チワワの飼育にもケージが必要?


チワワにケージが必要な理由

チワワにも自分だけの場所を

チワワのような小型の室内犬にもケージが必要な理由は、チワワにも自分だけの居場所が必要だからです。

ずっとケージに入れておくというのではなく、自分の居場所として用意してあげます。

人間の子どもが自分の部屋を用意してもらうことと同じです。

チワワに限らず犬はもともと狭い場所が好きで、慣れていればそこを安全な落ちつく場所として認識します。

チワワにゲージに入る習慣があれば来客や留守番時も安心

一日中入れっ放しと言うのでなければ、留守番のときもケージの中にいれば留守中の誤食やいたずらから、犬や部屋の中を守ることができます。

犬が苦手なお客様が来たときにも、ケージの中に入る習慣があれば迷惑をかけてしまうこともなくなります。

ケージの中を嫌な場所だと思わせないようにすれば、ケージを利用して飼育することはメリットが多いです。

チワワにケージに慣れてもらう方法

間違ったケージの使い方は、チワワがいたずらをした時などに無理やりケージの中に閉じ込めてしまうことです。

ケージに入って欲しいからと、無理やり入れてしまうと、チワワはケージが嫌な場所だと認識してしまいます。

まずはケージにお気に入りのベッドや毛布などを置いて、そこが心地良い場所だと思ってもらいます。

そして時々、チワワの好きなおやつなどを置いて自分で入ってもらうようにしましょう。

ドアは開けておいて、入ったからと鍵を突然閉めてしまうことは避けましょう。

そしてチワワのご飯タイムもケージの中で行うようにすれば、ケージに入れば楽しいことがある、心地良いものがあると認識して、自分から入っていくようになるでしょう。

チワワがゲージに入る時間が少しずつ長くなるようになったら、鍵をしめてみましょう。

注意しなければならないのは、チワワが出して欲しくて吠えた場合に簡単に鍵を開けないことです。

吠えて出してもらえることがわかると、頻繁に吠えてしまう癖がついてしまいます。

様々なケージとチワワに適切なサイズ

いざケージを購入しようと考えても、意外と種類があって迷うことがあります。

トイレ、ベッド、食事スペースが全てキープできる大き目のケージもありますが、子犬のときだけ使用するのか、成犬になってからも寝床とトイレスペースとして使用するのかで選ぶ大きさが違ってきます。

チワワが子犬のときはケージでトイレトレーニングを行うと便利ですので、トイレとチワワの居場所がキープできるものを選ぶようにしましょう。

成犬になってから買い換えるのが面倒な場合は、チワワが成犬になってからもトイレと寝床がキープできそうなものを選んでおくと良いでしょう。

留守番や来客のときも便利ですよ。

ケージの種類は、天井と床面があるものをケージと言い、天井と床がなく囲いだけのものをサークルと言います。
折り畳めるケージ、サークルもありますので、使わないときに片付けておくことができます。

チワワの飼育にもケージが必要? まとめ

チワワは部屋で過ごすことが多い小型犬ですが、ケージはできれば用意しておいたほうが良いでしょう。
チワワに限らず犬は狭い場所を好む習性があり、自分だけの居場所があることで、落ち着いて過ごすことができます。

チワワが子犬のときにはトイレトレーニングにも使うことができます。
また留守番や来客時にも、ケージの中に入る習慣があれば便利です。
大きさは成犬になってからも使用できるものを用意すると、長く使うことができて便利です。