愛犬と行けるおすすめカフェ高知県編

高知県の基本情報

公園,散歩
高知県の基本情報
  • 地方:四国地方
  • 県庁所在地:高知市
  • 名産品と言えば、
    郷土料理「カツオのたたき」
    大皿に 刺身・寿司など、海と山の季節の旬を盛り込めた郷土料理「皿鉢料理」
    生産量全国1位を誇る「ゆず」  などがあり
  • 名所と言えば、
    1600 年代建立の「高知城」
    太平洋に臨む海岸「桂浜」
    最後の清流「四万十川と沈下橋」 などが有名
  • 犬の飼育登録数:45,103頭(2018年度現在)
    人口に対して飼育率が6.36%。全国でも高い傾向にある。
  • かつては殺処分数全国ワースト1。
    近年では動物愛護の取組により大幅な減少傾向にある。

愛犬と行けるおすすめカフェ①
「Dogcafe PLATZ ドッグカフェ プラッツ」

正連寺を過ぎ、山間にあるドッグランが併設されたカフェです。
食事と遊びと音楽をテーマにしており、音楽の流れる中、ポークソテーやピザ、パスタなどの手作りメニューを愛犬と一緒に楽しむことができます。

約200坪あるドッグランではアジリティもあり、しつけ教室に合わせてアジリティ教室も行っています。

詳細

愛犬と行けるおすすめカフェ②
「Dog and Sea ドッグカフェ」

高知市春野にある隠れ家的なドッグカフェです。
「ワンちゃん」と「愛犬家」の小さなオアシスをテーマに、120坪の天然芝のドッグラン、トリミングサロン、ペットホテルが併設されています。

カフェは、トリミングの待ち時間やカフェのみでの利用もOK。
ドッグランでも飲食することができます。
犬用メニューでは、高知県産材料にこだわり栄養バランスが考えられた手作りごはんを提供されています。

詳細

  • 住所: 高知県高知市春野町弘岡下2655-7
  • 電話: 088-894-5125
  • 営業時間: (平日)1~19:00/(土日)10:00~19:00
  • 定休日: 水曜日・第3木曜日
  • ホームページ:『Dog and Sea』

愛犬と行けるおすすめカフェ③
「cafe Vadosu  カフェ バドス」

高知大学の近くにあるビル2階に構えられた明るく広々としたカフェです。
一般用の席と犬連れ用の席に分かれているので、安心して愛犬を連れて行くことができます。
店内には、グッズやイラストなどが販売されており、時間を忘れてゆっくりと過ごすことができます。

日替わりランチやパスタ、グリーンカレーなどのメニューがあり、犬用メニューもあるので、愛犬と一緒に食事やデザートを楽しむことができます。

詳細

  • 住所: 高知県高知市曙町2丁目1-18-2F
  • 電話: 088-844-3451
  • 営業時間: 10:30~17:00(料理L.O. 17:00 ドリンクL.O. 17:00)
  • 定休日: 月曜日
  • ホームページ:なし

愛犬と行けるおすすめカフェ④
「野菜ソムリエの店 畑山ガーデン」

テレビなどでも多く取り上げられている畑山ガーデンは、いの町の緑豊かな地域の国道33号線沿いにあります。

地元産の野菜をたくさん使ったピザが評判を集めています。
他にもデザートやドリンクなど、健康的なメニューと、ボリュームある料理を提供しています。

小型犬は店内で食事することができ、大型犬はテラス席で食事ができるお店です。

詳細

愛犬と行けるおすすめカフェ⑤
「Dog Run&Cafe Step Do」

ペットショップ「Step」の敷地内にあるドッグラン併設のカフェです。

ドッグランやペットショップのついでに立ち寄れるので、利便性の良さがお薦めです。
各種イベントなども行っているので、飼い主同士の交流の場としても利用することができます。

