犬が玉ねぎを食べるとどうなるの?症状と処置方法

犬が食べてはいけないもので一番広く知られている玉ねぎ。 では、なぜ玉ねぎを食べさせてはいけないのかご存知でしょうか。玉ねぎを食べてしまうとどうなるのでしょうか。 今回は、犬が玉ねぎを食べるとどうなるのか、症状や応急処置方法をご紹介します。

玉ねぎを食べさせてはいけない理由とは?

人にとって玉ねぎは血液をサラサラにしてくれる健康的な食材と言われています。
それでは、なぜ犬は玉ねぎを食べてはいけないのでしょうか。

玉ねぎ中毒

犬が玉ねぎを食べてはいけない理由には、玉ねぎに含まれるアリルプロピルジスルファニドと呼ばれるネギ類全般に含まれる成分が、赤血球(ヘモグロビン)を酸化させてしまうためです。 このアリルプロピルジスルファニドは、人間では玉ねぎを切ったときに涙が出てくる原因となっている成分です。
犬がアリルプロピルジスルファニドを摂取してしまうと、ヘモグロビンの酸化により溶血性貧血を起こします。 このことを玉ねぎ中毒と言います。
玉ねぎ中毒は、人でも起こす可能性はありますが1度に大量の玉ねぎを食べない限り起こすことはないでしょう。

加熱すると食べても良い?

成分によっては熱に弱いものがありますが、問題となるアリルプロピルジスルファニドは加熱しても成分が変化することはありません。 その為、加熱したとしても玉ねぎは与えてはいけないものです。
更に、味噌汁や肉じゃがなどの玉ねぎと一緒に調理したものも与えてはいけない食べ物になります。料理の中にアリルプロピルジスルファニドが玉ねぎエキスとなり流れ出しているため、例え玉ねぎ自体を避けたとしても玉ねぎ中毒を引き起こしますので、注意しましょう。

玉ねぎ中毒の症状と処置とは?

玉ねぎ中毒の症状

犬が玉ねぎ中毒を起こした場合の症状は、貧血、痙攣、黄疸、血尿・血便、嘔吐、下痢、頻脈、食欲不振、元気がなくなる、目の結膜が白濁など様々な症状が現れます。食べてすぐ症状が出るのではなく、1日~数日経ってからこれらの症状が出ます。
犬の様子に異変を見つけたら、すぐに動物病院で診てもらいましょう。

玉ねぎを食べちゃった!!応急処置方法

もし犬が誤って玉ねぎを食べてしまった場合は、すぐに吐かせましょう。 食塩を飲ませて大量に水を飲むように促し吐かせる方法や、薬局で購入できるオキシドールを薄めて飲ませて吐かせる方法があります。
しかしこれらの処置も、かかりつけの獣医さんに指示を仰いで行った方が良いでしょう。

病院での処置方法

玉ねぎ中毒の症状が見られたら一刻も早く動物病院で診てもらいましょう。
血液検査で赤血球が破壊されているかを確認し、玉ねぎ中毒と確定すれば、点滴やビタミン剤投与、利尿剤などの対処療法が行われます。 残念ながら玉ねぎ中毒には特効薬がなくこれらの対処療法で様子を見ていくことになります。
重症の場合には、輸血治療を行い入院が必要になることもあります。

まとめ

玉ねぎを「誤って食べてしまったけどうちの犬は平気だった」という飼い主さんもいますが、許容量は犬によって違います。玉ねぎの成分が犬にとって危険であることに変わりはありません。
愛犬の健康を第一に考え、玉ねぎは絶対に食べさせないよう十分に注意してあげましょう。