子犬にしつけが必要な理由


仔犬のしつけとは?

犬のしつけとは飼い犬が飼い主の指示に従うことだけではありません。

犬をしつけることの根本的な理由は、人と犬が共に仲良く共存していくためにあります。

犬のしつけは家族と飼い犬のためだけに必要なわけではありません。

その犬が飼い主や家族だけにしか上手くコミュニケーションがとれないのであれば、その犬のしつけは不完全であるといえます。

飼い主の指示に従うのはもちろんのこと、見知らぬ人や他犬に対しても友好的に接することができるようにするのも大切なしつけです。

犬に自信を持たせよう

犬は飼い主の育て方によって性格の大半が決まってくるといわれています。

厳しく叱られながらしつけられた犬は、常に人に怯えて自分に自信がなく人の目を気にしておどおどした犬になります。

体罰や叱責でしつけるのではなく、時間をかけて根気よくあきらめずに上手くできたときは思いっきり誉めてしつけましょう。

人の子も同じですが、仔犬も褒められて覚えたことは大きな自信となります。

人の上からの目線で見るのではなく犬の目線になって行動を観察してやるといいのではないでしょうか。

犬には飼い主というリーダーが必要

ほとんどの犬が室外犬から室内犬になって、番犬などの使役犬から愛玩犬と呼ばれるようになりました。

そのため、より人間に近ずき寄り添う生活をするようになったことから、犬は家族だという認識が高くなっています。

その認識は間違いではありませんが、犬はかつて群れをなして狩りをしていた野生動物であったことを忘れてはいけません。

かつて群れで暮らしていた犬には群れを率いるリーダーが必要です。

可愛い小型犬だと思ってしつけをせずに甘やかすと、彼らは自分がリーダーだと思い込み家族を従えようとします。

リーダーとして家族を守るために知らない人や他犬を威嚇したり攻撃したりするようになります。

愛犬が日々を安心して暮らすためには、飼い主と犬とがしっかりとした主従関係を作る必要があります。

飼い主という信頼できるリーダーがいて、初めて飼い犬は落ち着いた自分の居場所を見つけることができるのです。

子犬のうちからしつけを始める必要性

初めて家にやってきた小さな小さな子犬。

それはとてもぬいぐるみのようにかわいく、歩く姿や吠える姿、全てがかわいいですよね。

小さな子犬たちは、人間の子供と同じで、見るもの全てが新しく新鮮で、いろんなものを吸収して学習しながら大きくなるのです。

その時に覚えたことは絶対忘れません。

あらゆることに興味津々な時期だからこそ、楽しくしつけを受け入れてくれる時期ともいえます。

この時期に基礎を習得することで、成犬になったときにに飼い主さんとの信頼関係のもと、もっと高度なトレーニングにもついてきてくれるようになります。

しつけトレーニングは飼い主さん自身のトレーニングでもあります

子犬が一生懸命初めてのしつけトレーニングをするとき、同時に飼い主さんにとってもトレーニングなのです。

その犬その犬で性格も何もかも違います。

その犬の得意、不得意をどれだけ察知してあげ、いいところを伸ばしてあげるか、これは飼い主さんの腕次第です。

もし、飼い主さん自身が初めて犬を飼うのだとしたら、飼い主さん自身も手探り状態の子犬と一緒です。

決して上から目線ではなく、一緒に成長していく気持ちで共にトレーニングをしていってください。

飼い主さんがトレーニングをする上で、守らなければいけない大切なことがあります。

その時の気分で態度を変えたトレーニングをしないこと

・叱るトレーニングではなく、褒めるトレーニングをすること

・なぜできない?ではなく、どうしたら覚えてくれる?を犬目線で考えること

常に愛情を持ってしつけること

これらを守ることで、子犬が成犬になる頃には飼い主さん自身も立派なプロの飼い主さんになっているでしょう。

仔犬のしつけの基本とは?