詳細

愛犬とカフェへおでかけ 注意点

カフェへ行く前に

①狂犬病・混合ワクチン・ノミダニ予防を受けておくこと
ペット同伴可能なカフェということは、他の犬が利用していることも考えられます。

ましてや「ドッグカフェ」として開店されたお店となると多くの飼い主さんとその愛犬たちが利用しているでしょう。

そんな場所で愛犬が他の犬から感染症やノミ・ダニを移されない、そして移してしまわないためにも、狂犬病・混合ワクチン・ノミダニ予防を受けておきましょう。

お店によっては狂犬病・混合ワクチンの1年以内の予防接種証明書・注射済票の提示を求められることがあります。

②基本的なしつけをしておくこと 
カフェでの愛犬の理想の過ごし方は、飼い主の足元で穏やかに過ごしていることです。
しかし、カフェでは多くの人や犬が利用していることや、食べ物の匂いに囲まれているため愛犬が興奮しやすい場所となるでしょう。

そこで大切なのが、しつけです。
最低限「おすわり」「まて」「ふせ」などの基本コマンドは身に付けておきましょう。

飼い主の前ではできても、人前ではできないということもあるため、子犬のうちから色々なシュチュエーションの中でも指示に従えるようトレーニングしておきましょう。

③社会性を身に付けておくこと 
カフェ内では愛犬の「吠える」「噛む」などの問題行動を決して許してはなりません。
社会性が身についていない犬の場合には、恐怖心からそれらの行動に出ることが考えられます。

愛犬自身にとってもストレスとなるため、カフェへ一緒に連れて行く場合にはある程度の社会性を身に付けてから利用するようにしましょう。

利用する際の注意点

①お店によって定められたルールを守ること
犬連れでカフェを利用する場合には、お店によってルールが定められています。
そのルールを必ず守るようにしましょう。

お店によるルールには、

  • 狂犬病・混合ワクチン接種証明書の提示
  • 犬のサイズ・犬種による利用可否
  • 犬服やマナーパンツ・ベルトの着用
  • 利用可能な時間帯・曜日
  • ペット連れ専用指定席

などがあります。

ルールを無視した行動やマナーが悪い場合には退店させられることもあるので注意しましょう。

②事前に排泄を済ませておくこと 
飲食を扱うカフェ内で排泄してしまわないよう、入店前に排泄させておくようにしましょう。
さらに、おもらしやマーキングを防ぐためにマナーパンツやマナーベルトを着用させておくようにしてください。

それでも万が一、店内で排泄してしまった場合には飼い主さんが責任もって後片付けをしましょう。
失敗して汚してしまった場合には、店員さんに報告して一言謝っておきましょう。

お店によっては専用トイレが備えられていることもあるので、ペットシーツを持参しておくと良いでしょう。
ただし、専用トイレ以外でペットシーツを広げるような行為は厳禁です。

③犬の洋服を着用させること 
ドッグカフェとは言っても、犬の抜け毛は飲食をする場所で衛生的に好ましくありません。
抜け毛が飛散しないよう、犬の洋服を着せておきましょう。

お店によってはルールとして着用が入店条件になっていることもあります。

④首輪・リードに繋いでおくこと 
店内で愛犬を放し飼いにしないようにしましょう。
飲食をする場所なので、店内を走り回ったり自由に行き来するようなことは厳禁です。

必ず首輪・リードを着用の上、飼い主の側で落ち付いて過ごせるようにしておきましょう。

しかし中には、放し飼いOKのカフェもあるようです。
それでも、放し飼いにする時はどんな時でも「呼び戻し」ができることが条件となるので注意しましょう。

⑤ヒート中は利用を控えること
メス犬のヒート(犬の生理)中にはカフェを含む公共施設の利用を控えるようにしましょう。

人間には分かりませんが、ヒート中は周りのオス犬を興奮させるホルモンを出しています。
そのホルモンにオス犬が反応し、時にオス同士のケンカにまで発展することもあります。

それはマナーパンツを履かせていても変わりありませんので、ヒート中は愛犬を連れて他の犬が集まる場所でお出かけしないようにしましょう。

愛犬とのおでかけ こんな行動はNG!

