犬の涙。犬は悲しくて泣く?

犬を飼っている方ならわかるはず。犬は人が考えるよりずっと感情豊かで、ありえないくらい大きな心を持っています。底なしに人を愛してくれる犬たちですが、「悲しくて泣く」ということはあるのでしょうか?犬の涙は感情に比例しているのでしょうか?

犬には豊かな喜怒哀楽の感情があります

犬は、私たちと共通の言語を持ちませんが、一緒に生活しているとそんな言葉なんて必要ないってくらい、犬は感情豊かなことに驚きます。体全部を使って、犬たちは私たちにいろんなことを語りかけてきます。
嬉しい時はこっちまで笑顔にしてくれるくらい、犬は100%笑顔を私たちに向け、しっぽをブンブン振って教えてくれます。逆に悲しい時、それほどに悲しいのかというくらい、しっぽは下がり、目の覇気さえも消えているように見えます。
また大学の研究では、犬は人の悲しさを共有して慰めようとする傾向があるそう。悲しそうな人と、嬉しそうな人がいる場合、悲しそうな人の横に寄り添って行くそうです。そんな豊かな感情を持ち、悲しさを理解し慰めようとしてくれる犬は、果たして私たちのように、感情から涙を流すことはあるのでしょうか。

科学的根拠から説く「犬の涙」

犬に感情があるのはすでにわかっています。では、涙を流すというのはどうでしょうか。犬も涙を流します。科学的な視点からいうと、犬が涙を流すのは、感情から涙を流すということはなく、涙を流す必要があるから涙が出るといいます。例えば、
  • 目にゴミが入った
  • 目に炎症がある場合
  • アレルギー反応
などという場合、犬の目から涙が溢れます。 もし、ご自身の犬が涙で顔が濡れていることが多い場合、一度目に疾患がないかどうか診てもらった方がいいかもしれませんね。

科学では証明できない「犬の涙」

科学では、犬は感情で涙を流さないという結論に至っています。今のところ。というのも、未だ科学では説明できない、解明しきれていないことはたくさんあります。犬のこともその1つですよね。
その証拠に、インターネットを通じ、世界中の犬たちが悲しさで涙を流す姿がyoutubeなどでも見ることができます。飼い主を失くして号泣する犬や、久々に飼い主と再会し、嬉しさに泣く犬など、目にゴミが入っただけとは言えない犬たちがそこにいます。
今はまだ解明されていませんが、いつの日か、犬も感情から涙を流すことがあると、説明できる日が来るかもしれません。

涙のせいで起こる「涙やけ」対策どうしていますか?

涙やけという現象をご存知でしょうか。常に涙で目の周りが濡れることにより、最近や雑菌が繁殖しやすくなり、目の周りの被毛が赤茶色に変色してしまうことをいいます。
原因は様々ありますが、多いのが鼻涙管の閉塞により、本来鼻を通って行くはずの涙がうまく流れず、涙が目から溢れる場合や、合わないフードなどによるアレルギーからなる場合が多いようです。涙やけはどんな犬にも起こり得ることです。
涙やけで変色してしまった被毛は元の色には戻すことはできませんが、新しく生えてくる被毛を変色させないための対策は様々あります。

涙やけの対策

  • フードを変えてみる
  • 鼻涙管の閉塞が原因ではない場合、フードが原因のことがあります。体の中を1度リセットさせてみるためにも、病院などで売られている療法食を一定期間食べさせてみることも方法です。
    最低2〜3ヶ月療法食にしてみて、涙やけが改善するようなら、何かしらのフードアレルギーがあるということなので、その犬に合うフードを獣医さんと相談しながら模索していきましょう。
  • 顔まわりの清潔を保つこと
  • 涙やけがある犬は、常に目の周りが濡れています。細菌や雑菌を繁殖させないために、気がつくたびに拭いてあげ、極力乾いた状態を作ってあげます。また、毎日1回は綺麗に顔を濡れタオルで拭いて、乾かすという作業をします。
    拭く時に、ホウ酸水やアイボンマイルドを使って拭くという方法もあります。
  • 涙やけの被毛は切らない
  • 涙やけになってしまった被毛は、気になって切りたくなりますが、切っても涙は止まらないので、結果、綺麗だった毛まで変色を広げてしまいます。綺麗な被毛が生えてくるまで切らないことです。