仔犬を初めてしつけるときには守らなければならないことがいくつかあります。

1.犬に出すコマンドは家族で同じ言葉に統一する。

お座りのコマンドでも「スワレ」や「シット」「座って」など家族によって言葉がバラバラだと犬が混乱して指示に従えません。

犬に出すコマンドは家族で同じ言葉を決めていきましょう。

2.犬のしつけは短時間で繰り返しが基本

犬に長時間のしつけは負担になり長続きしません。

短時間のトレーニングを毎日根気よく繰り返しましょう。

トレーニングに飽きてきたら一時休止して、ボールで遊んでやるなど気分転換してやると長続きします。

3.叱るときははっきりと短い言葉で

してはいけないことをしたら、低い声で「ダメ!」「ノー!」など短い言葉で叱りましょう。

「○○ちゃん ダメよ」などと名前を呼んで叱ると、名前を呼ばれると嫌なことがあると覚えてしまい、呼び戻しのじつけが上手くいかないことがあります。

手で叩いたりすると手を怖がるようになり、恐怖から手が近づくと噛むようになります。

子犬時代、最低限身につけておくべきしつけ

前にもお話ししたように、子犬時代には子犬時代に覚えておくことがあり、それをマスターして初めて成犬になった時に、今より高度なしつけトレーニングをできるようになります。

では子犬時代に身につけておくべきこととはどんなことでしょうか。

トイレトレーニング

仔犬を初めて迎えたときにまず教えなければならないのがトイレトレーニングでしょう。

トイレトレーニングは、焦らず叱らず根気よくが基本です。

まずは用意した適度な広さのサークルの中にベッドとトイレトレーをセットします。

仔犬は睡眠から目覚めた時や食餌の後に排泄することが多いので、その時を見計らってトイレトレーに誘導してやります。

また、遊んでいても排泄を催したときは、その場でくるくると回ったり、匂いを嗅いだりし始めます。

そのような仕草が見られたらすぐにトイレトレーに連れて行き、「ワンツー、ワンツー」や「シーシー」などの言葉かけをしながら排泄を促してやりましょう。

トイレトレーの上で上手に排泄ができたら大げさにほめてやり、ご褒美をあげます。

失敗しても決して大きな声で叱ったりせず、黙って後始末をしましょう。

排泄を失敗したことを叱られると、排泄することがいけないのだと思い隠れてするようになります。

社会性を身につけさせる

仔犬のしつけとしてトイレの次に必要なものは社会化の習得です。

最終のワクチンを終えるまでは、抱っこをして外の風景を見せてやったり、家に友人などを呼んで家族以外の人と触れ合わせるなどして、少しずついろいろな物や人に慣らして行く必要があります。

