あなどるべからず!!犬の目やに

愛犬の目やにが気になったことはありませんか? 意外と軽視してしまいがちな犬の目やにですが、放っておくと衛生的にも悪く病気の原因になってしまうこともあります。 また、目やにの色によっては病気が隠れていることもあります。 今回は、犬の目やにについてまとめてみました。

色で見分ける犬の目やに

犬の目やには色によって判断することができます。

白や黒、茶色

涙に老廃物や汚れ、タンパク質などが混ざって目やにとなります。 基本的に病気の心配をする必要はありませんが、涙やけの原因となり皮膚炎になることも考えられるので、きれいに拭き取ってあげましょう。
また急激に目やにの量が増えた時や、いつもと違う目やにが出た場合は、例え白や黒、茶色の目やにであっても、すみやかに動物病院で診てもらいましょう。

黄色や緑

要注意の目やにです。 菌の増殖によって膿がたまっていたり、感染症、結膜炎や緑内障などが疑われるため、早急に動物病院で診てもらいましょう。

目やにを伴う病気

目やにが出る代表的な病気には、以下のような病気があります。

流涙症(涙やけ)

常に涙が目の周辺に溢れている状態のことです。流涙症の原因は2つあり、ゴミや毛などの刺激による涙の過剰分泌と、鼻涙管が閉塞しているためです。
マルチーズやトイプードル、シーズーなどの鼻の短い犬種に多くみられます。

白内障

眼球内にある水晶体が白く濁った状態のことです。視力が低下して、放置すると失明のおそれもあります。
柴犬やトイプードル、M・シュナウザー・アメリカンコッカースパニエルなどに多くみられます。

緑内障

眼球の内側から外側に強い圧力がかかり、視野が悪化します。眼球突出や失明のおそれがあります。
ビーグル、M・ダックスフンド、アメリカンコッカースパニエル、シーズーなどに多くみられます。

角膜炎・結膜炎

角膜や結膜に炎症が起きていることです。かゆみや充血を伴ったり、痛みを感じることもあります。
シーズー、シュナウザー、チワワ、パグなどに多くみられます。

これらの目の病気は、家庭ではどうすることもできません。自己判断せず早急に動物病院で治療をしてもらいましょう。

目やにの取り方と予防法

目やにが出ている時は、すみやかに取り除いてきれいにしてあげましょう。 目の周りはデリケートなので、素早く手短にしてあげることがポイントです。
基本的な取り方は、ぬるま湯で湿らせたガーゼを使って優しく拭き取ってあげると良いでしょう。 カチカチに固まった目やにには、ぬるま湯で湿らせたタオルなどでしばらくふやかしてから取るか、専用の除去剤を使うと良いです。 長毛犬種であれば、ノミ取り用コームも併用して、目に当たらないようにやさしく梳かしてあげるとより効果的です。
目やにを事前に予防することも大切です。 長毛種であれば毛が目に入らないよう常にカットして、散歩などから戻った際は、足をきれいにするついでに顔周りも濡れたタオルなどで拭いてゴミを取ってあげましょう。
他にも、ドッグフードで改善できる場合もあります。 良質なタンパク質と脂質が含まれた無添加、グレインフリーのドッグフードを与えることによって目やにを改善することができますので、ぜひ試してみてください。

まとめ

犬の目やには、ひどくなると見た目の印象だけでなく、視力を失うような怖い病気も隠れています。
気が付いた時はすみやかに拭き取ってあげましょう。 異変を感じた時には、すぐに動物病院で受診し早期発見早期治療に努めましょう。