犬の理想的なウンチはどんなウンチ?

飼い主さんは、犬のウンチを毎日毎日片付けていますよね?見慣れているウンチですが、それは毎日同じですか?ドライフードを変えたり、手作りのご飯をあげたりすると、翌日のウンチの色が違ったり、量や臭いが違ったりということはありませんか?ウンチで犬の健康状態がわかるといいますが、どういうウンチなら健康な理想的なウンチなのでしょうか?

犬のウンチ「色」「臭い」「硬さ」ベストな状態は?

犬のウンチ、どんなウンチが健康なベストウンチでしょうか?まずは、ちょっとした犬の健康変化に気づくため、普段のウンチがどんな感じかを知っておく必要があります。毎日ウンチを始末する時に観察するようにしましょう。

犬のウンチ「色」は?

理想のウンチの色は、茶色〜黄土色になりますが、これは普段食べているフードの色にも左右されます。そのため、元気にしている時のいつもの「色」を知っていくといいですよね。
注意が必要なウンチの色
  • 黒いウンチ
  • 黒いウンチは、腸内のどこかで出血しているため起こることがあります。
  • グレーがかったウンチ
  • カルシウムの摂りすぎの時にも起こりますが、肝臓や脾臓などに問題がある時にも白〜グレーのウンチになります。
  • 緑色のウンチ
  • 食べたものによって、緑がかったウンチになることもありますが、それ以外では、腸内環境が悪化してるか腸炎を起こしていると緑色のウンチになることがあります。
  • 血が混じっているウンチ
  • 通常のウンチの周りに血がついているような場合は、肛門付近に異常がある場合があります。

犬のウンチ「臭い」は?

ウンチは当然臭いますよね。臭うのですが、健康ではないウンチはとても臭います。かなり離れたところからでも臭います。ウッとくるような臭いです。その場合、腸内環境に問題がある場合があります。食べ物を見直してみましょう。
腸は第二の脳といわれていて、腸が健康なら長生きできるともいいます。犬のウンチが臭い時は、要注意ですよ!

犬のウンチ「硬さ」は?

理想的な犬のウンチは、ティッシュで掴んだ時に形が崩れないウンチです。だからといってカチカチに硬くはなく、程よく水分を含んでいるウンチがベストです。

犬のウンチ、量は関係あるの?

犬のウンチの量はどうでしょうか?いっぱいする方が、腸が活発に動いて綺麗にしているような印象がありませんか?でも実際はそうとも言い切れず、食べ物で量はずいぶん変わります。
例えば、穀物が多く繊維をたくさん含む食べ物だと、ウンチの量は多くなり、逆に動物性タンパク質メインの食べ物だとウンチは少なくなります。よく都市伝説のように、ウンチの量が少なくなるドッグフードの方が健康にいいといわれていますが、量は全く関係ありません。
犬それぞれ、合う合わないフードもあれば、ウンチの量も違います。毎日ちゃんと綺麗なウンチをすることが大切です。

犬に便秘や下痢はあるの?

人の便通の悩みで必ずあるのが下痢と便秘のお話ですね。犬にもあるんです。傾向でいえば、下痢の方が便秘より多いかもしれません。

便秘の原因

  • 水分不足
  • おやつの骨などを食べ過ぎ
  • 様々な理由で起きた腸内環境
  • 何かの事情で犬が排便できず我慢したとき
  • 病気(体のどこかに疾患がある場合)

下痢の原因

  • ウィルスや細菌感染
  • 消化不良(突然のドッグフードの変更や初めて何かを食べた時など)
  • アレルギー反応
  • 毒・薬物反応(毒のある植物を食べてしまったり、殺虫剤を口に入れてしまったり)
  • ストレス
  • 病気(体のどこかに疾患がある場合)
いずれにせよ、便秘や下痢は正常とはいえません。様子を見て治らないようであれば、獣医さんにかかることをおすすめします。