動を心がけて、脱臼を起こしにくいように体に筋肉をつけるようにしてあげたいですね。
部屋の中も脱臼の原因となるものは、なるべく除いてあげるようにしましょう。