コーギーの服について。コーギーに服を着せるメリット・デメリットは?

胴長短足でふっくらとした体、つぶらな瞳でファンを魅了するウェルシュ・コーギー。 日本でも大人気のコーギーですが洋服を着せている飼い主さんも少なくありません。 犬に洋服を着せることに賛否両論はありますが、洋服を着せることにメリットはあります。 今回は、コーギーに洋服を着せるメリットから洋服の選び方、洋服を嫌がる時の対処法を紹介します。

コーギーってどんな犬?

コーギーには2種類の犬種があることをご存知でしょうか。
「ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」と「ウェルシュ・コーギー・カーディガン」の2種類です。日本でよく飼われているのは、「ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」で尻尾が短いのが特徴です。
コーギーは牧畜犬として活躍していました。好奇心旺盛で遊び好き、外交的な性格をしています。とても賢いのですが、賢すぎるため飼いやすいとは言えないのも事実です。飼い主をリーダーとして認めてくれると、とても忠実なのですが、一貫とした対応をしていないと賢すぎるせいか、コーギーがリーダーとなってしまい飼い主の言うことを聞かない子になってしまいます。 しかし、正しい生活としつけをすることで、かけがえのないパートナーになってくれることは間違いありません。

コーギーが洋服を着るメリット

コーギーが洋服を着るメリットは可愛いからだけではありません。

抜け毛対策

ダブルコートの被毛を持つコーギーはとても抜け毛が多いので、掃除に苦労している飼い主さんは多いでしょう。 日々ブラッシングをすることはもちろんのことですが、洋服を着せることで床に落ちる抜け毛を抑えることができます。
また、カフェや公共施設などでは、マナーとして洋服を着せるのが入店ルールになっているお店もあります。 盲導犬や介助犬が洋服を着ているのもこの為です。

夏の暑さと紫外線対策

コーギーは全身を豊富な毛で覆われているため暑さに弱い犬種です。それなのに暑さ対策で洋服?と思われる方も多いと思いますが、冷感素材の洋服を着せることで暑さと紫外線対策をすることができます。

冬の寒さ対策

コーギーは寒さに強い犬種と言われていますが、寒さに強いからと言って寒さを感じないわけではありません。そのため、コーギーにも寒さ対策は必要なのです。
洋服を着せてあげることで体を温めることができるので、冬場にはぜひ洋服を着せてあげましょう。

散歩中の体の汚れを防げる

好奇心旺盛なコーギーは、散歩中草むらや溝など体が汚れる場所へもなりふり構わず突っ込んで行きますよね。そんな時に洋服を着せておけば、体につく汚れを防ぐことができます。
その他にも、夏場のお散歩に活躍する虫よけ効果のあるメッシュ素材の洋服もあります。

病気やケガの時に

皮膚疾患やケガや術後など、コーギーが患部を舐めないようにするためにも洋服が活躍します。 患部に塗った薬を舐めとってしまうような心配もなくなります。

コーギーの洋服の選び方とおすすめショップ

コーギーの体は、胴長短足で、ふっくらとした特徴的な体つきをしているので、洋服を選ぶ際はできるだけコーギー用の洋服を選ぶようにしましょう。
共通サイズのデザインに惹かれる時は、袖がなく襟が狭いものを選ぶと良いでしょう。袖付きの洋服は、足が短いコーギーは袖が地面についてしまったり袖が抜けてしまいます。 コーギーを専門にしているショップをいくつか紹介します。

odd EYEコーギー服の専門店オッドアイ

コーギーの洋服をメインに制作していて、愛犬の体形に合わせたサイズオーダーに合わせて名前まで入れてくれます。
パーカーやメッシュ素材などスポーティなデザインが多く扱っているようです。
  • ホームページ:『コーギー服の専門店オッドアイ』
  • Tansoku&Do-naga Club

    コーギー服の専門店です。企画・生産・販売まですべてオリジナルで、幅広いジャンルを取り扱っています。
  • ホームページ:『Tansoku&Do-naga Club 』
  • JUST DOG MARKET(ジャスト ドック マーケット)

    東京都内に店舗があるコーギーグッズの専門店です。インターネットでも購入することができます。
    コーギーの洋服の他、コーギーをモチーフとした小物や雑貨なども扱っています。
  • ホームページ:『JUST DOG MARKET』
  • ハンドメイドショップChobitto

    コーギーの洋服のハンドメイドショップで、注文後に作ってくれます。愛犬のコーギーにぴったりのサイズや、名前プリントなどのお好みのカスタマイズをすることができます。
  • ホームページ:『ハンドメイドショップChobitto』
  • Creche(クレイシー)

    コーギーのお洋服専門店で、コーギーの体にぴったりフィットするように試行錯誤されています。また、サイズのオーダーメイドにも対応してくれるので、愛犬にぴったりサイズが手に入ります。
  • ホームページ:『Creche(クレイシー)』
  • Natade Cocoコーギー&中型犬の手作り服屋さん

    コーギーを中心とした中型犬専門のネットショップです。名前プリント 浴衣や着物、なりきり服など幅広く扱っていて、見るだけでも楽しめるネットショップです。
  • ホームページ:『Natade Cocoコーギー&中型犬の手作り服屋さん』
  • コーギーが洋服を着るのを嫌がる時の対処法

    そもそも犬は洋服を着る動物ではありませんよね。嫌がっているコーギーに無理やり着せるとコーギーにとってもストレスとなり、洋服を着ることがどんどん嫌いになってくるでしょう。
    それでも外出先などでマナーとして着なくてはいけない場合や、ケガや病気によってやむを得ず洋服を着せないといけないという状況も出てきます。 そんな時のために洋服に慣れさせておいた方が良いでしょう。

    おやつを使って洋服を着せる

    洋服を着せる時におやつを準備しておきましょう。
    洋服を着せたらおやつを与えて褒めてあげましょう。コーギーの反応を伺いながら、嫌がったらすぐに脱がしてあげましょう。 平気そうであっても最初のうちは、早めに脱がしてあげてください。そして脱がした後にも、おやつを与えて褒めてあげましょう。 これを毎日少しずつ洋服を着せておく時間を伸ばしていきましょう。
    お散歩の前に洋服を着せるようにしておけば、お散歩行きたさに喜んで来てくれる子もいるようです。

    着せ方に注意しましょう

    犬が洋服を嫌がる理由の一つに、着せる時に痛い思いをしていることがあります。 前脚を横に開いて着せようとしているからです。 犬の脚は前にしか曲がりません。
    洋服を着せる時は、首を通した後に片足ずつ前脚を折りたたんで袖を通すようにしてあげましょう。 コーギーが洋服を着るのを嫌がっているようであれば、もう一度着せ方を見直してみましょう。

    まとめ

    いかがでしたか。
    洋服を着せるメリットや、着せなくてはいけない状況があることを考えると、やはり洋服には慣れさせておきたいですよね。
    子犬の頃から慣れさせておけば、素直に着てくれる子も多いです。 また、洋服を着せた後の飼い主さんの喜んでいる反応を見て、自ら着てくれるような子もいます。
    そういった意味では、洋服を着せることはコーギーとのコミュニケーションにも繋がり、洋服を着せるメリットの1つと言っていいのかもしれませんね。