シニア犬(老犬)が快適に過ごし、長生きしてもらう方法

犬の老化サインを見逃さない

長い年月犬を飼っていると、つい、犬が元気でいることが当たり前のことのようになっていて、犬も年を取るということを意識することがありません。
できたら考えたくないとまで思ったり。

でも、犬の老化具合を把握することで、それに対しての対策を打つことができ、それは結果的により快適なシニア生活に結びつき、長生きにも繋がります。
ぜひ、ご自身の犬の老化サインを見逃さないよう、日々観察をしてください。

犬の老化サイン、チェックポイント

  • 前に比べて、散歩で歩きたがる距離が短くなった。
  • 前みたいに家の中で遊ばなくなった。
  • 寝る時間が増えた。
  • 被毛にツヤがなくなってきた。
    (薄くなってきた)
  • 白髪が増えてきた。
  • 目が何だか白っぽくなってきた。
  • すぐに息切れをするようになった。
    (疲れやすい)
  • 耳が遠くなったようだ。

このような症状が現れてきたら、老化が進んできたサインです。

5歳を過ぎたら年に1回は検診を受けましょう

犬が健康で長生きするためには、まず防げる病気は防いであげることが基本になります。
人でも年をとれば、少なからずどこかが弱り、病院に通いますよね。
犬も同じです。

年を取れば取るほど、体は弱っていきますので、病気にもなりやすくなってきます。
大事なのは「早期発見、早期治療」です。
健康でいるために、5歳を過ぎたら年に1回は検診をすることをおすすめします。

何事も早期で治療ができれば、完治までに時間もかかりませんし、余計な体力も使いません。
ご自身の犬の体をぜひ労ってあげてください。

今まで以上に、犬のご飯にこだわりを持ちましょう

生き物の体というのは、食べたもので良くも悪くも簡単に変わります。
それだけ「食」というのは、健康維持に重大な役割を持っているのです。

犬も年をとってくると、だんだんと胃や腸の動きも鈍くなってくるでしょう。
だからこそ、より栄養価が高く品質のいい食べ物を、ご自身の犬の体に合わせて、こだわったものをあげるようにしましょう。

ドライフードにしても、原材料をしっかり見て、副産物を使っていない、ヒューマングレードなどの高品質なものを選びたいですね。

足腰が弱っても、犬の散歩はしましょう

どうしても犬が年を取ってくると、若い頃のように活発に散歩で走ったり、長い距離歩きたがったりという散歩ができなくなってきます。
もしかしたら、歩く足もおぼつかなくなってくるかもしれません。

でもそれを可哀想と思い、散歩の距離を縮めたり、散歩自体をやめたりはしないでください。
犬にとって散歩は、ただの運動だけではないのです。
外を歩くことで、いろんな音を聞き、匂いを嗅ぎ、足で感じるのです。
そしてそれらは脳の活性化にも繋がり、犬の活力にもなります。

だからと言って、歩けない犬を無理やり歩かせるわけにはいきません。
犬がもし、前みたいに歩けないときは、どうぞ飼い主さんが抱っこするとか、犬用のカートに乗せるなどしてでも散歩は続けてください。

そして、優しく犬が安心するように話しかけてください。
それだけで犬は幸せと感じるでしょうし、長生きにつながります。

犬の筋力運動を室内で取り入れよう

犬も年を取ると、全身の筋肉が衰えてきます。
そして、運動することを億劫がるようになります。
ただそれを放置すると、やがて寝たきりになる場合も。
それを防ぐため、室内で積極的に筋力運動を取り入れましょう。

  • お座りと立っての繰り返しで、後ろ足の筋力運動
  • お座りと伏せの繰り返しで、前足の筋力運動

これらは単純な動きの繰り返しなので、犬によっては途中で飽きてしまうかもしれません。
その場合はお菓子を使うなりして工夫して見てください。