散歩ができるようになったら、毎日外に連れ出して、見知らぬ人や他の犬、走る車や賑やかな町の音などに触れさせましょう。

おやつを持って散歩に行き、知らない人から貰ったり、他犬と一緒に仲良く食べることができるようになればベストです。

仔犬のころに社会化の時期を逃してしまうと、成犬になってから身に付けるのは容易なことではありません。

警戒心からの無駄吠えや噛み付き、外界の音や物に対する恐怖から外を歩けなくなることもあります。

アイコンタクトと呼び戻し

アイコンタクトはすべてのしつけの基礎といえるものです。

犬にとってのアイコンタクトは飼い主と目を合わせるというだけではなく、飼い主の言動に注目するという目的があります。

飼い主に注目できるということは、飼い主を自分の仲間あるいはリーダーとして認めていることでもあります。

犬は飼い主と目と目をしっかりと合わすことで指示をや命令を聞く体勢になり、アイコンタクトができて初めて飼い主はしつけができるようになるのです。

アイコンタクトをとることで犬の興奮状態を鎮めることができ、危険な行為を止めさせたりすることができます。

・名前を覚えさせる

アイコンタクトはすぐにできるようにはなりません。

アイコンタクトは名前を呼ぶと反応することが基本になります。

まずは名前を覚えさせることからはじめましょう。

初めて仔犬を家に迎えたらまず名前を決めますが、名前を決めたら事あるごとに名前を呼ぶようにします。

散歩に行くときや、ご飯をあげる時など犬が喜ぶことをするときには必ず名前を呼ぶようにすると、犬は名前を呼ばれることが嬉しいことだと認識するようになります。

・アイコンタクトを覚えさせる

何もないときに突然名前を呼んで、犬がこっちを向いたらすぐに誉めてやりましょう。

単純な練習ですが、あらゆる場所で練習する必要があり、どんなところでも名前を呼べばすぐに反応してアイコンタクトをとれるようにする必要があります。

<近づいて呼ぶ> まずは近くにいる状態で呼びます。

犬が視線を外しているときに突然呼びかけてみましょう。

こちらに振り向いたらOKなので、最初はおやつなどをあげて褒めてやります。

振り向いても目を合わさず、落ち着きなく動き回るときは、叱られていると勘違いすることがありますので、立て続けに呼んだりしないようにしましょう。

<気を散らした状態で呼ぶ> 手におやつを持ったまま名前を呼んでみます。

おやつに気をとられているときに大きな声で名前を呼んでみましょう。

飼い主の声に気がついて目をることができたらほめておやつをあげます。

<さまざまな状況で呼ぶ> 気を散らしてもアイコンタクトをとれるようになったら、さまざまな状況のときに名前を呼んでみましょう。

散歩中やおもちゃで遊んでいるとき、知らない人や犬がそばにいるときなど、どんな時でも名前を呼べば目を合わせることができるようになれば合格です。

どんな状況でもアイコンタクトができれば誉めておやつをあげますが、名前を呼ばれるといいことがあるという反射条件が身につくようになればおやつは必要なくなります。

・呼び戻し

呼び戻しは「おいで」というコマンドを使うことが多いのですが、この「おいで」は簡単なようでとても難度の高いトレーニングです。

一般の飼い主は散歩などの外出中は必ずリードをつけるので、呼び戻しの必要性はあまり感じませんが、ドックトレーナーは必ず呼び戻しのトレーニングをします。

散歩中にリードが外れたり、首輪やハーネスが抜けて犬が遁走してしまうことは少なくありあせん。

そんな時に呼び戻しのコマンドが入っていると、犬が迷子なることや道路への飛び出し事故などを未然に防ぐことができます。

また、ドックランなどで他犬とのケンカなどのトラブルを避けるためにも呼び戻しのコマンドが役にたちます。

<呼んでもこないのは・・> 犬を呼んでも来ない一番の理由は、呼ばれた時に嫌なことがあった経験があることです。

・捕まえられてハウスに閉じ込められた・抱かれて無理やり歯磨きやブラッシングされた・咥えていたおもちゃや遊んでいたスリッパやティッシュなどを取り上げられた等。

それ以前に「おいで」というコマンドを理解していなければ呼び戻しは成功しません。

まずは「おいで」と呼ばれたら飼い主のそばに行くということを理解させることが必要です。

<室内での呼び戻しのトレーニング> まずは気が散らない家の中からはじめましょう。

犬が近くにいるときに「おいで」と呼んでみて少しでも近ずいたらしっかり褒めておやつを与えます。

近くでの呼び戻しが成功したら、少しずつ離れたところから呼び戻しをしてみましょう。

部屋の中で離れていても呼び戻しができるようになったら、遊びに夢中になっていたり、来客中のときや、喜んで興奮しているときなど、いろいろな場面で呼び戻しをしてみましょう。