犬,吠える

マナー違反!!こんな行動はNG

①愛犬を制御できない
犬の吠える・唸る・他の犬へのマウントなどの行動は他のお客さんへの迷惑となってしまいます。
そういった愛犬の行動を決して無視や放置しないようにしましょう。

カフェを利用するお客さんの中には犬が苦手な人もいるかもしれません。
食事や会話に夢中になり過ぎて、愛犬の行動を軽視したりせず周りに気遣うことを忘れないようしましょう。

②椅子に座らせる・テーブルや椅子に足をかける 
カフェでは、愛犬は飼い主の足元で過ごすことが基本となります。
そのため、椅子の上に座らせたり、椅子やテーブルに足をかけるようなことはNG行動です。

お店によっては椅子に座らせても良いお店もありますが、必ずタオルやマットを敷くようにしましょう。

③人の食事を愛犬に与える
お店から提供された人のための食事を、犬に分け与えることはNG行動です。

自宅では与えている場合でもカフェではご法度となるので決して行わないようにしましょう。

さらに、愛犬に人間用の食器を使うことや、一度床に置いた犬用食器をテーブルに置くようなことも衛生上よくありません。
無意識にやってしまいがちな行動でもありますので、十分に注意してください。

④他の犬との交流を無断で行う
ドッグカフェでは様々な犬と出会う機会となるでしょう。
愛犬が他の犬と交流を持ちたくて近付いていくようなことがあると思いますが、黙って近寄らせるような行動はNGです。
トラブルを防ぐためにもその犬の飼い主さんに一言声をかけるようにしましょう。

また、他の犬に勝手に触れる、写真や動画を撮るなどの行為もNG行動です。
人によって不快な思いをさせてしまうことになるでしょう。
写真や動画に関しては、法的にもNGとなるので注意しましょう。

飼い主さん同士のコミュニケーションも大切にしながら、挨拶をする、「写真撮ってもいいですか?」など許可を得るようにして、お互いが気持ちよく利用できるよう気遣っていきましょう。

ルールとマナーを守ること、そして衛生面に気遣うこと

ドッグカフェでのNG行動は、ルールやマナー違反、または衛生面への配慮が欠けた行動です。

マナーが悪いと退店させられることもあり、今後その店を利用できなくなる可能性もあるでしょう。
さらにひどければ、お店自体が犬連れNGとなってしまう可能性だってあります。

そうならないためにも飼い主一人ひとりが責任持った行動を取り、ルールとマナーを守っていきましょう。
また、お店側の衛生面にも気遣ってあげることも必要です。

愛犬とのおでかけ 持ち物・便利グッズ

バカンス
必要な持ち物
  • マナーベルト・パンツ
  • 首輪・リード
  • ペットシーツ(マナーセット)
  • 犬の洋服
  • タオル・マット
  • 狂犬病・ワクチン注射済証

①マナーベルト・パンツ
店内での粗相やマーキングしてしまわないため、必ず着用させておくようにしましょう。

②首輪・リード
店内では常にリードに繋いでおきましょう。

③ペットシーツ(マナーセット)
トイレスペースが構えられているお店で使えます。
また、万が一おもらししてしまった時のために、念のためマナーセットを準備しておきましょう。

④犬の洋服
抜け毛の飛散防止用です。
着用させてから入店するようにしましょう。
洋服選びの際には、愛犬が快適に過ごせるサイズ、季節に応じた洋服を着せてあげましょう。

⑤タオル・マット
お店によっては愛犬を椅子に座らせてもOKのお店があります。
そんな時には必ず椅子にタオルやマットを敷いてその上に座らせるようにしましょう。
お店側で準備してくれることもありますが、慣れた物の方が愛犬を落ち着いて過ごすことができるでしょう。

また、椅子に乗せられないお店の場合には、愛犬が過ごしやすいよう床に敷いてあげる用として準備しておくと良いでしょう。
ただし衛生上、床用と椅子用はしっかり区別して使わないとマナー違反になるので要注意です。

⑥狂犬病・混合ワクチン注射済票
お店によっては入店前に1年以内の狂犬病・混合ワクチンの注射済票の提示を求められることがあります。

ドッグカフェで役立つ便利グッズ 紹介

①カフェマット
カフェマットとは、愛犬がカフェで過ごす時用のマットのことです。
必要な持ち物で紹介したタオルやマットに相当します。
持ち運びに便利な折りたたみできるタイプのものがおすすめです。

