なんで子犬は甘噛みするの?どうしたら、やめさせられる?

子犬はどうして甘噛みするの?

まず犬にとって「噛む」という行為は、ごく自然なことなのです。
特に子犬の場合、すべてのものが興味の対象です。
動くものすべてを噛んだり、匂いを嗅いでその対象のものを学習しようとします。

また子犬の場合は、遊びの延長上で楽しくて楽しくてつい甘噛みをしてしまいます。
これが犬同士の場合、どこまで噛めば痛いかなどを犬同士学習して行くのですが、これが人相手だと、噛まれる痛さを知らないままなので、甘噛みをいつまでもしてしまうことにつながります。

子犬の場合は特に、飼い主さんに対して関心を引きたいときや、甘えたい時に甘噛みをしてくることもあります。
そしてもう1つ。
歯が生え変わる時期に痒くてつい目に入るものを噛みたくなります。

甘噛みは成長過程で必ず通る道。
じゃあ放置してもいずれ終わる?

子犬は遊びの一環だったり、歯の生え変わりで痒かったり、興味津々で何でも噛みたがります。
ただそれも、成長の過程で大人になるにつれ、通常は甘噛みはなくなってきます。

ただし、飼い主が甘噛みはいけないこととちゃんと教えてあげないと、甘噛みがいけないことを知らないまま大きくなりますので、噛み癖のある犬に成長してしまう可能性があります。

甘噛みはかわいいで済みますが、それが本噛みするようになっては大変です。
子犬の甘噛みのかわいいレベルの時に、ちゃんとダメなことと教えましょう。

子犬の甘噛みのやめさせ方。
具体的にどうしたらいい?

子犬の甘噛みをやめさせるにはどういう方法があるでしょうか?いくつか紹介しますので、ご自身の犬に1番合うやり方を模索してみてください。

甘噛みされた瞬間「痛いっ!」と大げさに痛がる

遊びの最中でも、子犬が甘噛みをした瞬間、子犬がびっくりするほどオーバーに「痛いっ」と叫びます。
この時注意したいのは極力高い声は出さないようにしましょう。

高い声は子犬にとって(飼い主さんが喜んでくれている)と勘違いされる可能性があり、さらに子犬自身興奮してしまうこともあります。
「痛いっ」と短く言った後は遊びを切り上げてしまいます。
こうしたら遊べなくなると学習してもらうのです。

犬が嫌いなこと。
それは大好きな飼い主さんに無視されること

甘噛みをするときは、大抵が遊びの中で起きます。
甘噛みが始まった場合、その瞬間に遊びをストップさせ、飼い主さん自身その場から去りましょう。
そのとき一切子犬の顔を見てはいけません。

しばらくは完全無視するのです。
犬は飼い主さんに構ってもらうことが最大の喜びと感じ、その逆に無視されるということは、何よりも嫌なことなのです。
甘噛みをすると嫌なことが起きると覚えることで、甘噛みをすることがなくなります。

人は噛まないけど、家具やクッションを噛みまくる子犬

人に対しては、幸いなことに甘噛みしないけど、油断すると家具を噛んだり、クッションを破壊したりという子犬いませんか?
それはそのものに興味があるから噛んでしまったり、歯が痒くて、ちょうどいい噛む対象を見つけたから噛んでいるなどという場合があります。
または暇ですることがなく、何となく噛んでいる場合もあるでしょう。

犬自体、噛むという行為はある意味習性なので、それを理解した上で、噛んでもいいおもちゃなどを代わりにあげてみましょう。
大事な家具など噛んでもらいたくないものには、ビターアップルなど、犬が嫌いな味のスプレーをするなどして対策します。

運動不足からくるストレスで、いろんなものを噛んでしまうこともありますので、子犬が運動不足にならないように、十分遊んであげることも大切です。