夏に最適!?「きゅうり」を犬に与えるときのメリットと注意点とは?

1年中通して食べられるきゅうり。シャキシャキの食感がおいしいですよね。 きゅうりが好きな犬も多いようです。 しかし、きゅうりは犬にとって食べても大丈夫な食材なのでしょうか。どんなメリットや注意することがあるのか、見ていきましょう。

最も栄養のない野菜「きゅうり」

実は、きゅうりはおよそ95%が水分でできていて、野菜の中で最も栄養のない野菜としてギネスに登録されています。
そんなきゅうりは犬が食べても大丈夫な食材です。95%水分の他に、微量ながらもビタミンCやカリウム、βカロテンなどが含まれています。
  • 水分:夏場の水分補給や、高齢犬の水分補給に役立ちます。
  • ビタミンC:犬は通常ビタミンCを体内で生成されるため、外から摂取する必要はありませんが、老犬など体内でビタミンCを生成できない場合に役立ちます。ビタミンCはアンチエイジングや免疫力を高めてくれるほか、ストレス緩和などの効果があります。
  • カリウム:利尿作用があり、余分な塩分を排出してくれたり、むくみなどの軽減に役立ちます。
  • βカロテン:抗酸化作用があり、免疫力を高めてくれます。

きゅうりを与えるときの注意点

どんな食材でも与える際には、注意しておきたいことがあります。 きゅうりの場合も同様で、注意点がいくつかあります。
まず、きゅうりはウリ科の野菜のためウリ科のスイカやかぼちゃなどにアレルギーを持っている犬の場合は与えないよう方が良いでしょう。初めて与える場合には少量から与え様子を伺うようにしましょう。
また食べさせ過ぎないように注意しましょう。きゅうりは水分が多いため下痢や吐き気の原因になります。他にも、いくらカロリーが低いきゅうりとは言っても食べ過ぎることで、肥満にもなり得ますので、食べさせ過ぎにはくれぐれも気を付けましょう。

きゅうりの与え方

きゅうりに含まれているアスコルビナーゼという成分があり、この成分は他の食材のビタミンCを破壊してしまいます。その為、ビタミンCを摂取させたい場合にはそのまま与えるのが1番良いでしょう。小さく切ったり薄くスライスしたものを与えるようにしましょう。
また、何といっても95%もの水分が含まれているきゅうりは、夏場に与えるのが最適です。きゅうりは体を冷やす効果があるので、夏場の水分補給の意味も込めて与えると良いでしょう。

簡単きゅうりを使った夏におすすめレシピ「きゅうり巻」

  • 材料は、きゅうりと好きな食材(肉類やにんじんなど野菜)
  • 作り方
  • ① きゅうりを縦に半分に切り、ピーラーなどを使って薄く切る。
    ② 好きな食材を巻くだけ→完成!!

まとめ

ギネスに登録されるほどきゅうりに栄養がないとは驚きですよね。
それでも、きゅうりほど夏に与える野菜として最適な野菜はないでしょう。体を冷やしてくれる上、水分補給ができます。きゅうりのシャキシャキの食感は、犬にとってもたまらないものでしょう。
愛犬と一緒にきゅうりを食べて暑い夏を乗り切りましょう!!