◆おすすめ商品 「ブレスエアー専門店 おでかけドッグカフェマット」
一般的に多いカフェマットは持ち運びに便利な薄手のものが多いですが、こちらのカフェマットはブレスエアー素材で空気層が96%を占め、厚みがあるのが特徴です。
さらに夏は涼しく冬は暖かく1年中使うことができ、制菌防臭加工、丸洗いにも対応しています。もちろん折り畳んで持ち運びできるよう中が凹凸になっています。
『商品はこちら』

◆おすすめ商品 「niche カフェマット」
トイレトレーとしても使えるカフェマットです。
ビニールコーティングされているため、汚れてもサッとふき取るだけでお手入れが簡単。
カフェマットとして、トイレトレーとして、さらに水遊びした後の足場としてなど活用法が色々あるおすすめマットです。
『商品はこちら』

②マナーポーチ
カフェまでの道中や店内で排泄してした時には、速やかに片付けをしなければなりません。
しかし、通常のエチケット袋だと臭いが気になることも多いです。
そこで、飲食をするカフェでは、臭いの漏れないマナーポーチが役立ちます。

◆おすすめ商品 「DOG CHOICEオリジナル ニオワン 消臭袋」
粒状活性炭入りの不織布でできているマナーポーチです。
活性炭が悪臭のもとをギュッと取り込んで臭い漏れがありません。
『商品はこちら』

◆おすすめ商品 「RADICA  消臭機能付き♪ うんち袋 カモフラ/デニム」
マナーポーチに見えないデザインをした、消臭機能付きマナーポーチです。
カラビナ付きでベルトループやキャリーバッグに取り付けすることもでき、外側にポケットティッシュが入るポケットも付いていて利便性の高いおすすめ商品です。
『商品はこちら』

③ドッグスリング
愛犬とのお出かけで重宝するのが愛犬を入れておくキャリバッグ類ですが、ドッグスリングは折り畳むことができるので荷物にならず役立ちます。
カフェでは、興奮しがちな愛犬を入れておくこともできるので周りに迷惑をかける心配も減るでしょう。

ただし、スリングから愛犬が顔を出してテーブルに顔を近づけるような行為はNGなので注意しましょう。

◆おすすめ商品 「エブリデイ・コンパクトコットン・ドッグスリング」
シンプルなデザインと安定感・軽さ・丈夫さにこだわったシンプル設計で人気あるドッグスリングです。
『商品はこちら』

この記事のまとめ

トイプードル
高知県の愛犬と一緒に行けるカフェ
  • 愛犬と入れるおすすめカフェは
    「Dogcafe PLATZ ドッグカフェ プラッツ」
    「Dog and Sea ドッグカフェ」
    「cafe Vadosu  カフェ バドス」
    「野菜ソムリエの店 畑山ガーデン」
    「Dog Run&Cafe Step Do」
  • ドッグカフェを利用する前には、
    「狂犬病・混合ワクチン・ノミダニ予防」
    「最低限のしつけをしておくこと」
    「社会性を身に付けておくこと」が必須
  • ドッグカフェを利用するときには、
    「お店のルールを守ること」
    「事前に排泄を済ませておくこと」
    「犬の洋服を着用させること」
    「首輪・リードに繋いでおくこと」
    「ヒート中は利用を控えること」   に注意!!
  • ルールとマナーを守ること、そして衛生面にも気遣うように
  • ドッグカフェへの持ち物
    「マナーベルト・パンツ」「首輪・リード」「ペットシーツ(マナーセット)」「犬の洋服」「タオルorカフェマット」「狂犬病・ワクチン注射済証」「愛犬用飲み水・ボウル」「おやつ」「粘着ローラー」   など

高知県の愛犬と行けるおすすめカフェ さいごに

高知県の愛犬と行けるカフェ、行ってみたいお店はあったでしょうか。

中にはドッグカフェとして開店したわけではなく、お店の善意でテラス席をペット可として提供しているお店もあります。

お店側や他のお客さんの迷惑にならないよう、ルールとマナーを守って気遣うことを忘れないようにしましょう。