夏の果物「スイカ」犬に与えるメリットとは?


スイカのメリットいろいろ!!

まず、犬にスイカを与えても良いのか疑問に思ったことはないでしょうか。
その答えは、与えても大丈夫です。
むしろ与えてあげた方が良いかもしれません。

それでは、スイカに含まれている栄養素とその効果を見て行きましょう。

  • リコピン:リコピンと言えばトマトを連想する人も多いかと思いますが、スイカにはトマトの1.5倍ものリコピンが含まれています。
    抗酸化作用があり、がん予防、老化防止、視機能を改善する効果がある優れた栄養素です。
  • シトルリン:アミノ酸の1種で、皮や皮に近い部分に含まれています。
    血行促進や、老化防止に効果があります。
  • ビタミンC:犬の体を作るのに必要な栄養素の1つで、健康な皮膚や骨を作ってくれるほか、抗酸化作用や免疫力を高めてくれます。
  • カリウム:ミネラルの1種で、夏バテに効果大。
    他にも、疲労回復や不要な塩分の排出作用があります。
  • βカロテン:抗酸化作用があり、免疫力を高めてくれます。
    ビタミンCと摂取することで相乗作用があります。
  • 水分:スイカは90%が水分で出来ています。
    夏場の水分補給や、高齢犬になって水を飲むことが減ってきた犬にスイカで水分補給させてあげるのも良いでしょう。

スイカを与えるときの注意点とは?

犬にとってとても良い栄養素が入っているスイカですが、与えるときに注意することもあります。

スイカの皮と種は、犬は消化することができず、胃腸の負担になる可能性があります。
皮の部分には、シトルリンが含まれていますが、皮には農薬がついている場合もあるのでシトルリンを意識して摂取させたい場合には、皮に近い白い部分を与えましょう。

他にも、食物繊維や水分が豊富に含まれているので、食べ過ぎると胃酸過多によって嘔吐したり、下痢を引き起こす可能性があります。
また、冷たいスイカを与えると下痢を引き起こしやすくなるので常温に戻してから与えるようにしましょう。

スイカを食べることでアレルギーが起こる心配もあるので、初めて与えるときにはごく少量から始めてみましょう。
犬のサイズにもよりますが、人間の食べるサイズの10分の1を目安に与えてあげましょう。
超小型犬であれば、これよりも少ない量にしておきましょう。

POINT

  • スイカの皮と種は取り除く。
  • 皮に近い白い部分は与えてもOK!
  • 冷たいスイカはNG。
    常温に戻してから与えましょう。
  • アレルギーに注意しましょう。
    (ウリ科のアレルギーがある犬は特に要注意!!)
  • 与えすぎに注意しましょう。

スイカの与え方

犬にスイカを与える際は、小さく切ってそのまま与えたり、すりおろしたりして与えてあげると良いでしょう。

スイカはあまり調理しないものですが、ひと手間加えたいという方には、普段の食事にトッピングしたり、寒天やゼラチンを使ってスイカゼリーなどにして与えてあげると良いでしょう。

まとめ

夏の果物スイカは、やはり夏にピッタリの水分補給や疲労回復など、犬の夏バテ対策に効果絶大の果物です。
食欲低下や水分補給をしなくなってきた高齢犬でも、甘味のあるスイカなら興味を示してくれるかもしれません。

愛犬と一緒にスイカで暑い夏を乗り切りましょう。