これで安心!犬のトイレのしつけ方と失敗しないためのポイント


トイレに適した場所

愛犬にトイレを覚えてもらうには、まず犬が落ち着いて排泄できるように、最適な場所を考える必要があります。
したがって、トイレは部屋の隅のほうへ設置するようにして、人の出入りが多いドアの近くなどは避けたほうがよいでしょう。

また、トイレですが、最初からトイレトレーを使って教えるのではなく、まずはサークルの床に全面ペットシーツを敷いて、そこで排泄をすることを覚えさせていきます。

犬は寝床から少し離れたところでトイレをする習慣があるため、寝床であるハウスの隣りにサークルを置くようにしてください。
もし少し広めのサークルでしたらサークルの端と端にトイレと寝床を置くようにするとよいでしょう。

排泄のサインとタイミング

犬は寝起きや遊んだ後、食後や水を飲んだ後などに排泄をしたくなる傾向があります。
そして、そのような状態になると、その場をクルクルと回ったり、床の匂いをクンクン嗅いだりして落ち着きがなくなってくるので、そのときがトイレに連れて行くタイミングです。

ちなみに、子犬は起きているとき、2~3時間おきぐらいに排泄をします。
したがって、これらのことを頭に入れておき、トイレに連れて行くタイミングとサインを逃さないようにしましょう。

トイレのしつけの仕方

前述した排泄のサインやタイミングで、トイレに連れて行くようにしましょう。
もしすぐにしなくても、排泄するまでサークルの中に入れて、そのまま待つようにしてください。
そして、上手に排泄ができたらその場で褒めてあげましょう。
そうすることで、「ここで排泄をするといいことがある」というふうに覚えていきます。

そして、排泄し終わったらハウスに戻す、または遊んであげるなどしてあげてください。
これを何回も繰り返していくうちにトイレを覚えていきます。
また、慣れてくると、サークル内のだいたい決まったところで排泄するようになるので、使っていないペットシーツは取ってしまって大丈夫です。

その後、安定してペットシーツの上で排泄ができるようになったら、今度はペットシーツを敷いたトイレトレーをサークルに置き、そこでさせるようにしていきます。
この頃にはだいぶトイレを覚えてきているはずですので、サークルの扉を開けておき、ひとりでトイレに行けるように練習させていってください。

トイレのしつけを失敗しないためのコツは?

トイレのしつけを始めて間もないころは、粗相をしてしまうのはよくあることです。
また、トイレが出来るようになってきたと思った矢先に、トイレ以外のところで急にしてしまうこともあったりします。

そんなときは意外かもしれませんが、決して怒らないようにしてください。
というのも、そこで怒ってしまうと犬は、排泄すること自体がいけないことだと思ってしまい、トイレに行くのを我慢するようになってしまうからです。

粗相をしたときは、そこがトイレだと覚えてしまわないように、臭いが残らないようしっかりと拭いて、再度今まで通り教えていってください。
トイレを覚えるまでの期間は個体差によって違うため、なかなか覚えられなくても焦らないことが大切です。

まとめ

トイレのしつけは、一度上手にできたと思っても、次のときは失敗してしまうことも珍しくありません。
したがって、ある程度大らかな気持ちで根気よく続けていくことが大切です。
また、排泄が上手くできたときは、その場で褒めてあげることも、トイレを覚えさせるための大きなポイントですので、頭に入れておきましょう。