<室外での呼び戻しのトレーニング> 

室外での呼び戻しのトレーニングは下記の順で行います。

1.まずは庭先や人気のない裏道などでリードを繋いだままの状態で練習

2.静かな公園などの人の少ないところで練習

3.リードをつけた長さで賑やかな商店街や駅前などで練習

4.ロングリードを使って大きな公園などの長い距離での練習

5.犬の少ない時間帯のドックランで練習

6.犬が大勢いるドックランで練習

どの練習にもおやつなどのご褒美を使いますが、おやつで釣って呼び戻すのではなく、呼ばれて戻ったらご褒美がもらえたという気持ちにさせることが大切です。

呼び戻しは愛犬を危険から守るためのコマンドですが、何よりも大好きな飼い主が自分を呼んでくれているという喜びの現れでもあります。

深い信頼関係が結ばれていればこそのトレーニングであることは言うまでもありません。

お座り・伏せ・待ては一連の流れで教える

お座り、伏せ、待ては一連の流れとして教える必要があります。

犬のお座りは、食餌の前や向こうから他犬が来た時などに、少しだけそこに留まらせるためのものです。

伏せは人が買い物をしたり、外食している時などに長時間その場所で待っているときに取らせる姿勢です。

犬が最も楽な姿勢であることと、犬にとってはすぐに立ち上がれない姿勢でもあるので、待てのしつけが入りやすくなります。

お座りと伏せ、待てをスムースな流れできるようになると、飼い主の指示ひとつで長時間その場で待機していられるようになります。

これらの一連の動作は犬が何かに興奮してしまった時に、すみやかに制御させることができたり、万が一の災害で避難する時にも役に立ちます。

お座り、伏せ、待ては人間社会でうまく暮らしていくためにとても重要なトレーニングです。

・お座り

お座りはおやつを手に持ち犬の顔の前から徐々に上にあげていくと、犬の腰が自然と下がりお座りの姿勢になります。

この動作を何度も繰り返し、最終的にはおやつがなくても「お座り」のコマンドを出すだけできるようにします。

散歩中などで他犬をやり過ごしたり、食餌の前やおつを与える前などに使うコマンドです。

・伏せ

お座りをさせた姿勢でおやつを持った手を顔から徐々に下に下ろしていきます。

犬がおやつを追っていき、肘が地面につくまでおやつで誘います。

犬のお腹が地面につき伏せの姿勢なったら、その姿勢を保たせたままおやつを与えます。

一連の動作を繰り返して、最終的には「伏せ」のコマンドだけで伏せができるようにします。

・待て

まずは伏せの姿勢のまま「待て」のコマンドで1秒でも待てたら大げさにほめてご褒美のおやつを与えます。

少しずつ待ての時間を伸ばしていきますが、最初から1分待てることはまずありません。

最初は1秒から始めて、2,3,4、5秒と伸ばしていきましょう。

待てたら「よし」などのコマンドを必ず言うようにします。

最終的には15分~20分伏せの姿勢で待てるようになればベストです。

最初は気が散らないように部屋の中で練習しましょう。

部屋の中でできるようになったら、玄関や庭先などに場所を変え、静かな公園から徐々に賑やかな場所でもできるようにしていきます。

待てのトレーニングはとても時間がかかり、根気のいるトレーニングになります。

焦らず時間をかけてゆっくり教えましょう。

この伏せのコマンドを完璧にマスターすれば、リードを引っ張ったり、他犬にケンカを仕掛けたりすることも止めさせることができます。

伏せのコマンドだけで問題行動のほとんどは防ぐことができるといわれています。

この記事のまとめ

子犬にしつけが必要な理由
仔犬のしつけとは?:犬に自信を持たせる・犬には飼い主というリーダーが必要

仔犬のしつけの基本とは?:1.犬に出すコマンドは家族で同じ言葉に統一する。2.犬のしつけは短時間で繰り返しが基本3.叱るときははっきりと短い言葉で

子犬時代、最低限身につけておくべきしつけ:トイレトレーニング・社会性を身につけさせる・アイコンタクトと呼び戻し・お座り・伏せ・待ては一連の流れで教える

最後に・・ 子犬もそれぞれ。すぐに覚えなくても焦らずゆっくり!

子犬のしつけトレーニングを始めてから、最初は飼い主さんも張り切って頑張るでしょう。

でもなかなか覚えてくれなかったり、失敗ばかり続くと、飼い主さんも気持ちが折れそうになります。

でも、絶対に諦めないでください。

この方法がダメならこの方法は?といろいろ工夫しながら、ご自身の子犬に合うトレーニング法を模索してみてください。

時間はかかっても愛情込めて何度も繰り返すうち、必ず成果はでます。