犬が食べると危険な食材あれこれ!!

最近では、愛犬へ手作りご飯をあげる飼い主も増えてきています。愛犬の健康を考慮したメニューが作ることができ、添加物が入っていないので、手作り食を勧める獣医師も少なくないようです。 しかし犬には食べてはいけない食材がたくさんあります。その食材が何なのかを知っておかないと、逆に健康を損なうどころか最悪死に至る食材も存在します。 今回は、犬が食べてはいけないものを紹介します。

犬が食べると危険な食材

私たち人間にとって身近な食材の中で、犬が食べると危険な食材が多くあります。

玉ねぎ・ネギ・ニラ・ニンニクなどのネギ類

ネギ類に含まれるアリルプロピルジスルファイドという物質が赤血球(ヘモグロビン)を酸化させて溶血性貧血を引き起こします。 貧血、痙攣、黄疸、血尿・血便、嘔吐、下痢など様々な症状を引き起こし、最悪の場合死に至ります。
加熱した食材であったとしても危険なので与えてはいけません。また、見落としがちなコンソメも玉ねぎ成分が含まれているので与えてはいけません。

チョコレート・ココア

犬は、チョコレートやココアに含まれるテオブロミンと成分を分解することができません。 嘔吐や下痢などの症状を引き起こし、最悪の場合死に至ります。

ぶどう・レーズン

理由は解明されていませんが、ぶどうやレーズンも犬に与えてはいけません。 嘔吐や急性腎不全を引き起こし、最悪死に至ります。調理されたものレーズンパンなども同様です。

香辛料やわさび

犬にとっては刺激物です。感覚麻痺などを起こす可能性があるため与えてはいけません。

アルコール類

犬はアルコールを分解することができません。 呼吸障害、昏睡、最悪の場合死に至ります。
面白半分で犬に与えてしまうと、後から後悔することになるので、絶対に与えないようにしましょう。

多く摂取することで危険な食材

少量であれば症状が出ることはなくても、積み重ねて摂取することで症状が悪化していく食材があります。

生の卵白

生卵白には、アビジンというたんぱく質が含まれています。犬の皮膚や神経を保つビオチンという物質の吸収を妨害してしまい、皮膚や神経に疾患をもたらします。
加熱するとアビジンが変性されるため、加熱したものであれば大丈夫です。

人間用の牛乳

人用の牛乳には甘味成分の乳糖が含まれており、子犬の頃は体内にあるラクターゼという物質が分解してくれますが、成犬になるとともにラクターゼが減少し、乳糖を分解できなくなり下痢を引き起こす原因となります。

ハム・ソーセージ・ちくわなど

人用に作られた練り物は塩分が高すぎるため、腎臓や泌尿器系の病気を誘発しやすくなります。

エビ・カニ・イカ・タコ・貝類など

消化が悪く消化不良を起こします。
また、チアミナーゼというビタミンB1を破壊する物質が含まれているため、ビタミンB1欠乏症により、食欲低下、嘔吐、めまい、痙攣などを引き起こします。

人のための調理されたものは与えてはダメ!!

犬と人では体のつくりや味覚が異なります。 人用に作られた食べ物は、塩分や糖分、カロリーなどが高すぎるため、犬にとっては有害な食べ物になり得るのです。
美味しそうに食べるからと言って与え続けていると、肥満の他に、腎臓など内臓疾患の原因にもなり得るので、愛犬の健康のために与えないようしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
私たちにとって身近な食材が多くありますよね。他にも犬が食べてはいけない食材はあるので、「大丈夫だろう」と自己判断せず獣医師に聞いてみたり、インターネットで調べてみましょう。
私たち飼い主が正しい知識をつけて、愛犬の健康を守りましょう。