犬と一緒にさつまいもでおやつタイムを楽しみたい!注意することは?

さつまいもの効果

さつまいもは食物繊維が豊富なので、少し便秘気味の犬に与えると効果的です。
さつまいもの主成分は炭水化物ですが、ビタミンC、ビタミンB、カリウムなども含まれています。
カリウムは塩分を排出してくれる役割があります。
このようにさつまいもには、意外と栄養分が豊富で、ほとんどの犬は喜んで食べるので、ぜひともおやつなどに積極的に取り入れたい食材です。

さつまいものメリットは、加熱しただけで甘くて美味しく食べられるということです。
市販の犬用のおやつにもさつまいもを使ったものが多く売られていますが、新鮮なさつまいもが手に入ったら家で簡単に作れますので、飼い主と愛犬が一緒におやつタイムを楽しむことができますね。
味付けは不要ですので素材だけの味です。
添加物の心配もないので、安心して食べることができます。

与える場合の注意点は?

さつまいもは、ほとんどの犬は好きですので、与えれば与えるだけ食べてしまう傾向があるかもしれません。
さつまいもは健康に良い食べ物ですが糖質が多いので、食べ過ぎると太る可能性があります。
またおやつに与えすぎるとお腹が膨らんでしまい、食事を食べられなくなってしまうこともあります。
犬は食べ物を噛まずに丸呑みして食べてしまうことがあるので、大きいままで与えると喉を詰まらせてしまう危険性があります。
与える時は小さくしてあげてください。

食物繊維が多く含まれているために、食べ過ぎると便がゆるくなってしまうことがあります。
稀にアレルギーがある場合があるので、初めて与える時は少しずつ様子を見ながら与えるようにしましょう。

さつまいもで作る犬のおやつ

さつまいもは加熱しただけで甘くて美味しいので、どのような加熱方法でも、そのままで美味しく食べることができます。
素材の味を生かして簡単に調理するのなら、焼き芋やふかし芋ですね。
長細く切ってフランパンかオーブンで焼いても美味しいです。
薄く輪切りにしてオーブンで焼いてカリッとさせるとさつまいものポテトチップスになります。
少量の薄力粉と混ぜてさつまいもクッキーを作っても美味しいです。

さつまいもクッキーの作り方は簡単です。
人間も美味しく食べられるおやつですので、ぜひ作ってみてください。

  • まずさつまいもを輪切りにして電子レンジで柔らかくします。
  • そして皮をむいて裏ごしします。
    さつまいもの20%位の薄力粉を混ぜ込んで、ビニール袋に入れてしばらく置きます。
  • 生地を伸ばして型で抜きます。
    200度に予熱しておいたオーブンで15分くらい焼きます。
    焦げないように様子を見てくださいね。

まとめ

さつまいもは加熱しただけで美味しく食べられる食材です。
犬も人間も一緒に食べられるヘルシーな食材で味付け不要、添加物の心配もないので安心して食べられる食べ物です。
食べ過ぎると太ってしまうことがあるので、与えすぎないようにしましょう。
どのように加熱しても美味しく食べられるので、工夫して愛犬と一緒にさつまいもでおやつタイムを楽しみたいですね。