ティーカッププードルに洋服が必要なワケとおすすめファッション

ティーカッププードルって?

現在日本で公式に認定されているのは、トイプードルまでの犬種になります。
ティーカッププードルは名前の通り、ティーカップに入りそうなくらい小さいので、そう呼ばれるようになりました。

体高20cm以下、体重2.0以下でなければいけません。
登録上は「トイプードル」になります。
小さいということ以外は、全てトイプードルと同じで、賢く人懐こく、誰からも愛される要素をたくさん持っている犬です。

ちゃんとしたブリーダーのもと生まれたティーカッププードルは、小さいながらも健康そのもので、小さいから短命ということはなく、その他の小型犬と変わらず長生きできますが、中には未熟で生まれた弱いトイプードルを、ティーカッププードルと呼んで販売しているところもあるので、注意が必要です。

ティーカッププードルに洋服が必要なワケ

中にはチワワより小さい体を持つティーカッププードルですが、そんな小さい体で洋服を着ていたら、まさにぬいぐるみのようで愛らしく、もしかしたら意地悪な人が見たら「飼い主のエゴで洋服着せられてかわいそう」なんて羨ましい気持ち半々で言われそうですが、洋服を着るにはちゃんと着る理由があるのです。

体が小さい分、寒さや暑さに弱いのです

体が小さいティーカッププードルは、寒い時には体は冷えやすく、自身で体の体温をキープするのが難しいです。
そのため、防寒着としてセーターやジャケットなどが必須となります。

また夏の暑い日も、体に熱がこもりやすいので、着るとひんやりするTシャツなどを着せるなどして、快適な体温に保ってあげることが大切です。

くるくるの巻き毛はいろんなものを巻き込むので…

プードルはどの種類の犬もそうですが、くるくるとした巻き毛が特徴です。
そのためその被毛を生かし、さまざまなヘアスタイルが楽しめるのがプードルの良さなのですが、デメリットとして、散歩やドッグランで外に出た時、必ず草や小枝、小石など、いろんなものを巻き込んでしまいます。

それを自宅で取り除くのも、結構な作業になります。
そこでもし、洋服を着ていたらそんな巻き込みが防げ、帰宅してからゴミを取り除く作業がない分、犬も飼い主さんに拘束されることがなく自由でいられます。

期間限定・病気やケガの時に

基本的に、室内で洋服を着るということは必要ないことですが、例えば、犬がアレレギーで皮膚疾患があるとか、ケガをした場合、薬を一定期間塗らなきゃいけないことなどありますよね。

当然、犬はそこが気になり舐めたがります。
そんな時、その患部を覆うように洋服を着てもらえば、飼い主さんの目を盗んで薬を舐めてしまうという心配がなくなります。

ティーカッププードルにおすすめファッションブランド

どうせ洋服を着せるなら、とびっきりかわいく(カッコよく)、センスがいい洋服を着せたいですよね。
そして素材にもこだわって、犬が気持ちよく着られるようにしたい。
そんな飼い主さんへおすすめする洋服ブランドがこちらです。

milla milla

こちらでは飼い主さんがご自身の犬のために、手作りで洋服を作るための型紙などを購入することができます。
手芸が得意な方であれば、好きな生地で好きなように犬の洋服が作れるというのは、すごく魅力的じゃないでしょうか?
ご自身の犬だけのオリジナルファッション。
器用な飼い主さんにおすすめします。

KAMAKURA DOG

犬の洋服やアクセサリー、ハーネスなども取り扱っています。
トイプードルに似合いそうな洋服が多く、なおかつお値段もお手頃価格な商品ばかりなのです。
普段使いとして複数購入し、いっぱい洗濯しても惜しくありません。

アズスマイル

洋服始め、お手入れグッズやベッドなども取り扱っています。
サイズが豊富にありますので、ティーカッププードルのように小さい体の犬用のサイズも見つかるはずです。

Dog Peace

少しでもいいものを、安全なものを着せてあげたいと考える飼い主さんには、こちらのブランドがぴったりです。
こちらのブランド、出発は1972年創業の婦人服アパレル会社なのです。

犬の洋服はすべて、日本国内の自社工場で作られている日本製になります。
洋服のプロが作る犬の洋服は、間違いなく他の製品とは格違いの品質ではないでしょうか。

またこちらで扱っている洋服は、1kg前後の犬用のサイズからありますので、ティーカッププードルにも合うサイズが見つかります。

Free Stitch

犬の洋服だけではなく、犬のおもちゃやお散歩グッズ、キャリーバッグなどいろいろな、犬との生活に関わるものが手に入ります。

全てがシンプルに見えますが、日本製ということや、素材が綿100%だったり、オーガニックコットンを使っていたりと、丁寧なこだわりがあり、デザインも計算されたシンプルさがあり、とにかく洗練された犬の洋服です。

全ての洋服に小さいサイズがあるわけではないのが少し残念ですが、品質とデザインはおすすめです。

ティーカッププードルとお出かけ便利グッズ

犬と生活していると、犬を飼う前には想像もしていなかったけど、あんなのがあったら便利だなとか、こんな時、こうできたらいいのになと思うことありませんか?ペットブームの今、いろんな洋服が次々生まれるように、犬との生活に便利なグッズも日々生まれています。
今回は、犬とのお出かけで役立つグッズをご紹介します。

外出先、犬が疲れたらリュックで移動はいかがですか?

犬連れで遠出をした時、犬も初めての場所を歩くので、いつもより早く疲れてしまうかもしれません。
そんな時、飼い主さんが永遠犬を抱っこするのは、やはりしんどいですよね。

そんな時役に立つのが、前抱っことしても後ろ抱っことしても使えるリュックキャリーバッグです。
完全にリュックを閉じてしまっても、サイドはメッシュになっているので、通気性がよく、犬から外はちゃんと見えます。
または、上の部分を開いて、頭だけ出させて移動することもできます。
『ペットパラダイス Field Glide ハグ&リュックキャリーバッグ』

歩きにくい足場や、雨上がりの散歩に役立ちます

例えば、外出先で歩く足場が砂利道だったり、山道で小枝や小石がいっぱいあり、犬の肉球が傷つくのが心配って時ありませんか?または、雨上がりの犬の散歩。
犬の足の裏はもちろん、足回りもずいぶん汚れてしまいます。

そんな時便利なのがこの「Paws」というラバードッグブーツになります。
犬に靴を履かせると、本当に変な歩き方になるのをご存知でしょうか。
おそらく、歩きにくく嫌でたまらないのだと思います。
ただこのPaws。
ゴムでできた袋のようなブーツでとてもシンプルなのです。

他の靴と違い、全く違和感なく普通に犬は歩けます。
そして、悪い足場から犬の肉球を守るのと、汚れも防ぎます。
外出する際、万が一のことを考えて持ち歩いてもいいですよね。
『Pawz ラバードッグブーツ』

紫外線から犬の目を守りましょう

犬も年を取ると人同様、白内障など目の疾患にかかることがあります。
原因は様々あるとされていますが、その中の1つが紫外線に当たることが原因しているといわれています。

そこで、こちらアメリカで生まれた犬用サングラスです。
紫外線を100%カットしてくれ、風による土埃からも犬の目を守ります。
外に長時間出て歩くときなど、ぜひ積極的に犬の目を守ってはどうでしょうか?見た目もクールで、洋服と合わせてコーディネートしてみてはどうでしょうか? 『DOGGLES 犬用サングラス』